大阪府池田市石橋駅の歯科医院です。安全を第一として患者様にとって最適でおしつけない治療を行います。

阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
はぴねす歯科

ハピネスcolumn

公開日:2018年8月30日

矯正治療は早いほうがいい?小児矯正のメリット

こんにちは!はぴねす歯科です。

 

前回のブログではお子さまの矯正治療についてお話ししました。小児矯正の話題があがると、「やっぱり矯正治療は早いうちから受けたほうがいいの?」という声をよくお聞きします。大人になってからでも遅くはないので患者さまの判断にお任せしますが、お子さまの矯正治療には数々のメリットがあります。

 

 

 

健康状態が良くなる

すくすくと育つイメージが強いお子さまなら、「そんなに若いうちから体調不良に悩むこともなさそう」と思われがちですが、歯並びによって健康状態が大きく左右されます。

 

  • ■風邪をひきやすい
  • ■疲れやすい
  • ■いつも鼻詰まりに悩んでいて、発音が聞き取りにくい

 

などの体調不良が見られる場合、歯並びをチェックしたほうがいいかもしれません。歯並びが悪いと呼吸がしにくくなるため、常に口を開いていないと落ち着かなくなります。そこでばい菌や悪い物質を体に取り込み、風邪をひきやすい体質になってしまうのです。

 

矯正治療をすることで呼吸がしやすくなり、これらの体調不良が改善されるケースは意外に多いです。

 

 

矯正治療がスムーズに進む

大人の方はある程度骨格の発達が完了していますが、お子さまの場合はまだまだこれから。あごの発達を利用しながら矯正治療ができるため、予想以上に治療がスムーズに進むというメリットがあります。

 

また、大人の矯正治療では歯を抜かなければならないケースが少なくありませんが、お子さまの抜歯の必要性はそこまで高くありません。つまり、口腔環境に過度な負担をかけずに治療を進められるのです。期間も比較的短く、矯正治療にありがちな体力的ストレスも軽減できます。

 

 

心理的負担が少ないうちに治療ができる

矯正治療のイメージは、「ブラケットとワイヤーをつけ、2年以上の間をメンテナンスしながら過ごす」というものが強いのではないでしょうか。ワイヤーとブラケットを使った矯正治療は確かに役立つものですが、年齢を重ねるにつれて見た目の問題が気になってきますよね。思春期を迎えたり大人になったりすると、一層他人からの視線を苦痛に感じられることも増えるでしょう。

 

しかし、小さなお子さまではそこまで気にする必要もないため、比較的楽に治療ができます。「歯並びが悪いけれど、成長してからでは心理的な負担が大きいかもしれない」場合には、早めの治療を考えてあげたほうがいいかもしれませんね。

 

当院ではお子さまの成長と状態をきちんと見極めたうえで、一人ひとりに適した治療プランをご提案します。お子さまの体調や歯並びが気になる方は、ぜひ私たちにご相談くださいね!

 

 

ストレスの少ない小児矯正をご希望なら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

公開日:2018年8月22日

ホワイトニングの1種、「オパールエッセンス」って何?

こんにちは!はぴねす歯科です。

 

もうすぐ夏も終わりですね。あれだけ暑かった夏も、秋が来れば一気に涼しくなってしまうのには毎年驚かされます。気温の変化が激しい時期になりますので、お体を大事にお過ごしくださいね!

 

さて、「季節が変わるから、身だしなみを整えたい」と希望される方が多いのではないでしょうか?そこで表情の良さに働きかける方法として、ホワイトニングがおすすめです!ホワイトニングには多くの種類がありますが、なかでも「オパールエッセンス」が最近人気です。

 

 

 

オパールエッセンスとは?

