大阪府池田市石橋駅の歯科医院です。安全を第一として患者様にとって最適でおしつけない治療を行います。

阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
はぴねす歯科

ハピネスcolumn

公開日:2018年11月25日

ホワイトニングは歯に影響を与える?不安に答えます

こんにちは!はぴねす歯科です。

さて11月もそろそろ終わり、12月が始まります。外を歩けばクリスマスのイルミネーションがきれいですが、とにかく寒い冬。風邪などひかれませんよう、ご自愛してお過ごしくださいね。

 

さて、本日もホワイトニングの話題についてです。

「第一印象のためにホワイトニングを試したいけれど、歯への影響が気になる」という不安、ホワイトニングを検討される方がよく考えることです。今回はその疑問について答えていきますね。

 

 

 

ホワイトニングの仕組みとは?

まず、ホワイトニングをするときに何が起こっているのか、知っておく必要があります。

 

ホワイトニングでは、

  • ・食事や生活習慣で変わってしまった歯の着色を取り除く
  • ・歯のエナメル質を強化する

 

という働きがあります。歯のエナメル質がはがれると象牙質が見えてきてしまい、そして象牙質は本来黄色っぽいものです。つまり、「歯が黄ばんできた」という場合には象牙質があらわれてきたという意味になります。だからこそ、エナメル質を補強して白い歯にしてあげる必要があるのです。

 

 

歯科医院でのホワイトニングなら安全です

そうはいっても、ホワイトニングは「歯の色を変える」とのイメージが強いため、「歯に影響を与えるのではないか」と思う方も多いでしょう。しかし、自己流でなく歯科医院・クリニックでのホワイトニングなら、歯にダメージをもたらさずに安全なホワイトニングができます。

 

基本的に、歯科医院やクリニックのホワイトニングでは、安全な薬剤が使用されています。きちんとカウンセリングを受けて不安を解消したうえでホワイトニングに臨めば、問題なく第一印象を変えることができますよ。

 

ただ、ホワイトニングを受けてから数日は知覚過敏などの症状に悩まされることもあります。それでもしばらくたてば不調は落ち着いていくので、安心して日常生活を過ごしてくださいね。

 

 

セルフホワイトニングには要注意!

「ホワイトニングの費用をなるべく低く抑えよう」としてセリフホワイトニングを試す方も多いですが、残念ながら安全上のポイントからはおすすめできません。市販のホワイトニング材には歯に強いダメージを与える成分が入っているケースが多く、自己流でケアすると歯を傷つけてしまう可能性が高いためです。

 

また輸入品のホワイトニングには、日本での使用を認められていない薬剤が入っていることもあるため、なるべく避けるようにしてくださいね。

 

安全かつ効果的なホワイトニングをするなら、歯科医院・クリニックでの治療がベストです。カウンセリングと説明をしっかりとしてくれるところを選び、理想の歯を手に入れましょう!

 

 

安心してホワイトニングに臨むなら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

公開日:2018年11月23日

ホワイトニングと虫歯の関係

こんにちは!はぴねす歯科です。

 

今回の話題は、またホワイトニングについて。

最近になって、「見た目をもっと良くしたい!」というご希望から、ホワイトニングを希望される方が増えてきました。ただ、そのなかで気になることは、やはり虫歯ですよね。

 

「虫歯があってもホワイトニングを受けられる?」「虫歯治療中だけど、ホワイトニングをしても大丈夫?」などのご質問に、お答えしていきますね。

 

 

虫歯があっても、ホワイトニング自体は可能

虫歯があるなかでのホワイトニングを気にされる方が多いですが、実はホワイトニング自体は可能です。口を開けたときに見える場所は大体前歯なので、前歯に虫歯ができていなければホワイトニングには影響がありません。全部の歯に対してホワイトニングをする方もいれば、部分的なホワイトニングを希望する方も多いです。

 

虫歯治療を受けてからホワイトニングを受けること

ただ、虫歯治療が完了してからのホワイトニングが大事です。虫歯に対して治療が終わっていないままにホワイトニングを進めると、後になって薬剤が患部にしみてしまうリスクがあります。そのようなリスクを避けるためにも、しっかりと治療を受けてからホワイトニングを始めることがベストです。

 

また、虫歯治療からある程度の時間がたってからホワイトニングを進める流れが一般的です。ホワイトニングは詰め物や被せ物の効力を奪ってしまうリスクが高いので、数日間は口腔環境を落ち着かせる必要があります。虫歯がある状態でホワイトニングを希望する場合には、それについて主治医にきちんと伝えましょう。

 

虫歯の程度によっては、ホワイトニングが影響しないケースもあります。主治医ときちんと相談したうえでホワイトニングのスケジュールを決めるようにしましょう。

 

ホワイトニングできる部分は、天然の歯だけ

「過去に虫歯治療を受けて、詰め物をした。詰め物をした部分もホワイトニングできるのか?」と聞かれることが少なくありませんが、残念ながらこれは不可能です。天然の歯と詰め物では素材の質が違うため、ホワイトニングをしても詰め物が白くなることはありません。

 

見た目のためにホワイトニングはとても役立ちますが、それ以前にご自分の歯を健康に保つことがとても大事だとわかりますね。

 

 

当院では、一般歯科治療にもホワイトニングにも対応しています。どちらの部分にも日ごろから治療をおこなっていますので、「虫歯があるけれどホワイトニングを希望する」場合は、ぜひ一度ご相談ください。歯の健康を守ったうえで、適切なプランをご提案します。

 

安全なホワイトニングをご希望なら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

 

 

 

公開日:2018年11月20日

歯の色が変わる原因とは?

