阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
大阪 部分矯正 審美歯科 セラミック はぴねす歯科 石橋駅前クリニック TEL:072-762-4618 土日も診察しています
  • トップ>
  • ハピネスcolumn >
  • 歯周病と糖尿病の怖い関係性 >

公開日:2020年10月30日

歯周病と糖尿病の怖い関係性

歯周病と糖尿病の怖い関係性

歯周病は歯を失うだけでなく、全身の健康にも大きく影響することが分かっています。

その中でも特に糖尿病との関連性が深く、どちらかが悪化するともう一方も悪化する傾向にあると言われています。

糖尿病も歯周病も、じわじわと進行する怖い病気ですが、いったいどのような関連性があるのでしょうか。

糖尿病について

糖尿病は高血圧と並ぶ生活習慣病のひとつです。わたしたちは食事をして栄養素を体内に取り込んで生命を維持します。特にでんぷんなどの糖質は、エネルギー源として欠かすことができません。食事によってとりこまれた糖質は消化されてブドウ糖となり、血液中から全身へまわって細胞に取り込まれ、エネルギー源となります。

食後は血糖値が高くなりますが、健康な人の場合、インスリンの働きによりブドウ糖がエネルギーとして消費され、血糖値が正常に保たれています。

ところが糖尿病は、インスリンの働きが不十分な状態を言い、体内にあるブドウ糖が有効に使われず、血糖値が高いままになっています。その結果、糖尿病を発症してしまいます。

糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があり、その多くは食生活や運動不足といった生活習慣の悪化により、インスリンの分泌が悪くなる2型糖尿病と言われています。

糖尿病の怖いところは、様々な合併症が起こることです。糖尿病網膜症による失明の恐れ、腎機能の悪化による高血圧、傷口の治りが悪く化膿しやすくなる、あるいは壊死する、血が止まりにくいため外科処置の際に危険を伴うなど、様々な合併症が起こってしまいます。

これは、糖尿病による免疫力の低下や修復力の低下が大きく関わっているのです。

このように、糖尿病は直接死に関わることはありませんが、糖尿病に罹患していることで、色々な弊害が出てしまうのです。

歯周病と糖尿病の関連性について

歯周病は、歯周病菌が出す毒素により歯を支える歯周組織に炎症が起こる病気です。そのままにしておくと歯が抜けてしまう、ということは随分知れ渡るようになり、歯周病に対する危機意識が高まっている傾向ではないかと言えます。

しかし、糖尿病と歯周病に関連性があるということは、まだそれほど周知ではないかもしれません。ではどのような流れで、歯周病と糖尿病は関連性が深まっていくのでしょうか。

まず糖尿病になると免疫力が弱まり、細菌に対する白血球の働きが低下します。またブドウ糖が上手に消費できず、高血糖状態になります。高血糖になると非常に喉が渇き、お口の中が乾いて唾液の分泌量が減少します。

唾液の分泌量が減ると細菌は爆増し、歯周病菌がお口の中で活発に暴れまわります。その結果歯周病になりやすい状態を作り出してしまうのです。

また逆のパターンも存在します。つまり歯周病になると、糖尿病に〇リスクも高まってしまうということです。

歯周病になると炎症性物質が作られ、血糖値を安定させるインスリンの働きを抑制してしまいます。インスリンの分泌が悪くなると血糖値のコントロールが悪くなって高血糖状態を作り出し、糖尿病になってしまう、ということです。

つまり糖尿病の人は歯周病になりやすく、歯周病の人は糖尿病のリスクが高くなる、という悪の相互関係が成り立ってしまうのです。

歯周病治療をすることで、血糖値が改善されることも

歯周病の予防や悪化を防ぐためには、プラークコントロールが欠かせません。特に糖尿病の方はしっかりとプラークコントロールを行わないと、一気に悪化の一途を辿り、重症化してしまう恐れがあります。急速に歯槽骨の吸収が進み、歯が動き始めたらあっという間に抜けてしまった・・・では後悔してもし切れないことでしょう。

歯周病と診断された方は、糖尿病の有無にかかわらず適切な治療を受けて頂くことが最優先となります。歯周病治療には超音波機械を使った歯石除去、歯ぐきの下に付いている歯石を手動で取り除くSRP、外科処置であるフラップオペレーション、内科的治療も併用する歯周内科などがあります。

このような方法を用いて患者さんの状態に応じた治療プログラムで治療を進めていくことで、歯周病の悪化を防ぎ、改善へと導くことが可能となります。

また同時に糖尿病の方は、歯周病治療を行うことで炎症性物質の働きを弱め、血糖値のコントロールが改善されやすくなると言われています。

歯周病も糖尿病も「サイレントキラー」という恐ろしい病

歯周病は虫歯みたいな痛みはあまりありません。自覚症状をあまり感じないまま症状が進行してしまうため、「なんだか歯がグラグラしてきたな」と感じ始めたころには、既に重症化していることがほとんどです。

糖尿病も同じで、痛みなどを感じません。最近やけに喉が渇く、何をしたわけでもないのにだるい、疲れやすい、痩せてきたという自覚症状を感じる頃は、糖尿病が進行した状態であると考えられます。

このように歯周病も糖尿病も自覚症状がなく、「サイレント・キラー」と呼ばれています。またどちらも生活習慣病であり、病的要因がある1型糖尿病を除き、予防することが可能です。歯周病を予防し、歯周病と診断された場合はきちんと歯周病治療を受けることが、お口の健康そして全身の健康を守ることになるのです。

当院の歯周病治療についてはこちら

コラム監修者医療法人はぴねす 理事長 野澤修一

院長

福岡歯科大学を卒業後、福岡県・大阪府・兵庫県の歯科医院にて14年間勤務。その後、2014年9月に「はぴねす歯科石橋駅前クリニック(大阪府池田市)」、2018年6月に「緑地公園駅前クリニック(大阪府府中市)」、2020年7月に「川西能勢口駅前クリニック(兵庫県川西市)」を開院。現在は医療法人じはぴねすの理事長として3医院を運営。

ウェブ予約はこちら

アクセスマップ

はぴねす歯科_マップ

「阪急石橋駅西改札のとなり」
「ローソンの2Fです」

診療時間

  •  
  • 9:30〜13:00





  • 14:00〜20:00





  • -
 14:00〜17:00
 9:30〜14:00
【休診日】
 祝日

※ 平日最終受付は19:30迄

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032
大阪府池田市石橋1-13-1 2F

TEL:072-762-4618

診療科目

一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車で来られる方へ

自転車・バイクでご来店される方へクリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。

自転車をご利用の方は、近隣の駐車場をご利用ください。領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日のみとさせて頂きます。

初めての方へ

コンセプト

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032 大阪府池田市石橋1-13-1 2F 地図を開く

グループ医院

掲載サイト