大阪府池田市石橋駅の歯科医院です。安全を第一として患者様にとって最適でおしつけない治療を行います。

阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
はぴねす歯科

ハピネスcolumn

公開日:2017年9月30日

増える大人の矯正と美容効果の魅力

 

第一印象はどこで決まる?

容姿の美しさはそれぞれの個性が輝きますが、共通するのは魅力的な笑顔ではないでしょうか?

あと、ふとしたときに見せる真剣な横顔も、周りの人を魅了するポイントだと思います。

 

歯並びを整えると、総合的な見た目の美しさにも大きな影響を与えます。

 

矯正のメリットとして一番に思い浮かぶのは

「笑ったときの笑顔に自信がもてるから」ではないでしょうか?

 

実は、それだけではなく、私たちの健康や美容とも大きく関係しています。

今回は、美容面から考えた矯正のメリットをご紹介したいと思います。

 

小顔になる

 

噛み合わせが悪いと物を噛むときに余計な力がかかってしまい、咬む筋肉が肥大してしまいます。そうなるとエラが張ったように見えたり、ほっぺたがふっくらして見えます。

矯正治療で根本的な原因を解決し正しい噛み合わせに戻れば、余計な力は必要なくなるので顔の大きさも変化します。

また歯並びを整えることで、筋肉の動きも変化します。40代、50代、60代と年齢を重ね代謝が低下してきた世代ほど、歯並びによるお顔の変化を実感していただきやすいかもしれません。

当院の矯正歯科について見る

 

 

横顔がすっきりして鼻が高く見える

 

女性は化粧をするときにどうしても正面から見た仕上がりを重視しますが、ふとした瞬間、無防備な状態で周りの目にさらされているのは横顔の方が多いのではないかと思います。

歯の位置を変えることで、横顔の印象も大きく変わります。例えば唇側に傾斜していた前歯(出っ歯)が正しい位置に戻ることで、鼻下と唇の間の角度が変化します。

この角度はナゾラビオアングルと呼ばれ、90~100°が美しいといわれています。矯正によってナゾラビオアングルが変化するため、以前に比べて鼻が高く見える効果もあります。

この効果は美容整形手術以外では、矯正治療でしか実現できない変化です。

当院の矯正歯科について見る

 

表情が豊かになる

本当は思い切り笑いたいのに、「口元が気になって笑えなかった」、「いつも口元を押さえていた」。矯正により歯並びを整えれば、感情を素直に表現しやすい状況を作り出すことができます。

 

歯並びの矯正は、30代、40代、50代、60代以降…大人になってからでも充分に効果が得られます。

歯石や歯垢などの予防歯科、虫歯の治療などで当院に来院される際に、お気軽にご相談ください。

歯列矯正は、歯並びをおひとりおひとりにあった本来の姿に戻すことが目的です。まずはお口の中の状態を拝見し、おひとりづつにあった最適なプランをご提案いたします。

当院の矯正歯科について見る

 

 

(監修:はぴねす歯科院長 野澤 修一 / 文:河野 多恵子)

公開日:2017年9月27日

保険診療と自由診療の違いとは?

 

ひとつの歯の治療を考えても、保険適用だけの治療、自費でのみ扱える治療のほかに、双方を組み合わせた治療法を選ぶ方が増えています。今回はご存知の方も多いと思いますが、保険適用と自由診療の違いや特性をおさらいしたいと思います。

 

保険診療とは?

 

健康保険(国民健康保険)などの公的医療保険制度が適用される診療のこと。診察費用の3割(現役世代)を支払うことで治療が受けられます。

 

反面、疾患に応じて検査や治療内容の適用範囲がある=診療内容、使用素材が制限されるため、その範囲で治療を行う必要があります。主に虫歯などの一般歯科、厚生労働省により保険適用と認められた矯正治療※1などが該当します。

 

当然、保険診療範囲でも適切な治療は可能です。最近では、部位が限定され、強度は劣るものの保険適用で利用できる白い被せ物も増えてきました。当院でも対応していますので、お気軽にご相談ください。

 

 

自由診療(自費)とは?