何だか宝石のような響きがあるオパールエッセンスは、ホームホワイトニングの一つ。歯並びと歯の美しさをとりわけ気にするアメリカで、最も人気のホワイトニングとして知られています。

 

ちなみにホームホワイトニングとは、専用の薬剤とトレーを使って、患者さまがご自宅でホワイトニングをおこなう方法です。別の方法「オフィスホワイトニング」は、患者さまが通院して歯を白くする処置を受ける方法です。どちらにもメリットがありますが、「じっくりと歯を白くしていきたい」「色の戻りをできるだけ防ぎたい」「歯科医院に通っている時間がなかなかとれない・・・」という場合には、ホームホワイトニングがおすすめです!

 

オパールエッセンスは、

 

  • ■知覚過敏を防ぐ成分が配合されている
  • ■薬剤がトレーからもれにくい
  • ■安全性が高く、歯に優しい成分を使っている

 

ことが特徴です。ホワイトニングは歯をきれいにする方法ではあるもののいつもと違った環境に身を置くことになるため、やっぱり体に負担がない方法がベストですよね。オパールエッセンスなら歯にも体にも負担をかけないので、違和感やストレスを気にされる方でも問題なく使用できます。

 

 

歯が白くなる仕組み

ところで、「どうしてホワイトニングをすると歯が白くなるの?何が起こっているの?」と考えることってありますよね。実は、ホワイトニングはただ薬剤を歯に塗布して白くしているだけではなく、汚れの色素を分解する働きもあります。

 

普段の食事やコーヒー、喫煙の習慣などで、私たちの歯は汚れやすい傾向にあります。そこで専用の薬剤をしみこませることで汚れの色素にアプローチし、結果的にきれいな歯にしていけるのです。

 

ただし食事で歯の色が戻ってしまうケースもありますので、定期的なメンテナンスが必要です。数カ月をベースにメンテナンスを考えてみてくださいね!当院でもホワイトニングの治療をご用意していますので、ご希望の方はぜひ一度お問い合わせください。

 

 

オパールエッセンスでのホワイトニングをご希望なら|大阪・石橋駅前のはぴねす歯科

公開日:2018年8月18日

お子さまの矯正治療は2段階?それぞれの役割について

みなさまこんにちは!はぴねす歯科です。

 

長いようで短い今年の夏。ずっと暑かったと思いきや、雨の影響もあってかだんだんと涼しくなってきましたね。夏が終わるのが何だか寂しい気もします。

みなさま、気温の変化に体調など崩されないよう、お気をつけてお過ごしくださいね!

 

さて、今回の話題はお子さまの矯正治療について。

「幼いうちから矯正治療を始めたほうがいい」とはよく聞きますが、実はお子さまの矯正治療には2段階あるのです。

 

 

 

2段階矯正治療とは?

大人の方ならすでに永久歯が生えそろっていますが、お子さまの場合は乳歯から永久歯に生え変わる時期を経験します。一般的には小学生低学年から生え変わりが始まり、中学生になってから永久歯が揃うと考えられています。歯の成長が著しいステージでもあることから、それに合わせた矯正治療が必要です。

 

永久歯と乳歯が生えている時期を1期、永久歯が生えそろう時期を2期と位置づけ、矯正歯科治療では2段階に分けての小児矯正を推奨しています。もちろん2期からの矯正治療も可能ですが、1期から始めておくことでのちの治療の負担を押さえられるようになります。

 

 

1段階での治療

1段階での矯正治療は、永久歯が生えそろうまでの準備段階としての役割を持ちます。「床矯正」という取り外し式の装置を使い、歯並びのずれや骨格を整えていきます。取り外し式装置は自分で外せるため、食事や会話などでストレスを感じることがない点がメリットです。しかし、小さなお子さまが誤ってなくしてしまうケースも少なくないので、大人の方がしっかりと管理してあげてください。

 

なお、1段階だけで完全に歯並びを直すことは不可能です。段差やずれはそのまま残り、2段階からの治療がポイントになります。

 

 

2段階での治療

対して2段階では、本格的な治療をおこないます。ブラケットやワイヤーを使った装置をつけ、2年前後の期間をすごしていただきます。矯正治療中には何度か通院してのメンテナンスも欠かせません。

