大阪府池田市石橋駅の歯科医院です。安全を第一として患者様にとって最適でおしつけない治療を行います。

阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
はぴねす歯科

ハピネスcolumn

公開日:2018年3月26日

矯正の後戻りしないための防止策は?観察料とは?

 

なぜ矯正したのに戻るの?

 

矯正治療を終えた後に、歯並びが元の状態に戻る、また歯列が少しづつ乱れてくる、この状態を「後戻り」といいいます。

残念ながらどのような矯正方法でも、後戻りすることがあります。

矯正は、歯並びを整えるために、歯に一定の力を加えて向きや位置を移動させます。

一定の治療期間を過ごしブラケットやワイヤーを外すと、矯正治療が終わった!という感じに見えますが、ここで終わりではありません。

その後移動した位置に歯が固定するまでの間、取り外し可能な装置(リテーナー)を使って保定を行います。

ブラケットやワイヤーで歯並びが整っても、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)が、矯正後の位置で固まっていない状態です。

装置を外した後も、歯並びが元に戻らないよう(後戻りを防ぐために)、一定期間、保定装置をつけて骨が安定するのを待ちます。この期間がとても大切です。

 

 

後戻りを防止する具体的な方法は?

 

歯槽骨が矯正後の状態で安定するまでは目安として、歯の移動に費やした期間と同じだけ保定装置をつけておきます。

 

例えば1年間矯正したら、保定期間も1年。
トータルで治療を終えるまで2年間。

 

という考え方です。

 

保定装置(リテーナー)は、自分で取り外しができるマウスピースタイプが一般的で、期間内は24時間ずっと保定装置をつけて過ごします。

着脱は自分でできるので、食事や歯みがきのときだけ外して生活できます。

ほかにも面接や結婚式といったイベントのときだけ、保定装置を外すといったことも可能です。

矯正装置を取り付けている期間に比べると、保定期間の方が多少の自由もありますし、矯正器具に比べるとストレスが減るかもしれません。

ただし、装置を取り付けている矯正期間より、骨を安定させる保定期間の方が「自主性が問われ」ます。

「ついつい…」めんどくさくなって外したままで過ごしていたりすると、せっかくの矯正治療の効果が半減してしまうかもしませんから、注意しましょう。

自己管理をきちんとして、食事や歯みがきのとき以外は、終日装着するようにしましょう。

 

 

観察料とは?

 

矯正治療では、保定期間にお口の状況をチェックする際、観察料が発生します。

当院の観察料は1回3000円です。定期的にお口の中を拝見し、骨を確認して安定してきたら、寝ている間だけ保定するといった具合に、1日の装着時間を徐々に減らしていきます。

次回は、矯正後に後戻りしやすい生活習慣やクセについてご紹介したいと思います。

 

 

(監修:はぴねす歯科院長 野澤 修一 / 文:河野 多恵子)

公開日:2018年3月14日

再治療リスクを軽減!高品質で低価格な白い歯をご提案

 

当院は、関わるすべての人が幸せになれるよう「はぴねす歯科石橋駅前クリニック」と名づけました。

医院の環境づくりや、患者様へのホスピタリティ、そして良心的な自費診療のご提案もそのひとつです。

 

 

再治療リスクを軽減させる自費診療とは

 

何度も詰め物や被せ物が取れてしまったり、変色が気になったり…。どんなにできるだけ削らないようにしても、同じ歯を何度も治療していると、歯はだんだんと小さくなり、強度が下がります。

以前もお話しましたが、詰め物や被せ物には寿命があります(個人差があります)。

 

治療したのは何年前?詰め物、被せ物の寿命

 

例えばセラミックを使った治療の場合、金属の歯に比べて、耐久年数が長く、歯垢がつきにくいという特長があります。もちろん自分の歯に近い自然な色合いで過ごすことができるので、満足度も高まります。

できるだけ耐久性に優れた素材を使った治療は、再治療リスクを軽減でき、将来的な歯への負担を減らすことができるといえます。

 

