阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
大阪 部分矯正 審美歯科 セラミック はぴねす歯科 石橋駅前クリニック TEL:072-762-4618 土日も診察しています
  • トップ>
  • ハピネスcolumn >
  • ワイヤー矯正で起こりやすいトラブルについて >

公開日:2021年11月29日

ワイヤー矯正で起こりやすいトラブルについて

ワイヤー矯正で起こりやすいトラブルについて

ガタガタの歯並びや噛み合わせの悪さを治す矯正治療は、主にワイヤー矯正かマウスピース矯正によって行われます。特にワイヤー矯正は歴史も長く、あらゆる症例において改善が可能なため、今でも矯正治療の第一選択肢としている医院も多いのではないかと思います。

そんなワイヤー矯正ですが、マウスピース矯正と比べるとややトラブルが起こりやすい傾向があります。今回は、ワイヤー矯正によって起こりやすいトラブルについてお話をいたします。

ワイヤー矯正の種類について

ワイヤー矯正は、歯の表面にブラケットという小さな部品を付けてワイヤーを通し、調整をしながら少しずつ歯を動かす方法です。ワイヤー矯正には表側矯正と裏側矯正があり、どちらも矯正治療が終了するまで装置を付けたまま日常生活を送ることになります。まずは表側矯正、裏側矯正についてご紹介します。

表側矯正

唇側に矯正装置を付ける矯正方法は、一般的に表側矯正またはラビアル矯正と呼ばれています。ガタガタの歯並びや出っ歯、受け口、開咬などあらゆる症例に対応することが可能です。

金属による装置が一般的ですが、いちばん費用を抑えられる反面、お口の中で装置が目立つため見た目が気になるというデメリットがあります。このような見た目の問題を解決するために、最近ではクリアブラケットやセラミックブラケット、サファイヤブラケットなど透明や白いブラケットといった、様々な素材が提供されるようになってきています。またワイヤーも白くコーティングされたホワイトワイヤーなど、より目立ちにくい素材を用意している医院もあります。

ただよく見ると装置が付いているのが分かるため、裏側矯正やマウスピース矯正と比べると「目立ちにくい」といった表現が当てはまると思います。

裏側矯正

歯の裏側に装置を付ける裏側矯正(リンガル矯正)は、正面から装置が全く見えないことで人気が高い矯正方法です。見た目が気になるけどワイヤー矯正で治療をしたい、マウスピース矯正では難しく、ワイヤー矯正でないと治せない、でも装置が見えるのがちょっと・・・という方に合った治療法です。

見えない矯正治療として人気のある裏側矯正ですが、表側矯正に比べると症例の範囲がやや狭いのがデメリットです。代表的な症例が、噛み合わせが深い「過蓋咬合」です。過蓋咬合の場合、下の歯が上の歯にすっぽりと治まってしまうため、下の歯が歯の裏側に取り付けたブラケットに当たることでブラケットが取れてしまいます。このようなことから、過蓋咬合の方は裏側矯正ができません。

また舌が大きく厚い方は、装置が舌に当たりやすく傷ができてしまうのを繰り返してしまうため、裏側矯正は不向きです。

ワイヤー矯正で起こりやすいトラブルとは?

ワイヤー矯正は、マウスピース矯正と比べると装置が複雑です。そのためマウスピース矯正よりもトラブルが起こりやすくなってしまいます。よく知られているのは矯正中の虫歯ですが、それ以外にもワイヤー矯正に起こりやすいトラブルはいくつかあります。それではワイヤー矯正における主なトラブルをご紹介いたします。

ワイヤーが出てきて粘膜に当たる痛み

ワイヤー矯正で多いトラブルが、ワイヤーが飛び出てきて歯ぐきや唇に当たり、痛みを感じることです。飛び出てしまっているワイヤーの先端が直接粘膜に当たるため傷になってしまうこともあります。このようなトラブルが起きた場合、専用のワックスを付けて対処します。

ブラケットが外れてしまった

歯の表面に付けているブラケットが外れてしまうことがあります。主に強い力が加わったときや、固いものを噛んだ際に取れてしまった、ということなどがあります。基本的にブラケットにはワイヤーが通っているので口腔内に落ちるということはありませんが、ブラケットが外れたままだと内頬など粘膜に当たって痛みを感じることがあります。調整の日が次の日などの場合ならそのままでも構いませんが、受診の日がまだ先の場合、早めに連絡をして指示を仰ぎましょう。

ゴムの変色

ワイヤー矯正の場合、専用のゴムを使って歯の動きをコントロールしますが、このゴムが着色により変色することがあります。特にカレーやハヤシライスなど色素の濃いものはゴムの変色に繋がり、お口の中で目立ってしまいます。この特徴を知っている方は、カレーなどの色素の濃いものは、ゴム交換の前日などに召し上がることでトラブルを回避しておられます。

歯肉炎

ワイヤー矯正は特に歯磨きがしにくいため、汚れが残りがちになります。特に見えにくい奥歯などは装置が付いていることで余計に歯磨きがし辛く、磨き残しが多くなってしまいます。そのため歯ぐきが腫れやすく、歯肉炎のトラブルが何度も起きてしまいがちになります。

歯肉炎は毎日の念入りな歯磨きでトラブルを防ぐ努力が必要ですが、それでも汚れが残りやすいため毎月の歯科医院でのクリーニングを欠かさないようにしましょう。それでも改善が見られず歯肉炎の悪化傾向が認められたら最悪の場合、矯正治療を中断しなければならないこともあります。

装置撤去後の脱灰

これも歯磨き不足によるものですが、虫歯の一歩手前の脱灰状態となっており装置を外したら歯に装置の形がついて白くなっていた、ということがあります。せっかく矯正治療で歯並びをきれいに整えたにもかかわらず虫歯菌によって歯の表面が溶けてしまうと、虫歯に進行しないように治療が必要となります。

ワイヤー矯正に起こりやすいトラブルを事前に理解しておきましょう

ワイヤー矯正に起こりやすいトラブルをご紹介しました。ワイヤー矯正はほとんどの症例に対応できる反面、複雑な作りになっているため、どうしてもトラブルが起きやすくなってしまいます。ワイヤー矯正で起こりやすいトラブルを事前に知っておくことで慌てずに対処することができると思いますので、ワイヤー矯正に起こりやすいトラブルを事前に理解しておくことをお勧めします。

 

当院の矯正治療についてはこちら

 

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618