阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
大阪 部分矯正 審美歯科 セラミック はぴねす歯科 石橋駅前クリニック TEL:072-762-4618 土日も診察しています
  • トップ>
  • ハピネスcolumn >
  • 矯正中は着色しやすい食べ物は避けたほうがよい? >

公開日:2021年6月21日

矯正中は着色しやすい食べ物は避けたほうがよい?

矯正中は着色しやすい食べ物は避けたほうがよい?

ワイヤー矯正はしっかりと歯が動き、ほとんどの症例に対応できる矯正治療法ですが、矯正が終了するまで装置を付けたまま過ごします

そのため装置を付けた状態で毎日の食事を行う必要があります。そこで気になるのが、矯正中の食事によって、装置が着色しないかどうかではないでしょうか。今回は、矯正中の食べ物による着色の心配を中心にお話いたします。

矯正中に着色しやすい食べ物とは?

歯は日常の飲食により、少しずつ色素が歯に付着して歯の色をくすませてしまいます。これと同じように、ワイヤー矯正では装置に食べ物の色素が付いてしまうことがあり、矯正中であっても装置の汚れが気になることと思います。

歯や矯正装置に着色しやすい食べ物と言えば、カレー、コーヒー、赤ワイン、ウーロン茶、ミートソース、デミグラスソースなどといった色素の濃いものです。

白い布の上にうっかりこぼしてしまうと汚れがなかなか落ちず、うっすらと跡が残る食べ物がありますが、それらの飲食物が歯や装置に着色しやすいと思っていただけるとわかりやすいと思います。

特にカレーやコーヒーなどは、皆さん大好きな食べ物だと思いますが、装置への着色が気になる方は、矯正中はできれば避けたほうがよい飲食物です。

しかし矯正装置の着色が気にならない方は、矯正治療の進みに問題はありませんので召し上がっていただいても問題はありません。

矯正装置のどの部分が着色しやすい?

ではワイヤー矯正の場合、装置のどの部分が着色しやすいのでしょうか。

ワイヤー矯正には金属の装置であるメタルブラケットと、審美性を考慮したセラミックブラケット、プラスチックブラケットがありますが、矯正治療を進めるうえで必要な細かい部品があり、使われている素材によっては着色しやすいものがあります。それがプラスチック、ゴムといったものであり、食べ物による着色の原因になります。主なものとしてブラケットとブラケットを繋ぐゴム、ブラケットとワイヤーをとめる白い針金などがあり、飲食物によって着色しやすいと言えます。

セラミックブラケットは審美性を考慮したブラケットで、着色しやすいカレーなどを召し上がってもほとんど色が付きません。しかし似たような素材であるプラスチックブラケットは樹脂を使用しているため、ブラケットの中では着色しやすい素材です。

最も着色の心配がない素材は、メタルです。金属のため着色の心配が全くありません。ただゴムを使うことがある場合、ゴムの部分が着色してしまいますが装置そのものが目立つため、そこまで着色は気にならないでしょう。

このように、矯正中は着色しやすい部品を使っていることから、着色による審美性を気にする方はカレーやコーヒーなどといった色素の濃い食べ物は避けたほうがよいと言えるでしょう。

 

もし矯正中に着色しやすいものを食べてしまったら?

結論から言うと、色素が濃く着色しやすい食べ物をメシア上がった直後に頑張って歯磨きをしても、装置やゴムに着色を完全に落とすことは困難です。頑張って歯ブラシでごしごしと磨いても、吸収しやすいゴムなどは着色を落とすことができません。また歯ブラシで強くこすってしまうと、ホワイトワイヤーの部分が剥げてしまう恐れがあります。

またブラケットの脱落にも繋がりかねません。着色しやすい食べ物を食べたからといって、歯ブラシで強くごしごしこするのは禁物です。

ワイヤー矯正の場合、月1回の割合でワイヤーの調整を行います。その際ゴムも交換しますのでこのタイミングで汚れたゴムを交換することで対応できます。

この方法が最も効果的で合理的ではないかと思います。

中には調整の日に合わせて数日前にカレーなど着色しやすいものを召し上がるなど、自分なりのサイクルで好きな食べ物を召し上がっている方もおられるので、参考にしてみてください。

なおゴムが黄ばんだからといって、ものすごく審美性を下げるかといえば、そうでもありません。ご自身が気にするほど周りの目からは気づきにくい場合がほとんどですので、あまり神経質にならなくても大丈夫です。

矯正中の装置の着色が気になる方は、気にならない矯正法を選択することも

歯の表側に装置を付ける場合、どうしても装置への着色が気になるかもしれません。新しいゴムに交換することである程度対処できますが、矯正治療は長期間治療が続きます。好きな食べ物を食べられないいストレスが溜まると、矯正治療そのものが嫌になってしまうかもしれません。

好きな食べ物を食べたい、でもどうしても着色させたくないと思う方は、マウスピース矯正あるいは裏側矯正にされることをお勧めします。

マウスピース矯正の場合、食事のときにマウスピースを外すため装置が汚れません。また裏側矯正は装置が表側から完全に見えないので、装置に色素がついても人目が気になりません。

今はマスク生活で人目をあまり気にせず矯正治療を行えますが、矯正治療中も笑顔で過ごすために最適な方法を相談してみましょう。

 

当院の矯正治療についてはこちら

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618