 

良心的な自費診療価格

 

セラミックを使った治療はすべて自費診療。患者様の100%負担です。

「金属の被せ物や詰め物、また変色が気になる保険の差し歯など変えたい。」と考えても「自費は高い」と諦めてしまうことも少なくありません。

とはいえアレルギーの可能性があったり、品質や安全性に疑問が残る素材を避けたいという意識も高まっています。ですから、今後は「安い」からではなく、自分にとってベストな治療法を選ぶという時代に変化していくのはないでしょうか。

当院では、精度の高い機械製作(emax)を採用することで、セラミック治療をご希望の方に、低価格で高品質な仕上がりをご提供できる環境を整えており治療実績もあります。

セラミックの詰め物(インレー)28,000円、被せ物(クラウン)は38,000円から治療を行っています。また、より細やかな再現性や、一般的ではない歯の色に関しては技工士の手作業でご用意いたしますので、ご相談ください。

当院のセラミック(審美)治療について詳しくはこちらをご覧ください

複数の歯を治療したい場合、ご予算、治療部位によって素材や機械、手作業を使い分けることもできます。まずはカウンセリングでしっかりご相談いただき、治療方針、費用面でご理解いただいた上で治療を行ってまいります。※セラミック治療には3年の保証期間がついています。

 

 

しっかり相談、きちんと納得して治療を自分で選べる

 

治療にあたり、いろいろご不安、疑問に感じることもあるかと思います。当院では保険と自費診療いずれも自由にお選びいただけます。ひとつの治療に対して、複数の治療法を選べるケースも増えています。

 

 

ご相談希望、ご不明点がある場合は、治療と一緒にカウンセリングをご予約ください。

 

院内に常駐しているトリートメントコーディネイターが1回あたり30分を目安に、今行っている治療や、歯のお悩み、関心のある治療法など、お気軽にご相談いただけます。

もちろん、医師として患者様の歯質、歯ぐき状況をみて、すべてご希望通りとはいかないこともあります。その点は、きちんとご説明し、ご判断いただきます。

 

いずれにせよ、こちらから治療を押し付けることはございません。最終的に判断するのは患者様ご自身です。どうぞ安心してご相談ください。

 

 

(監修:はぴねす歯科院長 野澤 修一 / 文:河野 多恵子)

公開日:2018年3月13日

中高生の全体矯正・部分矯正に

 

 

見守りましょうお子様の歯並び

 

永久歯に生え変わった後の矯正は、お子様も大人同様のワイヤーを使用した矯正装置や、(前歯周辺の上下4本だけなら)部分矯正、マウスピース矯正などの治療を選べます。

 

当院では、ワイヤーを使用した治療法として、歯の痛みがでにくいティップエッジ方式を採用。今までの矯正方法だと、平行移動による強い負荷が歯の痛みを発生させることがありましたが、この方法は歯の傾斜を利用して効率よく歯の移動を促す術式なので、怖がりなお子様や痛みが苦手な方にもご利用いただきやすい矯正方法です。

 

→6~12歳(乳歯)のお子様は小児矯正をご覧ください。

 

 

 

生活環境の変化にあわせて

 

矯正期間は、一般的に部分矯正で半年~1年が目安。全体矯正は1~2年かかります。矯正を計画する際、中学・高校受験、大学受験、留学など、新しい出会いはよいきっかけになります。

 

例えば「高校・大学生活を、笑顔に自信が持てる歯並びで過ごしたい」と思ったとき、逆算すると、中高生のうちに矯正を終えられるように治療計画を立てる必要があります。

 

お子様自身のご希望だけでなく、歯を気にする年齢になる前にお子様のお口の状況を気にかけてあげるとよいかもしれません。

 

短期間の部分矯正も実績多数。当院の矯正歯科詳細はこちらから

 

 

 

 

後戻り防止に保定期間が重要

 

矯正装置を外したばかりの状態は、移動した歯の位置で骨が固まっていない状態なので、後戻りや歯列の乱れが起こりやすくなります。個人差がありますが、どんな矯正治療を行っても多少の後戻りはおきると思っていてください。