 

とはいえ、特に思春期のお子さまは見た目の問題を気にするケースが多く、ブラケットやワイヤーでの装置を嫌がる方も多いです。あまりに気にされるのならマウスピースで目立ちにくくすることもできますので、費用面で問題なければ検討してみるといいでしょう。

 

当院でも小児矯正に対応し、お子さまの歯並びをきれいにするためにサポートいたします。一人ひとりのライフスタイルとご希望に合わせた治療計画をご提案しますので、矯正治療を希望される方はぜひ一度ご相談くださいね!

 

 

お子さまの矯正治療なら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

公開日:2018年8月13日

矯正器具が外れたときに考えておきたい対応

こんにちは!はぴねす歯科です。

 

まだまだ暑い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

体調など崩されないよう、無理せずにお過ごしくださいね!

 

さて、今日は矯正治療について。

ブラケットとワイヤーを使う矯正治療では、例えば食事中や歯磨き中など、ふとした瞬間に器具が外れてしまうことがあります。デリケートな口の中とは言え、突然装置に不具合ができたら、やはり焦るものですよね。そこで今回は、矯正期間中にブラケットが外れてしまったときに、知っておきたい対策についてお話しします。

 

 

 

なぜ矯正装置が外れるのか?

まず、本題に入る前に、矯正装置が外れやすい理由について解説します。

矯正装置は念入りにつけるイメージが強く、めったなことでは外れない感じがしますよね。それなのにふとしたはずみで外れてしまうのは、「そもそも矯正装置が外れやすいようにできているから」です。

 

装置をつけて歯を動かすことはもちろん大事ですが、治療が完了してから問題なく外せるようなつくりでないといけません。そのため、ちょっとした力でも外れてしまうのです。また、矯正治療が進んで歯が動き始めると、余計に装置が不安定になり、ブラケットやワイヤーが外れやすくなるケースもあります。

 

 

 

矯正器具が外れてしまったら?

さて、ここからは万が一外れた場合についてお話しします。外れたらすぐに歯科医院に行くことが望ましいですが、通院まである程度の時間がある場合には、それなりの応急処置が必要になってきます。

 

 

ブラケットが外れた場合

ブラケットが外れてワイヤーの上でぐらつくなら、矯正治療用のワックスで固定します。場所によっては口の中から外れてしまうこともありますが、その場合にはむやみに触らずに安静にしましょう。なるべくすぐに歯科医院を受診されることをおすすめします。

 

 

ワイヤーが外れた場合

ブラケットだけでなく、ワイヤーが外れてしまう場合もあります。口の中を傷つけてしまう恐れがあるため、気になるようであればペンチで切るようにしましょう。このときに切った先を飲み込んでしまわないよう、しっかりと抑えるように気をつけてください。

 

 

これらの方法は応急処置としては役立ちますが、あくまでもすぐに歯科医院に行くことが大事です。また、歯磨きの力加減に注意する、矯正治療を始めてから間もないうちは硬いものを避けるなど、装置の安定性を保つ努力も必要です。

 

当院では通常の矯正治療のほか、部分矯正やマウスピース矯正にも対応しています。なるべく体に負担をかけない治療もご用意していますので、これから矯正治療を検討される方はぜひご相談くださいね!

 

 

矯正治療をご希望なら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科

 

公開日:2018年8月8日

矯正治療中は口内炎になりやすい?!対処法まとめ

こんにちは!はぴねす歯科です。

 

今日の話題は、矯正治療について。

ブラケットとワイヤーを使う矯正治療中は、痛みや食事のしづらさなど、どうしてもお悩みが増えてくるもの。加えて「矯正治療を始めてから、口内炎ができやすくなった!」と言われる方も少なくありません。

 

歯並びを整えるのに矯正治療は必要ですが、できるだけストレスフリーに治療を受けたいものですよね。そこで、矯正治療中の口内炎との向き合い方についてお話しします!