 

保険が適用されない診療を指します。診察費用は全額自己負担(10割)。主に審美目的の治療や被せ物、審美を目的とした矯正、それに付随する素材などが自由診療に該当します。

 

見た目(審美)の満足度、耐久年数など納得のいくものが手に入れられますが、医療費は保険診療に比べて高額になります。当院では、精度の高い機械製作を導入し、今までに比べると低コストで作成できるセラミック治療もご提案できます。
セラミック治療費(料金表)

 

 

何が正解!?診療方法の選び方

 

申し訳ないのですが単純に保険と自費どちらがよい?というご相談については、一言ではお答えできません。治療プランは個人の求める仕上がり、治療期間や予算などを加味して総合的な判断が必要になるからです。

 

場合によっては、歯列を矯正してからの治療、歯周病の治療後の口腔内をみてから判断するなど、想像されている治療とは別のアプローチをご提案することもあるかもしれません。

 

ほかにも、虫歯の治療の際に、虫歯治療は保険適用、被せ物はセラミック(自由診療)を利用するといったご希望にも対応した治療プランもご用意できます。

 

当院では、保険の範囲できること、自費診療を組み合わせた場合の仕上がりなど、ひとりひとりの最終的に納得、満足いただける「ゴール」を共有した上で治療プランをご提案いたします。もちろん、治療プランを押し付けたり急かしたりはいたしません。どうぞお気軽にご相談ください。

当院の審美治療について

 

※1 健康保険で矯正できるのは、口蓋裂や口唇裂などの先天異常(23疾患)、外科的な治療が必要な顎変形症が対象。

 

(監修:はぴねす歯科院長 野澤 修一 / 文:河野 多恵子)

公開日:2017年9月23日

金属を使わない治療の選択肢

 

金属を使わない保険適用治療に対応

 

「被せ物を白くしたい」となると「自己負担が増えてしまう」とお悩みの方もいらっしゃると思います。なかでも金属アレルギーなど体質的な問題で、早急に解決を望む声も増えてきました。

 

当院では、保険適用でも白いレジン(プラスチック)を使い、金属を一切使用しない白い被せ物をご用意できます。ただし保険適用の場合は、上下のアゴの中心から犬歯までの3本(上下計6本)まで。そして医師が噛み合わせなどの状態を確認して問題ない場合に限り、前から4番、5番目の小臼歯まで保険適用が可能です。

 

さらに、従来のレジンよりも丈夫なハイブリットセラミックレジンも保険適用です。アゴの中心から4番目、5番目にあたる第一小臼歯と第二小臼歯が対象です。さらに、金属アレルギーと診断されている方に限り、真ん中から6番目、7番目にあたる第一大臼歯、第大臼歯も保険治療が可能です。

 

※ハイブリットセラミックレジンは、CAD/CAM装置を使って作成します。この装置の設置、取り扱いには厚生労働省の認可を受ける必要があります。当院では、いずれの治療法にも対応していますので、お気軽にご相談ください。

 

審美を目的とした金属フリーの治療

 

保険でも白い被せ物をご用意することはできますが、現在のところ(2017.09)、適用される部位も限られています。強度の問題で奥歯などには適用できません。保険適用された素材のみの使用となるため、耐久年数の部分ではベストとはいえません。

 

今まで何度も被せ物を取り替えて小さくなってしまった歯には、これからの負担を最小限にすることも、天然歯を長持ちさせる秘訣です。今後できるだけ歯を削りたくないという方には、セラミックの被せ物も選択肢のひとつとしてご検討いただきたいと思います。

 

利用しやすい低価格なセラミック治療

 

当院では技工士が手作業で作るセラミック歯のほかに、劣化や変色が起きにくいセラミック治療をもっと身近にご利用いただけるよう精度の高い機械製作も導入しています。詰め物の場合1本28,000円~、被せ物は1本38,000円~。治療実績もご覧いただけます。自由診療としては安い価格帯でご提案が可能です。

 

金属アレルギーの方や、複数の銀歯をまとめて治療したい方、被せ物が取れたきっかけで大阪、阪急沿線で歯科医院をお探しの方、保険適用、自由診療どちらでも可能な治療プランをご用意いたしますので、お気軽にご相談ください。

当院の審美歯科について見る

 