後戻りを防ぐために、マウスピースやブラケットを装着した矯正期間が終わったら、必ず保定装置を一定期間取り付けます。

保定期間の目安は、矯正していた期間と同じ分だけ。最初のうちは歯みがきや食事の時間意外の24時間装着が理想です。

 

もし1年間で矯正を終えた場合は、その後1年間リテーナーを利用して歯槽骨(しそうこつ/アゴの骨と歯の骨を結ぶ骨)が矯正後の位置で安定するのを待ちます。骨が安定してきたら1日の装着時間を徐々に減らしていきます。

 

当院では、矯正に関するカウンセリングは無料です。予約制となりますのでまずは一度お電話にてご予約をお願いいたします。

 

(監修:はぴねす歯科院長 野澤 修一 / 文:河野 多恵子)

公開日:2018年3月8日

痛みが出にくいティップエッジで部分矯正

 

 

スムーズな歯の移動でストレスの少ない矯正を

 

当院では、ブラケットとワイヤーを使った矯正治療において、ティップエッジという方式を採用しています。

 

今まで行われてきた歯を並行に移動させる矯正に比べて、歯の傾斜を利用して移動を促すので、弱い力で効率よく歯を移動させ、細かい調整にもできます。

 

無理な負荷がかからないので、矯正時(歯の移動)に起こる歯の痛みもほとんど出ません。

 

矯正効果は症状により個人差がありますが、たいてい6~12ヵ月程度で変化を感じられます。

 

当院では「前歯が出ているのが気になる」と部分矯正を希望された方が、4ヵ月後に治療を終えられたケースもあります。また「上あごの前歯(ねじれ)を治したい」と希望された方は、10ヵ月後に治療を終えました。※矯正期間には個人差があります。

 

症例はこちらをご覧ください

 

 

 

部分矯正に

 

部分矯正では、前歯を中心とした上下4本の歯列を整えます。ティップエッジ方式の特徴として、弱い力で微調整を加えることができるので、細かな歯列の調整にも向いています。前歯周辺のちょっとした歯並び補正をはじめ、気になる後戻りを見えるところだけ治したいといったご希望にも対応しています。

 

 

矯正期間中の審美性も

 

部分矯正も、全体矯正も歯の表面にブラケットと呼ばれる固定装置を取り付け、ワイヤーを通して矯正をしていきます。当院では、矯正装置ができるだけ目立たないようセラミックブラケット、ホワイトワイヤーを採用。できるだけ見た目にも配慮した治療法を基本としています。

 

 

 

保定期間をしっかり守りましょう

 

せっかくきれいに整えた歯並び。長く維持するための秘訣は、矯正が終わった後に後戻りを防止するためのリテーナー(保定装置)を装着して過ごすことにあります。リテーナーの装着期間を保定(ほてい)期間と呼びます。移動した歯が固定するまで、整えた位置から動かないようにする装置で、後戻りを防ぎます。骨が安定してきたら1日の装着時間を徐々に減らしていきます。

 

 

夜間、土日診療対応なので通いやすい

 

大人の矯正治療は「通院のしやすさ」も重要です。当院は、夜間、土日診療に対応しています。仕事の帰りや週末しか休みが取れなくて歯医者になかなか通えない方も、お気軽にご相談ください。

 

カウンセリング無料(要予約)の矯正歯科・部分矯正の詳細はこちらから

 

(監修:はぴねす歯科院長 野澤 修一 / 文:河野 多恵子)

公開日:2018年3月3日

奥歯、前歯、ブリッジに最適な審美素材は?