こんにちは!はぴねす歯科です。

食欲の秋から冬に向かいつつある今、ますます食べ物がおいしい季節になりましたね。「おいしい食べ物は太りやすい・・・」というデメリットがありますが、実は食べ物は歯の色を変えてしまうこともあります。そこで、今回のコラムでは歯の色が変わる原因についてお話していきます。

 

 

 

若いころはもっときれいな歯だったのに・・・。

年齢を重ねてくると、若いころと比べて歯が黄ばんでいるのに気づく方が多いことでしょう。「幼いころは白くきれいな歯だったのに、今では白とは程遠い色に変色してしまった・・・」と落胆されている方も多いかもしれませんね。確かに毎日の歯磨きで歯をきれいに保つことは大切なのですが、実はそれだけでは歯の色を守り切れないのです。

 

では、何が原因ではの色が変わってしまうのか?といえば、やはり加齢と食事です。

 

 

加齢とともに薄くなるエナメル質

私たちの歯は象牙質でできていて、エナメル質がその表面を覆っています。このエナメル質こそが歯を白く保つ役割を果たしてくれているのですが、どうしても年齢とともに薄くなってしまいます。そこで象牙質がどんどん出現してきて、何だか黄色い歯になってしまうのです。

 

 

食事も歯の色を変える原因です

同時に、色のついた食べ物や飲み物に普段から接していることで、歯の色が変わることもあります。カレーやチョコレート、キイチゴなどの食べ物、コーヒー、お茶、コーラ、ワインなど、比較的色の強い飲食物は歯の変色を促してしまうのです。これらの飲食物は時間がたつにつれてエナメル質にしみ込んでいき、だんだんと黄ばんだ歯を作っていってしまいます。

 

そのほかにも、神経を抜いた後の歯が変色しやすいという説や、喫煙の習慣がある方は歯が黄色いケースが多いなどという説もあります。こうして考えると、歯の色が変わる原因はどこにでもあると言えそうですね。

 

 

 

白い歯を取り戻すならホワイトニングがおすすめ

いろいろな原因から歯の色が変わるとは言え、第一印象のためには白くきれいな歯を保ちたいものですよね。そんなときにはホワイトニングがおすすめです。歯の表面についた汚れを落とし、専用の薬剤で白くする効果を生み出していきます。年齢や食生活で歯の色が気になる方には、きっと満足していただけるでしょう。

 

白く美しい歯があるだけで、笑顔がぐんと魅力的になり、コミュニケーションが格段に楽しくなります。ぜひ、ホワイトニングをお試しくださいね!

 

 

歯を白くするなら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

公開日:2018年11月8日

お子さまの歯並びを悪くする習慣とは?

こんにちは!はぴねす歯科です。

今回は前回の記事に引き続き、矯正歯科の話題です。

 

歯並びがいい人を見ていると、「あんなにきれいな歯並びに慣れるなんて、普段から生活に気を遣っているのかな?」と思ってしまいますよね。一見、生活と歯並びは関係しないように感じられますが、歯並びを悪くしてしまう習慣は実際にあるのです。

 

 

 

歯並びを悪くする習慣

大人の方ではもう遅いかもしれませんが、歯並びを悪くする習慣はお子さまのうちから避けておくのが理想です。乳歯から永久歯に変わる時期にあり、いろいろとデリケートなお子さまの歯は、健全な発育のためにも日ごろから歯並びを悪くしないように気をつける必要があります。

 

特に、

  • ・あごの成長を妨げる習慣
  • ・成長を不自然に助長する習慣

 

には気をつけることが大事です。

 

 

頬の内側を噛む癖に気をつける

あごの成長をさまたげる習慣は、頬の内側を噛むことです。唇を噛む癖と同じように、頬を噛んでしまうお子さまも少なくありませんが、歯の成長を促すには避けておきましょう。

 

また、うつ伏せで寝たり頬杖を突いたりすると、あごの成長を邪魔してしまうケースもあります。あごの成長はきれいな歯並びのためにはとても大切なポイントになるため、頬杖には十分気をつけてください。

 

また、指しゃぶりも歯並びを悪くさせる大きな原因です。歯並びをその場で悪くしてしまいますので、指しゃぶりの癖があるお子さまは早めに直すように頑張っていきましょう。

 

 

