阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
大阪 部分矯正 審美歯科 セラミック はぴねす歯科 石橋駅前クリニック TEL:072-762-4618 土日も診察しています
  • トップ>
  • ハピネスcolumn >
  • 歯周病の口臭がひどいのはなぜ?原因と対策について >

公開日:2021年6月28日

歯周病の口臭がひどいのはなぜ?原因と対策について

歯周病の口臭がひどいのはなぜ?原因と対策について

口臭の原因はひとつではなく、色々な要因が考えられます。その中でも歯周病が原因の口臭は、強烈な臭いを放ちます。ご本人は気づいていないかもしれませんが、歯周病が原因の口臭は、周りを不快な気分にさせてしまいます。では歯周病が原因の口臭はなぜひどいのでしょうか。今回は歯周病によるひどい口臭の原因と対策についてお話いたします。

歯を失う原因のトップである歯周病

歯を失うかもしれないトラブルの代表と言えば、まず虫歯が思いつくかもしれません。しかし虫歯だけでなく、今では歯周病が歯を失う原因のトップであると言われています。

虫歯は痛みを感じることで虫歯になっていることに気づきやすいやすいでしょう。これに比べ、歯周病は痛みをあまり感じないまま症状が進行していくため、歯周病と気が付いた時にはすでに歯を残すことが難しい状況であることが大きな特徴です。

自覚症状に気付き、早い段階で適切な治療を受けることで歯を残すことができますが、痛みがないからといってそのまま放置しておくと、歯周病菌によって歯を支える歯槽骨が吸収されてしまいます。症状が悪化すると歯がぐらぐらになり、歯が自然に抜けてしまったり抜歯せざるを得なくなってしまいます。

そして虫歯との大きな違いは、症状の範囲です。虫歯は一本の歯に影響が出ますが、歯周病の場合、顎の骨の吸収が広範囲に起こります。そのため一本の歯だけでは済まなくなり、最悪の場合数本の歯を一気に失う可能性があります。

このように、最近では虫歯よりも歯周病のほうが歯を残せないケースが多い病気なのです。

なぜ歯周病の口臭はひどい?

口臭でお悩みの方はとても多いと思います。健康な方やお口の中にトラブルがない方でも生理的な口臭というのは存在しますが、ご自身が思うほど気にするほどではありません。

しかし歯磨きがきちんとできておらず、お口の中に虫歯などのトラブルがある場合や、胃腸が弱っているときなどは気になる臭いが発生しやすくなっています。特に歯周病の場合、虫歯の口臭と比べるとはるかに強烈な悪臭を放つため、ご自身で口臭がきつくなったと気付く方もあるかもしれません。しかしその原因が歯周病であることに気付いていない方が多いのが実情です。

歯周病は、歯周病菌によって歯を支える歯周組織に炎症を引き起こす病気です。そして強い口臭を引き起こしているのが、歯周病原菌が歯周ポケット内に繁殖して発生させるガスです。

歯周病菌は空気を嫌い、歯周ポケット内部の湿った場所に潜んでガスを発生させます。このガスは硫化水素やメチルメルカプタンなどと呼ばれる物質が主成分です。

これらは「排泄物やドブの臭い」「魚などたんぱく質が腐った臭い」と言われており、このような臭いが混ざった歯周病特有の口臭がどのような悪臭であるか、想像ができることでしょう。そしてこのような臭いがご自身の口から発せられていると思うと、きっと絶句するのではないでしょうか。

歯周病が原因の口臭対策とは?

口臭が気になるからといって、口臭対策グッズをやみくもに使っても、一時的に臭いが緩和されるだけであって、口臭を取り除くことはできません。それどころか、かえって口臭の悪化を招いてしまうことになりかねません。それは根本的な原因に対する対策がなされていないからです。

では歯周病が原因の口臭は、どのように対処すればいいのでしょうか。

1.歯科医院で歯周病治療を受ける

歯周病の原因は、プラークと歯石です。プラークは柔らかい汚れですが、プラークが溜まると歯ぐきが腫れ、歯周ポケットを深くさせてしまいます。歯周ポケットが深くなると歯周病菌が喜んで棲み着いてガスを発生させ、口臭を発生させます。また歯石はプラークが石灰化したものですが、歯石が溜まったままになると新たなプラークが蓄積され、歯周病を悪化させてしまいます。

これらのプラークや歯石を取り除くためには、歯科医院で専用の器具や薬剤を使って取り除き、歯ぐきを正常な状態へと導く歯周病治療が必要です。主な治療内容は、歯石除去と歯の表面のクリーニングです。

歯周病治療はいちどで終わるものではありません。歯ぐきの状態に応じて何度か歯石除去やクリーニングを行い、歯ぐきの状態を改善させることで症状を緩和させます。この治療を行うことが、結果的に歯周病による口臭の改善に最も効果を引き出すのです。

2.デンタルフロスや歯間ブラシを使う

毎日の歯磨きの際にデンタルフロスや歯間ブラシは使っていますか?歯ブラシだけでは歯と歯の間の汚れを落とすことができません。歯の間に残った汚れがプラークとなって、歯ぐきに炎症を引き起こして歯周病へと進行してしまいます。そして結果的に歯周病による口臭を引き起こしてしまうため、歯と歯の間のケアを必ず行うことが、歯周病による口臭改善となります。一日に一度でもいいので、しっかりとケアをしましょう。それに加えて歯周病対策用の洗口剤などを使うと、よりしっかりとお口の中のケアができます。

3.定期検診を欠かさず受診する

歯周病治療が一通り終わっても、引き続き歯周病対策は必要です。歯周病治療後は、定期検診を必ず受診しましょう。歯周病治療を終えても、必ずプラークや歯石は付着してきますが、定期的に歯石除去やクリーニングを受けるとお口の中の歯周病菌をコントロールすることができるため、口臭も抑えらえます。反対に、定期検診を受けなければ再び歯周病が悪化し、ひどい口臭へと逆戻りしてしまいます。定期検診の間隔は人によって異なりますが、必ず受診して歯周病の進行や悪化を防ぎましょう。

歯周病によるひどい口臭は、まず歯周病治療から

歯周病によるひどい口臭は、まず原因となっている歯周病治療から始めなければいけません。歯周病はひどい口臭だけでなく、歯を失うリスクが高いため、「最近口臭がひどくなった気がする」と思われる方は、早めに歯科医院へ相談し、適切な処置を受けましょう。

 

当院の歯周病治療についてはこちら

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618