(監修:はぴねす歯科院長 野澤 修一 / 文:河野 多恵子)

公開日:2017年9月21日

治療したのは何年前?詰め物、被せ物の寿命

同じ歯を何度も治療している方

 

今、お口の中に治療済みの被せ物や詰め物はありますか?いつ治療したか覚えていますか?同じ歯科医院に通っていれば、お口の状況を把握することができますが、毎回違うところに行っていたりすると、記憶だけが頼り。正直覚えていないことのほうが多いかと思います。

 

詰め物や被せ物が何度もとれてしまう場合。思わず「先生がへたくそ?」なんて思いがよぎることも…。しかし、日頃のお手入れや食事、噛む力など個人差によっても取れる確率が変わってきます。治療した後も定期健診や予防歯科をご利用いただければ、生活習慣や噛みグセなどを把握して適切なアドバイスやお手入れ方法をお知らせるすることもできます。

 

治療が終わると、次に来院されるときは外れたとき、痛みが出たとき…。いずれも治療には変わりありませんが、予防することで歯の寿命を延ばせたのでは…と歯がゆく感じることもあります。何よりも詰め物類には寿命があるため、どんなにお手入れしていても残念ながら一生ものというわけにはいかないのです。

 

金属の被せ物寿命は5~7年が目安

 

平均的に、金属の詰め物や被せ物は5~7年が耐用年数といわれています。治療歯の状況、歯茎や歯の大きさ、食生活など口腔内の状況は個人差がありますから、もっと早く取れてしまう人もいれば、何十年とそのまま使用されている方もいらっしゃいます。

 

ためしにお口の中の銀歯をのぞいてみてください。銀歯などは長年装着していると、金属の影響で歯茎と歯の間が黒ずんでしまう現象がおきやすいです。また、お口の中の変化で被せ物と歯の間のすき間に歯垢がたまって、そこから見えない部分が虫歯になってしまうケースも。

 

さらに人間の噛む力はとても強く、歯と詰め物をつないでいるセメントが取れてしまったり、内部で歯が欠けたり割れてしまう可能性もあります。ちょっとおかしいな?と思ったらすぐにかかりつけの歯科に相談しましょう。神経を抜いている歯は、痛みを感じないので気づいたときには手遅れになってしまうこともあります。

 

セラミック治療の魅力

 

被せ物の再治療をするときには、歯を削る必要があります。被せ物の中で虫歯が発生している場合も同様です。何度も治療を繰り返しているうちに、自分の歯をどんどん削って小さくなってしまいます。そうなると最終的には自分の歯を失ってしまうことにもなりかねません。

 

セラミックは、保険適用時に使用される金属やレジン(プラスチック)に比べると耐久年数に優れており、劣化が少ないのが特徴です。もちろん、永久的なものとはいえませんが、再治療を受けるリスクが格段に低くなります。また、金属を使用しないオールセラミック治療であれば、歯茎の変色もおきません。

 

当院のセラミック治療には、詰め物(インレー)、被せ物(クラウン)の破損について3年間の保証期間を設けています。できるだけ長く大切に自分の歯で過ごせしていただけるように定期的な検診や予防歯科と併用して、ご利用いただければと思います。

 

審美治療「当院ではセラミック治療に3年保証をお約束 」

 

次回は、金属を使わない治療についてお話したいと思います。

 

(監修:はぴねす歯科院長 野澤 修一 / 文:河野 多恵子)

公開日:2017年9月16日

「私の歯医者さん」を選ぶ5つのポイント

歯医者さん選びのPOINT

 

みなさんは、どんな基準でホームドクターを選びますか?
正直なところ「虫歯になる前に予防をしたいから歯科を探す」という方は、非常に少数派。

 

とくに痛みがひどい場合は「すぐに診察してもらえる」ことが優先されます。その段階になってしまうと、選択肢がかなり狭くなってしまうかもしれませんね。

 

もしいま歯の具合が気になりだしている方、そろそろ歯医者に行かないと…とお考えの方は、ホームページや口コミをご覧になった際に、以下のポイント参考に自分にあった歯科医院を探してみてはいかがでしょうか?

