阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
大阪 部分矯正 審美歯科 セラミック はぴねす歯科 石橋駅前クリニック TEL:072-762-4618 土日も診察しています
  • トップ>
  • ハピネスcolumn >
  • なぜ歯石除去は痛いの? >

公開日:2020年10月22日

なぜ歯石除去は痛いの?

なぜ歯石除去は痛いの?

虫歯と並び、歯を失ってしまう原因の歯周病。歯周病と診断されびっくりする方もいらっしゃることでしょう。歯周病と診断された場合、歯周病治療が行われますが、歯周病に欠かせないのが歯石除去です。歯石除去を初めて行った方や過去にされた方は、意外な痛みにびっくりされることもあると思います。ではなぜ歯石除去は痛みを伴うのでしょうか。

実感しにくい歯周病。その症状とは?

虫歯と歯周病の大きな違いは、「痛みがあるかないか」です。虫歯は虫歯菌が出す酸により歯が溶けていく病気です。虫歯特有のキーンとした痛みから虫歯を疑い、さらに虫歯が神経に触れると激痛を覚えるため、「虫歯になったから治療しなくては」と治療を受けることと思います。

つまり痛み=虫歯のサインということになります。

いっぽう歯周病は、歯周病菌が出す毒素によって歯ぐきや歯槽骨などといった歯を支える「歯周組織」に炎症を起こす病気です。

虫歯のように歯が溶けるわけではなく、神経に直接触れるものではありません。主症状としては、歯ぐきの腫れと出血です。しかしこの症状は歯肉炎でも起こり、どの年代でも起こりうることなので歯周病のサインであるにもかかわらず、つい見落としてしまいがちになります。

歯肉炎なら適切なブラッシングとプラーク除去で改善できますが、歯周炎へ進行すると、病変が徐々に広がり、歯を支える歯槽骨が吸収され始めてしまいます。

それでもまだ虫歯のような痛みはあまり感じません。しいて言うなら、「歯ぐきが腫れたような、重苦しい痛み、違和感」といったところでしょう。歯周病の末期症状になると、歯槽骨の吸収により歯を支えることができなくなったため歯はグラグラし、保存することが困難になります。歯ぐきに膿も溜まり、非常に不快な悪臭を放ち、相手にイヤな思いをさせてしまうこともあります。

最終的に歯は抜け落ちるか抜歯になり、入れ歯などの補綴が必要となります。

このように歯周病は虫歯と違い、自覚症状がなく進んでいくため、ご自身が歯周病になったという実感がわかりにくいのです。

歯周病と診断されたら?

「歯周病ですね」と言われたら、速やかに歯周病治療を開始する必要があります。虫歯のように痛いわけではないのに治療って、と思うかもしれませんが、歯周病の治療をきちんと行っておかないと、後で大変な目に逢ってしまい、「あのとききちんと治療すればよかった」と後悔することになります。

歯周病治療は、まず「歯石除去」が基本的な治療法となります。歯石除去なくして歯周病治療は成り立ちません。

歯石除去は、超音波スケーラーという器具を使って歯にこびりついた固い歯石を取り除いていきます。歯石が溜まっているとそこへ新たなプラークが溜まり、ますます歯周病菌が活動しやすくなるため、まず歯周病菌の温床となる歯石を丁寧に取り除いていきます。

歯周病ではない方でも、お口の中の健康を維持するために3か月~6カ月に一度は歯石除去が推奨されます。

しかし歯周病と診断された場合、予防の意味を込めた3か月にいちどの歯石除去では症状が進行した歯周病の改善はなかなか難しいと言えます。短い期間でしっかりと歯石を取り除き、歯周病の進行を食い止める必要があります。

歯石が歯の表面だけではなく、歯の根元にも付着していることが認められると「SRP」という処置が必要になります。SRPとは「スケーリング・ルート・プレーニング」の略で、歯ぐきの中から侵入した歯周病菌によって歯の根元に付いた歯石を主導の器具で取り除く治療の事です。

SRPと併用し、お口の中の細菌の数によっては「歯周内科」と呼ばれる内科的治療も併用されることがあります。これはお口の中の細菌を減らすために抗菌剤を服用し、歯周病を内側から改善することを目的とした治療です。

それでも改善があまり見られない場合、歯ぐきを切開して目に見える内部の歯石を取り除く「フラップオペレーション」という外科処置を行うこともあります。

歯石除去が痛い!どうして?

歯石除去のチクチクした痛みがとても苦手と言う声をよく聞きます。虫歯のようにキーンとした痛みとはまた違い、歯ぐきのキワを触ることで針をさしたような痛みが施術中続くことで、歯石除去が苦手という意識を持たれるのだと思います。

ではこの痛みはなぜ起きるのでしょうか。それは「歯ぐきが腫れているから」です。健康な歯ぐきは歯石除去を行っても痛みは感じません。むしろ心地良ささえ覚え、施術中に寝てしまう方もいます。

しかし歯ぐきが腫れている状態で歯石除去を行うと、当然痛みを感じます。歯ぐきに限らずどの部位もそうですが、腫れている部分を触ると痛みを感じます。そこへ先が少し尖ったものを当てるだけで、痛みをよりはっきりと感じてしまうことでしょう。それと同じです。

逆に言うと、腫れていない歯ぐきでは歯石除去は痛みを感じません。痛みを感じるのは歯周病が悪化しているからなのです。

この痛みは歯周病治療を受けないと改善しません。歯石除去なくして歯周病治療はありえないのです。

最初は痛みを伴ってイヤだな、と思っていても、歯周病治療でだんだん歯ぐきが引き締まってくると、歯石除去の際の痛みも感じなくなってくるものです。

歯周病で大切な歯を失ってしまわないためにも、歯周病と診断されたらきちんと歯石除去などの歯周病治療を受けるようにしましょう。

当院の歯周病治療についてはこちら

コラム監修者医療法人はぴねす 理事長 野澤修一

院長

福岡歯科大学を卒業後、福岡県・大阪府・兵庫県の歯科医院にて14年間勤務。その後、2014年9月に「はぴねす歯科石橋駅前クリニック(大阪府池田市)」、2018年6月に「緑地公園駅前クリニック(大阪府府中市)」、2020年7月に「川西能勢口駅前クリニック(兵庫県川西市)」を開院。現在は医療法人じはぴねすの理事長として3医院を運営。

ウェブ予約はこちら

アクセスマップ

はぴねす歯科_マップ

「阪急石橋駅西改札のとなり」
「ローソンの2Fです」

診療時間

  •  
  • 9:30〜13:00





  • 14:00〜20:00





  • -
 14:00〜17:00
 9:30〜14:00
【休診日】
 祝日

※ 平日最終受付は19:30迄

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032
大阪府池田市石橋1-13-1 2F

TEL:072-762-4618

診療科目

一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車で来られる方へ

自転車・バイクでご来店される方へクリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。

自転車をご利用の方は、近隣の駐車場をご利用ください。領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日のみとさせて頂きます。

初めての方へ

コンセプト

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032 大阪府池田市石橋1-13-1 2F 地図を開く

グループ医院

掲載サイト