 

 

 

強度や再現性、予算も考慮して選んでいきます

 

 

自費で使用されるセラミック素材は、保険診療で使用するプラスチックをベースにした素材(白い歯)に比べると、いずれも色調の再現性、強度も優れています。中でも、より強度に特化したもの、再現性に特化したもの、どちらの点でも優れているものなど、予算に応じて選ぶことができます。

 

 

治療に使用する素材については、カウンセリングや治療の際にご希望をお聞きし、お口の中の状況から判断して医師より最適な素材を提案いたします。もし選択肢がある場合は、強度や再現性、費用をご説明した上でお選びいただくこともできます。

 

 

今回は、当院で使用しているセラミック素材の主な特徴をご紹介します。

 

 

ジルコニア
強度が高く薄くても丈夫
透明度が低いため透明感のある歯には適応しにくい

 

 

EMAX
ジルコニアに比べると強度は低い
透明感が高く天然歯の色にあわせやすい

 

 

ジルコニア+ポーセレン
強度が高く薄くても丈夫
繊細な色調再現が可能

 

 

素材の詳細は審美治療をご覧ください

 

 

 

部位によって最適な素材をご提案します

 

 

前歯の場合は、審美性や天然歯との馴染みを優先した素材を選びます。1本だけなら、色調の再現性も高く、セラミック素材の中で最新のEMAXクラウン(ニケイ酸リチウムガラス)がコストパフォーマンスに優れています。天然歯の強度に近いので、残っている歯に負荷をかけにくく、歯に優しい素材です。また天然歯の色合いによっては、より自然な仕上がりのジルコニア+ポーセレンもよいでしょう。

 

奥歯の場合は、前歯に比べると細かい色の再現性よりも、治療後に割れる心配の少ない強度を優先したジルコニアを選ぶのが一般的。予算が許すのであれば、再現性も強度も評価の高いジルコニア+ポーセレンがベストです。

 

複数の歯をつなぐブリッジの場合は、強度が最優先。奥歯のブリッジならジルコニアか、ジルコニア+ポーセレン。審美性も重視したい前歯周辺であればジルコニア+ポーセレンが選択肢となります。

 

 

 

丁寧な説明で安心して治療を受けていただけます

 

来院されたときに、限られた時間の中で初めて聞く情報を、すべてその場で理解するのは難しいと思います。診察台の上で話をするのが苦手な方もいらっしゃるでしょう。急いで選ばなければいけないと感じてしまうかもしれません。

 

当院では、WEBページで使用素材、料金表を提示しています。これから来院を検討されている方や、現在治療中の方にも是非ご覧になっていただき、ご理解いただける助けになればと考えています。

 

また、トリートメントコーディネイターが在籍していますので、治療や素材に関しての疑問や不安については、治療前後のお時間でご説明やご相談を承っています。予約制ですので、来院のご予約の際に、あわせてトリートメントコーディネイターの予約もお願いします。

 

 

(監修:はぴねす歯科院長 野澤 修一 / 文:河野 多恵子)

ウェブ予約はこちら

アクセスマップ

はぴねす歯科_マップ

「阪急石橋駅西改札のとなり」
「ローソンの2Fです」

診療時間

  •  
  • 9:30〜13:00





  • 15:00〜21:00





  • -
 15:00〜18:00
 9:30〜14:00
【休診日】
 祝日

※ 平日最終受付は20:30迄

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032
大阪府池田市石橋1-13-1 2F

TEL:072-762-4618

診療科目

一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車で来られる方へ

自転車・バイクでご来店される方へクリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。

自転車をご利用の方は、近隣の駐車場をご利用ください。領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日のみとさせて頂きます。

初めての方へ

コンセプト

ブログ

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032 大阪府池田市石橋1-13-1 2F 地図を開く

当歯科医院に関わる人すべてが幸せになれるように「はぴねす歯科石橋駅前クリニック」と名づけました。
安全第一とし医療用器具洗浄機を導入、患者様はもとよりスタッフに対しても感染症対策に配慮し、
患者様にとって最適でおしつけのない治療を行います。
【診療科目】一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車・バイクでご来院される方へ
自転車でご来院される方へ

クリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。
自転車をご利用の方は、近隣の駐輪所をご利用ください。
領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日・診療対象者のみとさせて頂きます。