 

POINT

1.痛みの少ない治療をする
2.技術・設備面で安心できる
3.治療プランを選べる
4.予防、歯科美容にも力を入れている
5.通いやすい曜日・時間帯に診療している

 

 

歯の悩みをトータルサポートする医院選び

 

どこの歯科院でも、痛みの少ない治療を打ち出しているところが多いので歯の痛みや破損を治療すること自体に、大きな差はないかもしれません。

 

しかし、これからの時代は「ではなぜそのような状態になったのか」根本的な原因を見つけ、再発を防ぐための「トータル治療プラン」を提案できるどうかが、ひとつのポイントになると思います。

 

医師に技術がなければ、対処治療しかできないかもしれません。また設備が揃っていなければ、最適なプランをご提案できません。

 

たとえば虫歯になりやすい原因が歯並びだったとすれば、虫歯だけを治してもまた別のところで虫歯ができやすい、歯周病菌がたまりやすい環境は改善されません。そうなると根本的な治療は矯正治療にあります。

当院の矯正歯科について見る

 

また治療しても「すぐに虫歯できる…」という場合。生活習慣や歯磨きの仕方など日々のお手入れを見直す必要があるかもしれません。そんなときには、予防歯科で定期的なメンテナンスをすることで、虫歯や歯周病の早期発見ができます。

当院の予防歯科について見る

 

ほかにも、口元に銀歯が見えるのが気になる、差し歯や治療歯の変色、歯茎の黒ずみなど、治療後の悩みにも対応できる、また治療とともに歯の悩みも一度に解決できる医院であることも、生活の質を向上させるという意味では、見逃せない要素です。

当院の審美歯科について見る

 

最後に、夜間診療や週末診療など通いやすい時間帯、プライバシーを守れる個室治療の有無も、通院を継続するための判断基準になると思います。

 

はぴねす歯科で実施していること

 

当院では、痛みの少ない治療を前提に、医師の技術向上、設備の導入に積極的です。今まで高額医療と受け取られていた治療方法についても、検討しやすい治療プランをご用意しています。

 

また、根本的な歯並びの改善、治療後の予防歯科、またワンランク上の素材を使った美しさを兼ね備えた診療にも力を入れています。

 

さらに、多忙な方にも通院しやすい21時までの夜間診療、土日の休日診療への対応、治療やカウンセリング時にプライバシーを守れる個室診療もご用意しています。

 

院内は玄関から診察室、レントゲン室にいたるまでバリアフリー設計ですから、車椅子や高齢の方にもご不自由なく利用していただけます。

 

歯科医院は、健康な歯で長寿を全うするためにかかせない存在です。今まで転々と歯科院を変えていた方も、歯科医院の選び方を見直すことで、ただ「治す」だけでなく歯に「自信」を持って毎日を「快適」に過ごすことが出来るようになることを祈っています。

 

(監修:はぴねす歯科院長 野澤 修一 / 文:河野 多恵子)

1 / 212
ウェブ予約はこちら

アクセスマップ

はぴねす歯科_マップ

「阪急石橋駅西改札のとなり」
「ローソンの2Fです」

診療時間

  •  
  • 9:30〜13:00





  • 15:00〜21:00





  • -
 15:00〜18:00
 9:30〜14:00
【休診日】
 祝日

※ 平日最終受付は20:30迄

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032
大阪府池田市石橋1-13-1 2F

TEL:072-762-4618

診療科目

一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車で来られる方へ

自転車・バイクでご来店される方へクリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。

自転車をご利用の方は、近隣の駐車場をご利用ください。領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日のみとさせて頂きます。

初めての方へ

コンセプト

ブログ

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032 大阪府池田市石橋1-13-1 2F 地図を開く

当歯科医院に関わる人すべてが幸せになれるように「はぴねす歯科石橋駅前クリニック」と名づけました。
安全第一とし医療用器具洗浄機を導入、患者様はもとよりスタッフに対しても感染症対策に配慮し、
患者様にとって最適でおしつけのない治療を行います。
【診療科目】一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車・バイクでご来院される方へ
自転車でご来院される方へ

クリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。
自転車をご利用の方は、近隣の駐輪所をご利用ください。
領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日・診療対象者のみとさせて頂きます。