舌で歯を押す

よく舌で歯を押すのが癖になっているお子さまを見かけますが、こちらも実は歯並びを悪くする原因です。あごの成長を不自然に促進してしまい、あごを伸ばしたりバランスを崩したりしてしまうためです。口の中のバランスが崩れれば、当然歯並びは悪くなります。だからこそ、普段の生活から気をつけていきましょう。

 

 

 

歯並びが気になるなら矯正治療も

幼いうちから歯並びが悪いと、歯磨きがしにくかったりかみ合わせが悪かったりして、歯の病気はもちろん全身の不調につながるケースがあります。また、コンプレックスも根付いていくでしょう。

 

そうなるのを防ぐためにも、できれば年齢が低いうちから矯正治療を始めることも一つの手段です。見た目にも健康にもいろいろなメリットをもたらしてくれるので、お子さまの歯並びをよくしたい場合にはぜひ検討してくださいね。

 

当院では小児矯正にも対応し、さまざまな治療計画をご用意しています。お子さまの歯並びでお悩みでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

悪くなった歯並びを直すなら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

 

公開日:2018年11月5日

歯を食いしばっていませんか?

こんにちは!はぴねす歯科です。

 

いよいよ11月になり、本格的に寒くなっていきますね。寒さのせいで心身ともに疲れやストレスが大きくなっていくと思いますが、今回みなさまに気をつけていただきたいことは「歯の食いしばり」。

 

「ふと気づいたら奥歯と奥歯がしっかりと触れていて、歯を食いしばっている状態に気づく」という方は意外に多いかもしれませんが、それは実は健康上でさまざまなデメリットをもたらすのです。

 

 

 

思わぬうちに体の健康を脅かす食いしばり

緊張やストレス、噛み合わせの悪さによって歯ぎしりが習慣化すると、首や肩の筋肉が緊張します。「首こり・肩こりに悩んでいる方に限って習慣的な歯の食いしばりが見られる」と言われているほど、歯と首・肩は関係しているのです。さらには頭痛やめまい、吐き気などの症状も引き起こされることから、歯の食いしばりは体にはいろいろなデメリットをもたらすことがわかります。

 

歯の寿命を縮めたり、顎関節症になったりなど、食いしばりは歯や顔にも大きなダメージを与えます。ぜひとも普段の生活から避けていきたいものですね!

 

 

食いしばりをやめるには?

歯と体の健康のためには、何よりもまず食いしばりをやめることがベスト。しかし一度癖になってしまったものをやめるのは、とても大変ですよね。そこで、だんだんと食いしばりから楽になれる方法をお伝えします。

 

はじめに、食いしばりをしているご自分に気づくことです。「奥歯と奥歯が強く触れている」と気づいたら、何回か深呼吸をしてみましょう。食いしばっているときは緊張状態にあることがとても多いので、ここでリラックスすることがとても大事なのです。仕事中や勉強中、家事をしているときなど、ぜひ試してくださいね。

 

最初はなかなか難しいかもしれませんが、時間がたつごとにだんだんと慣れていきます。現代社会に生きる私たちは交感神経優位な生活を送っているので、リラックスのためにも役立ちますよ。

 

 

歯並びを直すことでも食いしばりを防げます

もしなかなか楽にならない食いしばりに悩んでいる場合は、歯並びを直すことで改善が期待できます。かみ合わせがもともと悪い場合には矯正治療のほうが適していますので、ぜひお試しくださいね。時間と費用がかかりますが、体が楽になった感覚をしっかりと実感していただけると思います。歯並びが良くなって食いしばりがなくなれば、仕事でもプライベートでも充実した生活を楽しめるようになりますので、矯正治療をご希望の方はぜひ一度ご相談くださいね。

 

 

食いしばりを解消するなら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

 

 

1 / 212
ウェブ予約はこちら

アクセスマップ

はぴねす歯科_マップ

「阪急石橋駅西改札のとなり」
「ローソンの2Fです」

診療時間

  •  
  • 9:30〜13:00





  • 15:00〜21:00





  • -
 15:00〜18:00
 9:30〜14:00
【休診日】
 祝日

※ 平日最終受付は20:30迄

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032
大阪府池田市石橋1-13-1 2F

TEL:072-762-4618

診療科目

一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車で来られる方へ

自転車・バイクでご来店される方へクリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。

自転車をご利用の方は、近隣の駐車場をご利用ください。領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日のみとさせて頂きます。

初めての方へ

コンセプト

ブログ

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032 大阪府池田市石橋1-13-1 2F 地図を開く

当歯科医院に関わる人すべてが幸せになれるように「はぴねす歯科石橋駅前クリニック」と名づけました。
安全第一とし医療用器具洗浄機を導入、患者様はもとよりスタッフに対しても感染症対策に配慮し、
患者様にとって最適でおしつけのない治療を行います。
【診療科目】一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車・バイクでご来院される方へ
自転車でご来院される方へ

クリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。
自転車をご利用の方は、近隣の駐輪所をご利用ください。
領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日・診療対象者のみとさせて頂きます。