大阪府池田市石橋駅の歯科医院です。安全を第一として患者様にとって最適でおしつけない治療を行います。

阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
はぴねす歯科

ハピネスcolumn

公開日:2018年10月26日

出産予定のママは要注意!妊娠中に気をつけたい歯のケア

こんにちは!はぴねす歯科です。

 

今日の話題は、妊娠中の歯のケアについて。妊娠中はつわりや腰痛、足の痛みなど、何かと体調が左右されやすい時期ですが、お口の中の環境もデリケートになります。

 

 

 

ママの虫歯はお子さまに感染しやすい!?

統計上のデータによると、妊娠中のお母さんに虫歯がある場合、これから生まれるお子さまにうつりやすいと考えられています。お母さんが小さな赤ちゃんに口移しで食事をさせるときに、虫歯菌が赤ちゃんの口に届いてしまうからだそうです。大体2歳くらいからお子さまの虫歯が始まるとも言われています。

 

2歳ほどならまだ乳歯ですが、だからと言って楽観視はできません。乳歯の状態で永久歯の健康度が決まるケースも多いので、幼いころからの虫歯はぜひとも防いでいきたいもの。だからこそ、お母さんには妊娠中・出産後の歯のケアには一層注意することをおすすめします!

 

 

何かとデリケートな妊娠中の口腔環境

また、妊娠中は虫歯や歯周病に加え、

 

  • ■妊娠性歯肉炎
  • ■妊娠性エプーリス

 

など、歯の病気にかかりやすい時期です。吐きつわりや口の中の不快感で歯磨きがおろそかになり、病気の原因が力を増す時期であるためです。

 

妊娠中にこまめな歯磨きをするのは辛いかもしれませんが、どうしても気持ちが悪くてできないときはうがいでも問題ありません。しっかりと口をゆすぎ、時間をかけてうがいしてくださいね!もちろん、できるときには歯磨きもしっかりと続けましょう。

 

 

安定期の歯科治療がおすすめです

妊娠中はお口の中がとりわけデリケートになり、赤ちゃんへの影響も気になる時期です。しかし、焦って治療を始めてしまうと母体にも赤ちゃんにも良くないため、基本的に歯科医院では安定期に本格的な治療をおこないます。

 

妊娠初期には診察や無理のない範囲での検査、ブラッシング指導、緊急の症状がある場合には応急処置をおこないます。お腹が大きくなる妊娠後期には診察台にあおむけに寝ることが難しくなるため、こちらも応急処置や無理のない治療にとどめるケースがほとんどです。お腹の中の赤ちゃんが安定している安定期なら、通常の歯科治療がおこなわれます。

 

妊娠中は健康に一層気遣う期間であり、同時に歯科治療の適応範囲も限られるため、できるだけお口の中のケアにはいつもより気を配っていきましょう。難しいことがありましたら私たちが協力しますので、ぜひお気軽にご相談くださいね!元気で健康な赤ちゃんを育てるため、一緒に頑張りましょう。

 

 

妊娠中の口腔環境が気になるなら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

公開日:2018年10月24日

正しい歯磨きをしていますか?

こんにちは!はぴねす歯科です。

いよいよ秋も深まってきましたね。外を見ると木々の葉が色づいていて、「もうすっかり夏が終わっているのだなあ」としみじみさせられます。

 

さて、秋といえば食欲の秋。

食欲の秋には美味しいものがたくさん揃い、楽しいけれど体型の管理が気になることも事実。そして、体型や体重はもちろん、当院としては歯のケアにも気をつけていただきたいと思っています!

 

美味しく食事を楽しんだら、必ず歯を磨く。大切なことだとはわかっていても、なかなか難しい・・・なんてことはありませんか?

 

 

 

歯磨きをしていても虫歯や歯周病になる!?

虫歯や歯周病などで歯科医院を受診するとき、多くの方は「きちんと歯磨きしているのに・・・」と思うかもしれません。確かに、歯磨きはエチケットの一つですし、みなさまの生活にすっかりなじんでいるはずですよね。毎日気をつけているのに歯の病気が生まれてしまうのは、一体なぜなのでしょうか?

 

 

正しく歯磨きができていない方は、意外に多いです

その答えは、「正しく歯を磨けていないから」です。きちんと毎日時間をとって歯磨きをしていても、やり方を間違えると思うような成果に恵まれないケースがあります。歯と歯の間はとてもせまく、磨きにくいところもあることから、普段頑張っていても磨ききれずに歯の病気が生まれてしまうケースも珍しくありません。

 

歯の病気にはいろいろな原因がありますが、患者さま一人ひとりがご自分に合った歯磨きをできていないという理由も、注意してみるといいかもしれません。

 

 

ご自分に合った歯磨きを知りましょう

インターネットや健康についての書籍や雑誌には、歯磨きについて多くの情報が載っていて、あまりの多さに戸惑ってしまうほどですよね。たくさんの情報に惑わされ、どの方法を使ったらいいのか迷うことさえあります。

 

実は、正しい歯磨きの方法は患者さま一人ひとりによって違うのです。歯並びや噛み合わせ、顔の形はみなさまでそれぞれ異なるため、当然適切な磨き方も変わります。だからこそ、数多くの情報に振り回されず、ご自分にぴったりの歯磨きを知ることが大事です!

