阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
大阪 部分矯正 審美歯科 セラミック はぴねす歯科 石橋駅前クリニック TEL:072-762-4618 土日も診察しています

ハピネスcolumn

公開日:2021年3月8日

歯ぐきが下がる原因について

歯ぐきが下がる原因について

若いころはキュッと引き締まった健康な歯ぐきだったのに、だんだん歯ぐきが下がってきて歯が長く見えるようになってきた・・・こんな経験をお持ちの方はいませんか?歯ぐきが下がると確かに年齢を感じさせる口元になってしまいます。

 

歯ぐきが下がる理由の多くは加齢ですが、加齢だけが歯ぐきの下がる原因ではありません。若くても歯ぐきが下がってしまうことがあるのです。では歯ぐきが下がるのは、どんなことが原因なのでしょうか。

 

理想的な歯ぐきとは?

 

お口の健康は、歯と歯ぐきの健康から成り立ちます。歯のトラブルの代表は虫歯であり、虫歯がなければお口の中は健康であると思われがちです。

 

しかしお口の健康は、歯だけではありません。歯を支えるための歯周組織が健康でなければ、お口元全体が健康であるとは言い難いものです。

 

歯だけでなく、歯ぐきの状態はお口全体の健康に影響するものです。例えば虫歯が一本もないにもかかわらず、歯ぐきが下がっていると、口元が老けて見える印象を与えてしまいます。歯ぐきの状態は、お口の中の健康を大きく左右し、見た目にも大きく関わります。

 

では健康的な歯ぐきで下がっていないいったいどのような定義なのでしょうか。理想的な歯ぐきとは、キュッと引き締まった、ピンク色の歯ぐきです。歯ぐきが腫れておらず、触ると程よい固さで、ブラッシング時に出血するといったこともありません。

 

また歯と歯の間に入り込んでおり、キレイな三角の形であることが理想です。口元の清潔感は歯の健康はもちろん、歯ぐきの状態によっても左右されるといっても過言ではないでしょう。

 

歯ぐきが下がる原因とは?

若いうちはキレイな歯ぐきでも、年齢を重ねるにつれてだんだん歯ぐきが下がってきます。歯ぐきが下がると歯が長く見えてしまうため、口元の印象も変わってしまうことがあります。加齢によって少しずつ歯ぐきが下がってしまうのは致し方ありません。しかし歯ぐきが下がる原因が加齢以外にある場合、対策が必要となります。

 

では加齢以外に歯ぐきが下がる原因は何が考えられるのでしょうか。

 

1.歯周病

 

歯ぐきが下がる大きな原因は、歯周病です。歯周病になると歯ぐきに炎症が起こり、歯ぐきが腫れて締まりがなくなってきます。歯肉炎でも同じですが、歯ぐきが腫れるとブヨブヨと柔らかくなり、歯磨きの時に出血するようになります。さらに症状が進むと歯周炎へと進行し、歯ぐきの炎症だけでは済まなくなってきます。歯を支える歯周組織に炎症が広がり、少しずつ歯槽骨が吸収されていきます。

 

歯槽骨が吸収されると歯を覆っている歯ぐきも同時に下がってしまいます。これが歯周病による歯ぐき下がりの原因です。

 

2.食いしばり、噛み合わせの悪さ

 

無意識の食いしばりや歯ぎしり、噛みしめによって歯ぐきが下がることがあります。食いしばりは歯に過度な負担がかかり、歯槽骨が吸収されて歯ぐきが下がることが考えられます。歯周病は歯ぐきの腫れや歯周ポケット数値などから判断できますが、歯周病でないのに歯ぐきが下がる場合、無意識の食いしばりがあるのかもしれません。

 

また噛み合わせが悪く、一部の歯に負担がかかるとその部分の歯ぐきが下がってしまうことがあります。噛み合わせのバランスが悪いことで歯ぐき下がりを招くことがあります。

 

3,圧が強すぎるブラッシング

 

しっかり歯を磨こうとするあまり、ゴシゴシと強く歯を磨いていませんか?これは間違ったブラッシングであり、歯ぐきの下がりを招きます。歯ぐきが下がると歯の根元が露出し、冷たいものや歯ブラシの毛先が触れると痛みを感じる知覚過敏の症状を招きかねません。また歯ぐきが傷付いて赤く腫れて痛みを感じます。

 

4.矯正治療の影響

 

矯正治療によって、歯ぐきが下がることがあります。矯正装置が与える力により骨の吸収が起こり、歯が動きます。その際歯槽骨も減ってしまうことがあります。その結果、歯ぐきも下がる、と言う現象が起きてしまうことがが考えられます。

 

まずは歯ぐきの状態を確認してみましょう

 

何気なく鏡を見たときに「歯ぐきが下がってない?」「前に比べて歯が長くなってる気がする」という方は、歯ぐきに何らかの原因があります。というのも、成人してから歯が伸びるということはないからです。歯ぐきが下がる原として最も注意すべきことは、歯周病の進行です。歯周病が進行すると歯槽骨の吸収という危険性が出てきます。いちど歯槽骨の吸収が始まると、元に戻すことはほぼ不可能です。これ以上歯周病が悪化しないよう、歯周病治療や定期検診をきちんと受けることが必要です。

 

歯ぎしりや食いしばり、噛み合わせの悪さが原因の場合、症状に応じた治療や改善策が必要です。そのままにしておくと歯ぐきが下がるばかりか、歯や顎の骨にもダメージが加わってしまいます。

 

そして間違ったブラッシングも改善が必要です。本来なら強い圧は必要ありません。軽い力で丁寧に磨くことで汚れを落とすことができますが、どのくらいの力加減かわからない場合、かかりつけの歯科医院でブラッシング指導を受けると良いでしょう。

 

歯ぐきの状態はご自身でチェックすることができます。ただの加齢だろう・・・とそのままにしておくと、歯周病などの発見が遅れ、後悔する結果となるかもしれません。もし歯ぐき下がりが気になったら、その原因を明らかにするためにもまずはかかりつけの歯科医院に診てもらいましょう。

 

 

当院の予防治療についてはこちら

ハピネスcolumn 一覧へ

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618