阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
大阪 部分矯正 審美歯科 セラミック はぴねす歯科 石橋駅前クリニック TEL:072-762-4618 土日も診察しています
  • トップ>
  • ハピネスcolumn >
  • 大人の予防治療が必要な理由とは >

公開日:2021年2月12日

大人の予防治療が必要な理由とは

大人の予防治療が必要な理由とは

 

虫歯がなく、歯周病に悩まされることなく生涯ご自身の歯で食事ができることほど幸せなことはありません。歯は失って初めてその大切さを痛感するものです。生涯ご自身の歯の健康を維持するためには、お口の中の状態を良好にしておく「予防」が必要です。今回は、大人の予防治療の大切さについてお話したいと思います。

 

大人の歯の二大疾患

子どもの頃によく歯医者へ通ってたけど、今では虫歯もなくすっかり歯医者とはご無沙汰、という方はいませんか?確かに歯医者さんと聞くと、子どもが通うイメージがあるかもしれません。また痛みがなければ歯医者へ行く必要もない、と思う方もおられることでしょう。また小さいころからいちども虫歯になったことがなく、歯医者へ行ったことがない、という方もおられると思います。

 

しかし、「自分は歯が丈夫だから虫歯なんてならない」と自信に満ちた方ほど注意が必要です。大人になって歯が痛くないからと言って、決して歯のトラブルがこの先起こらないという保証はどこにもありません。大人だからこそ、歯の健康維持に努めなければいけないのです。

 

大人の歯に起こりやすい疾患その一「歯と歯の間の虫歯」

虫歯と聞くと、子どものイメージが強いのではないでしょうか。しかし虫歯に大人も子どももありません。大人の虫歯の場合、子どもと同じように歯に大きく穴が開いてしまっている虫歯よりは歯と歯の間にむし歯ができるパターンのほうが多く見られます。

 

毎日きちんと歯磨きをしているのに、なんで歯と歯の間にむし歯ができるの?と思うかもしれませんが、これは歯と歯の間に残った汚れが原因です。歯ブラシを使った歯磨きをしていても、歯間はどうしても汚れが残ってしまいます。そこに虫歯菌が寄ってきて酸を出し、虫歯を作り出してしまうのです。

 

小さな歯間の虫歯はレジンで治療することができます。しかし治療した箇所が、何年後かに再発する可能性があります。いちど虫歯菌がお口の中に入ると、その後はずっとお口の中に居続けるため大人になってからも虫歯には注意が必要です。

 

大人の歯に起こりやすい疾患その二「歯周病」

歯周病は、歯ではなく歯を支える組織に起こる炎症です。成人の場合、虫歯よりもむしろ歯周病で歯を失う可能性のほうが高いと言われています。

 

歯周病菌がお口の中にいると、プラークに棲みついて毒素を出し、歯ぐきや歯を支える歯槽骨といった歯周組織に炎症が起こります。最初は歯ぐきの腫れと歯ブラシ時の出血から始まりますが、これは歯肉炎とほぼ同じです。この段階で適切なブラッシングと処置を受けることでほとんどの場合改善しますが、年齢を重ねるにつれ、だんだんと歯周病の兆候が表れ出てきます。

 

歯周病は、虫歯のような強い歯の痛みを感じません。しかし歯ぐきが重い感じがする、といった違和感があります。ここで受診するかしないかで、その後の歯の健康に違いが出てきます。

 

歯周病が進行すると、歯ぐきの腫れや出血だけでなく、歯を支えている歯槽骨に影響が出始めます。歯周病菌により歯槽骨が少しずつ吸収し始め、それまでしっかり支えられていた歯が動くようになります。軽い動揺なら歯ぐきが引き締まることで改善が見込めますが、そのまま症状が悪化すると歯槽骨はどんどん吸収され、骨がなくなって歯を支えることが困難になります。ここまでくると歯を支えられず、グラグラして噛めなくなってきます。

 

歯周病の怖さは糖尿病や脳梗塞など全身疾患にも関わりがあると言われており、虫歯のように一本の歯だけで済まないのが特徴です。一本グラグラの歯があると、他の歯も歯周病の影響を受けることが虫歯との大きな違いです。

 

大人の予防治療は、お口の健康維持に欠かせません

 

では虫歯や歯周病から歯やお口の健康を維持するにはどうすればよいのでしょうか。

 

虫歯治療をすると、その後は同じ個所がまた虫歯になる二次カリエスのリスクが高まります。再治療を繰り返すごとに歯はどんどん削られ、最終的に歯を残すことができなくなるかもしれません。

 

また歯周病は症状が進むと、ほとんどの歯に影響が出てしまいます。これまで虫歯がなかったにもかかわらず、歯周病で歯を残すことができなくなると、一本、また一本と歯を失う可能性が非常に高くなります。

 

その結果、自分の歯で食事を美味しくいただくことが困難となります。歯は失ってはじめて、その有難さを痛感するのです。

 

このようなことにならないためにも、定期的に予防処置を受けることが大切です。予防処置は定期検診と同じ意味合いを持ちます。つまり定期的に歯石除去やクリーニングを受けることで虫歯や歯周病を未然に防ぐ、あるいは症状を悪化させないことが、大切な歯の維持に繋がるのです。

 

痛くないから歯医者に行かない、ではなく「虫歯や歯周病にならないように未然に予防する」という心構えが、将来のお口の健康を大きく左右するのです。

 

失ってからその大切さを痛感するのではなく、未然に予防する意識を身に付けたいものです。

 

 

当院の予防歯科についてはこちら

ウェブ予約はこちら

アクセスマップ

はぴねす歯科_マップ

「阪急石橋駅西改札のとなり」
「ローソンの2Fです」

診療時間

  •  
  • 9:30〜13:00





  • 14:00〜20:00





  • -
 14:00〜17:00
 9:30〜14:00
【休診日】
 祝日

※ 平日最終受付は19:30迄

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032
大阪府池田市石橋1-13-1 2F

TEL:072-762-4618

診療科目

一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車で来られる方へ

自転車・バイクでご来店される方へクリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。

自転車をご利用の方は、近隣の駐車場をご利用ください。領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日のみとさせて頂きます。

初めての方へ

コンセプト

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032 大阪府池田市石橋1-13-1 2F 地図を開く

グループ医院

掲載サイト