 

患者さま一人ひとりに適した歯磨きについては、歯科医院で教えてもらえます。歯並びや骨格などを考慮したもらったうえで、磨きやすい方法を学べるので、日ごろの歯磨きで悩んでいる方はぜひ相談してみるといいでしょう。当院でも定期検診でブラッシング指導をおこなっていますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね!

 

 

正しい歯磨きを身につけるなら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

公開日:2018年10月19日

削らない虫歯治療とは?できる限り歯を残すために

こんにちは!はぴねす歯科です。

いつもコラムをお読みいただき、ありがとうございます!

 

今回の話題は虫歯について。以前は矯正治療やホワイトニング、セラミックなど、審美的な治療について多くお話してきましたが、やはり歯の健康を保つことは大事。そこで、一般歯科や虫歯、歯周病治療についての話題も増やしていこうと思います。よろしくお願いします!

 

 

 

なるべく削らない虫歯治療

虫歯の治療といえば、従来は虫歯菌に毒されている場所を削り、詰め物・被せ物をするイメージが強いですよね。虫歯によってダメージを受けた歯は削る必要があるものの、あの音や独特の痛みに思わず恐怖を感じてしまう方も少なくありません。

 

 

実はリスクも多い「削る治療」

感染した患部を取り除き、きれいに消毒してから詰め物・被せ物をする。虫歯が神経にまで達していたら神経を抜く。通常の歯科治療ではこのようなステップが自然におこなわれていました。歯を守るためには大切なプロセスであることには変わりありませんが、実はリスクが大きいことがわかってきたのです。

 

歯を削ることにより、健康な歯をも傷つけてしまうリスクが高いためです。

 

虫歯のダメージを受けた部分を取り除く際、必要に応じては健康な歯を削らなければいけない場合もあります。しかし、天然の歯にまで影響を与えることはあまり良い結果にはならず、患者さまへの負担も大きくなります。また、虫歯を削るときにやってくる独特の痛みと音は、実は健康な歯を削っているときのもので、いろいろな意味で患者さまへのデメリットが多いと考えられるようになりました。

 

 

削る範囲を最小限にする動き

これに対し、国際歯科連盟は2000年ごろから、虫歯治療において削る範囲を少なくする治療を推奨しました。健康な歯まで削らなくていいように歯科治療の技術を磨き、強度の強い素材で詰め物・被せ物をすることで、歯へのダメージを極力小さくできます。基本的にはプラスチック素材のレジンを使うケースが多いですが、必要に応じては金属やセラミックを使うケースもあります。レジンは強度においてはほかの素材に劣るというデメリットがあるものの、その都度メンテナンスを重ねれば問題なく、メンテナンスのたびに口の中の状態をチェックできるというメリットもあります。

 

永久歯は一度なくなったら戻ってはこないため、生涯をかけて大事にしてあげることが必要です。当院ではその重要性をしっかりと理解し、歯へのダメージを抑えた虫歯治療を用意していますので、ぜひご利用くださいね!

 

 

なるべく削らない虫歯治療なら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

公開日:2018年10月15日

定期検診って何をするの?プロのデンタルケアで歯を守ろう

こんにちは!はぴねす歯科です。

今回の話題は予防歯科について。最近では予防歯科の重要性が患者さまにも広まり、特に深刻な病気がなくても歯科医院に通院する方が増えてきました。そこで何がおこなわれているのかといえば、定期検診です。

 

 

病気になる前の予防歯科と定期検診

「8020運動」についての記事でもお話ししましたが、現在では年齢を重ねてもできるだけ多くの歯を残そうという動きが、歯科治療業界全体で強まっています。そのためには虫歯や歯周病などの病気になってから対策を考えるだけでなく、普段の心がけで病気を防ぐ意識も大切です。そこで、定期検診が役立つのです。

 

 

定期検診で受けられる治療

定期検診で受けられる治療は、主に「虫歯のチェック」「歯ぐきのチェック」「ブラッシング指導」です。歯と歯茎の状態がどうなっているか、日ごろのケアをきちんとできているかを、歯科医師または歯科衛生士がチェックします。

 

虫歯のチェック

「どんなに丁寧にブラッシングをしていても、虫歯ができてしまう・・・」というケースは多いですよね。歯の付け根や歯と歯の間など、磨ききれない場所があるため、一人でのブラッシングにはやはり限界があるのです。そのような場所に限って虫歯ができやすいので、心配であれば定期検診を受け、お口の中全体を確認してもらうといいでしょう。以前治療した虫歯が進行していないか、把握するのにも役立ちます。

