阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
大阪 部分矯正 審美歯科 セラミック はぴねす歯科 石橋駅前クリニック TEL:072-762-4618 土日も診察しています

ハピネスcolumn

公開日:2022年6月17日

あなたの「歯ぐき」は大丈夫?こんな症状に注意を

あなたの「歯ぐき」は大丈夫?こんな症状に注意を

皆さん虫歯になっていないか歯を気にすることは多いと思いますが、「歯ぐき」を気にしたことはありますか?歯ぐきは歯を支えるためのとても大切な組織です。普段あまり気にしない歯ぐきを鏡で見てみてください。あなたの歯ぐきに異常が見られませんか?今回は、歯ぐきの健康と歯周病についてお話を致します。

なぜ歯ぐきの健康が大切なの?

多くの方はお口の中のトラブルといえば、真っ先に「虫歯」を思い浮かべると思います。虫歯は虫歯菌が作り出す酸によって歯が溶けていく病気です。歯に症状が起こりますので、まだ乳歯の小さなお子さんから自分の歯が残っている高齢の方まで、全ての方に起こります。

また虫歯は歯が溶けていくことでだんだんと痛みを感じるようになり、冷たいものなどがしみるようになると「虫歯かな?」とすぐ思い浮かぶと思います。また痛みが強くなっていくため、歯が痛い=虫歯というのは容易に想像がつくでしょう。

では歯ぐきについてはどうでしょうか。

歯ぐきは、歯を支えるためのとても大切な組織です。歯を支えるのは歯ぐきの他に歯槽骨、セメント質などがありますが、目で見ることができるのは、歯ぐきです。

ではなぜ歯ぐきの健康が大切なのでしょうか。それは、歯ぐきの状態で「歯周病」になっていないかどうか判断の基準になるからです。

歯周病は、虫歯と並んで歯を失う原因の病気です。そして歯周病は虫歯と異なり、痛みを感じないまま症状が進行し、最終的に歯が抜けてしまいます。痛くないのに歯がグラグラになってきた、歯が抜けてしまった、という方は歯周病が原因です。その歯周病のバロメーターになるのが、歯ぐきの状態なのです。

あなたの歯ぐきの状態は正常?こんな症状はありませんか?

正常な歯ぐきと、問題がある歯ぐきでは大きな差があります。まず健康な歯ぐきはピンク色で、キュッと引き締まっています。歯磨きをしても歯ぐきから出血することはありません。

反対に、歯ぐきに異常があると歯周病が疑われます。あなたの歯ぐきには次のような症状はありませんか?鏡の前でチェックしてみて下さい。

1.歯磨きの時に出血する

健康な歯ぐきの場合、歯ブラシの毛先が当たって出血するということはありません。ところが歯ぐきに異常が起きていると、歯磨きのときに出血します。これは歯ぐきが腫れて炎症が起きている証拠であり、歯ぐきにトラブルが起きていることがすぐに分かります。

2.歯ぐきが下がってきた

年齢を重ねるにつれ、歯ぐきは少しずつ下がってきます。歯ぐきが痩せていくのは致し方ありませんが、歯周病の進行も歯ぐき下がりの要因となります。歯周病は年齢を重ねるにつれて発症しやすくなりますので、歯ぐきが下がっている方は要注意です。

3.歯ぐきが赤くなりブヨブヨしている

健康な歯ぐきはピンク色で引き締まっています。ところが歯ぐきが赤くなっており、指で触るとぶよぶよとした感触がある場合、歯ぐきに炎症が起きています。この状態は若い方では歯肉炎、30代以降になると歯周病が疑われます。

4.歯ぐきがムズムズと痒いような感じがする

歯ぐきがむずむずと痒いような感覚がある方も要注意です。歯ぐきに炎症が起きていると、ムズムズした感じが起こります。

5.歯ぐきから膿のようなものが出る

正常な状態から膿が出ることはありません。膿が出るということは、歯ぐきに炎症が起きているだけでなく、ばい菌が溜まっていることを意味します。歯周病が悪化することで起きる症状です。

歯ぐきの異常は歯周病のサイン

虫歯はすぐに分かるのに、どうして歯周病は分かりにくいのでしょうか。それは「歯周病は痛みをあまり感じないから」です。歯ぐきに炎症が起きても、歯そのものが痛いわけではありません。また歯磨き時の出血も、実はそれほど痛みは感じないのです。つまり歯周病になっていても、痛みを感じないため歯周病になっていることすら気づきにくいのです。ここが歯周病の怖いところで、自覚症状があまりないままどんどんと歯周病が悪化してしまい、気づいたときには歯がたくさんなくなってしまった、という状況に陥りかねないのです。

歯に痛みがないからこそ、歯ぐきの状態は常にチェックする習慣を付けておきましょう。特に歯磨き時の出血はいちばん分かりやすいサインです。歯ぐきの炎症だけなら歯肉だけに炎症が起きる歯肉炎で済むかもしれません。しかしそのまま放置しておくと、歯肉炎が歯周炎(歯周病)に進行してしまいます。

定期検診で歯周病が進行していないか確認を

歯を失う原因は今は虫歯でなく、歯周病と言われています。歯ぐきの異常は歯周病のサインであるとお話しましたが、歯周病を予防し、悪化させないためにはご家庭での毎日の歯磨きに加え、歯科医院での定期検診が欠かせません。定期検診を受けることで歯周病になっていないか、悪化していないかなどを把握し、歯石除去やクリーニングといった治療を受けることで歯ぐきと口内環境の改善が見込めます。

ご自身の大切な歯を守るためにも歯ぐきの健康状態をチェックし、少しでも気になることがあれば歯科医院を受診するようにして下さい。

 

当院の歯周病治療についてはこちら

ハピネスcolumn 一覧へ

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618