 

 

 

矯正治療中に多い「カタル性口内炎」

口内炎と言っても実はいろいろな種類があり、例えば「アフタ性口内炎」「腫瘍性口内炎」「アレルギー性口内炎」などが挙げられます。なお、矯正治療中は「カタル性口内炎」になりやすいと言われています。

 

 

矯正器具が口の中に触れてできる「カタル性口内炎」

ブラケットやワイヤーで矯正治療をする場合、装置や器具が常に口の中にあたることになります。口の中に矯正器具が触れ、それが続くことで独特の痛みや腫れが生じるのです。

 

  • ■口の中が腫れる
  • ■鋭い痛みがある
  • ■水ぶくれのようなものができる
  • ■口内炎の場所が熱を持っている
  • ■一度治ってもまたできてしまう

 

などの症状があれば、矯正器具によるカタル性口内炎のサインだと考えられます。特に矯正治療初期によく起こりやすいと考えられていますが、虫歯治療の詰め物やかぶせ物で発症するケースもあります。

 

 

 

矯正治療中に口内炎ができたら

矯正治療中は口内炎ができやすいとは言え、数年にもわたって口内炎に悩むことはやはり避けたいもの。一度や二度ではなく何度も口内炎ができるのであれば、まずは担当医師に相談してみましょう。

 

  • ■矯正器具を調整してもらう
  • ■矯正用ワックスを処方してもらう

 

などの対処法で、矯正治療中を快適に過ごせるように配慮してもらえます。特に装置が合っていないことで口内炎が起こるケースもあるため、何度も口内炎ができる場合には遠慮せずに装置調整をお願いしましょう。

 

矯正用ワックスも、歯科医で購入できます。粘土のようなつくりになっている矯正用ワックスを装置に着けることで、装置と口の中の粘膜が触れるのを避けられます。詳しい使い方については医師からの説明を受け、ご自分でも日ごろから口内炎を予防していきましょう。矯正用ワックスは市販でも購入できますが、可能であれば歯科医での入手が適しています。

 

 

口内炎用の薬も役立ちます

これまでは口内炎の予防についてお話ししましたが、できてしまった後の対策も大事です。市販薬でも構わないので口内炎を抑える薬を使い、回復を早めるようにしていきましょう。

 

 

当院では、みなさまが日常生活を少しでも快適に過ごせる矯正治療のプランをご用意しています。一人ひとりに合わせた治療をご案内しますので、これから治療を希望される方、治療に対して不安なことがある方は、ぜひ私たちにご相談ください!

 

 

ストレスを抑えた矯正治療をご希望なら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

1 / 212
ウェブ予約はこちら

アクセスマップ

はぴねす歯科_マップ

「阪急石橋駅西改札のとなり」
「ローソンの2Fです」

診療時間

  •  
  • 9:30〜13:00





  • 15:00〜21:00





  • -
 15:00〜18:00
 9:30〜14:00
【休診日】
 祝日

※ 平日最終受付は20:30迄

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032
大阪府池田市石橋1-13-1 2F

TEL:072-762-4618

診療科目

一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車で来られる方へ

自転車・バイクでご来店される方へクリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。

自転車をご利用の方は、近隣の駐車場をご利用ください。領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日のみとさせて頂きます。

初めての方へ

コンセプト

ブログ

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032 大阪府池田市石橋1-13-1 2F 地図を開く

当歯科医院に関わる人すべてが幸せになれるように「はぴねす歯科石橋駅前クリニック」と名づけました。
安全第一とし医療用器具洗浄機を導入、患者様はもとよりスタッフに対しても感染症対策に配慮し、
患者様にとって最適でおしつけのない治療を行います。
【診療科目】一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車・バイクでご来院される方へ
自転車でご来院される方へ

クリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。
自転車をご利用の方は、近隣の駐輪所をご利用ください。
領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日・診療対象者のみとさせて頂きます。