 

歯茎のチェック

歯の周りのポケット(歯周ポケット)が深いと、歯周病を進行させる原因になります。歯周ポケットの深さを確認してもらい、健康な歯茎を保っていくことが大事です。

 

ブラッシング指導

「正しくブラッシングができていると思っていても、意外な場所を磨き残していた」というパターンが多いものです。患者さま一人ひとりによって磨き方の癖があり、時には歯にとって良くない場合もあります。定期検診では正しいブラッシング指導も学べるうえ、フロスや歯ブラシなど、患者さまそれぞれに合わせたデンタルグッズの紹介もしてもらえます。

 

そのほか、歯垢・歯石除去や染めだし、歯科についての相談など、さまざまなケアを受けられます。通院頻度としては3か月おきが理想的で、時期が近づいたらはがきやメールで教えてくれるところもあるようです。

 

大切な歯を多く残していくためには、普段からの心がけがとても大事です。そのためにも定期検診は、当院でもぜひおすすめします。興味のある方はぜひご相談くださいね!

 

定期検診を受けるなら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

公開日:2018年10月11日

「8020運動」って何?いつまでも食事と会話を楽しむために

こんにちは!はぴねす歯科です。

本日の話題は、予防歯科について。最近になってから歯科医院やクリニックを中心に広まっている、「8020運動」について解説していきますね。

 

 

 

予防歯科の基本となる「8020運動」

「8020運動」とは、「80歳を迎えたときに20本以上の天然歯を残そう」という動きです。1989年に日本歯科医師会が推進し始めた動きで、最近になって多くの歯科医院やクリニックが活発的に取り入れるようになりました。

 

80歳までに20本以上の天然歯があると、咀嚼も会話も問題なくできるため、それだけの本数を残すことが大切だと考えられています。入れ歯やインプラントなどでも歯を補うことはできますが、できれば自分の歯を多く残していけるのなら、ぜひ頑張っていきたいところですよね!

 

 

歯を失う原因とは?

80歳までに20本以上の天然歯を残すことが目的の8020運動。では、反対に歯を失う原因はいったい何なのでしょうか?

その答えは虫歯と歯周病です。

 

虫歯が進むと歯を抜かなければならなくなりますし、歯周病でも同じことです。時に怪我をして歯を失うケースも多いですが、虫歯と歯周病は歯を失う原因の中でももっとも主要なものだと言われています。だからこそ年齢が若いうちからこれらの病気を避けたいところですが、現在、20代の方でも70パーセント以上が歯周病にかかっていると報告されるほどです。

 

永久歯は乳歯と異なり、一度抜けたら再び生えてくることはありません。自分の歯をできるだけ多く、そして長い年月にわたって残すためにも、ぜひ日ごろからデンタルケアを頑張っていきたいですね。

 

 

8020を実現するには?

80歳までに20本以上の天然歯を残すには、今からでも自分の歯に興味を持ち、いつでも清潔で健康な状態にする意識を高めることが大事です。日ごろから丁寧なブラッシングを心がけ、虫歯と歯周病を予防していきましょう。デンタルケアを始めるのに、遅すぎるということはありません。思い立ったうちから始める意識が何よりも大切です。

 

また、歯科医院で定期的な検診とクリーニングを受けることも、病気の予防にはとても役立ちます。毎日のブラッシングでは取り切れないプラークも多いため、そこはプロである歯科医院やクリニックに任せてください。プラークの掃除やブラッシング指導、現在の状態についての説明など、みなさまが健康な歯を保つために必要なケアをいたします。ぜひ、あなたの8020運動のために役立ててくださいね!

 

元気な歯をずっと残すなら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

1 / 212
ウェブ予約はこちら

アクセスマップ

はぴねす歯科_マップ

「阪急石橋駅西改札のとなり」
「ローソンの2Fです」

診療時間

  •  
  • 9:30〜13:00





  • 15:00〜21:00





  • -
 15:00〜18:00
 9:30〜14:00
【休診日】
 祝日

※ 平日最終受付は20:30迄

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032
大阪府池田市石橋1-13-1 2F

TEL:072-762-4618

診療科目

一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車で来られる方へ

自転車・バイクでご来店される方へクリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。

自転車をご利用の方は、近隣の駐車場をご利用ください。領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日のみとさせて頂きます。

初めての方へ

コンセプト

ブログ

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032 大阪府池田市石橋1-13-1 2F 地図を開く

当歯科医院に関わる人すべてが幸せになれるように「はぴねす歯科石橋駅前クリニック」と名づけました。
安全第一とし医療用器具洗浄機を導入、患者様はもとよりスタッフに対しても感染症対策に配慮し、
患者様にとって最適でおしつけのない治療を行います。
【診療科目】一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車・バイクでご来院される方へ
自転車でご来院される方へ

クリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。
自転車をご利用の方は、近隣の駐輪所をご利用ください。
領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日・診療対象者のみとさせて頂きます。