阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
大阪 部分矯正 審美歯科 セラミック はぴねす歯科 石橋駅前クリニック TEL:072-762-4618 土日も診察しています
  • トップ>
  • ハピネスcolumn >
  • 詰め物や被せ物が外れてしまう原因とは? >

公開日:2021年2月18日

詰め物や被せ物が外れてしまう原因とは?

詰め物や被せ物が外れてしまう原因とは?

虫歯治療で削った部分を修復するには、レジンや詰め物、神経を取った歯には被せ物が使われます。しかし虫歯治療を終え、歯科素材で修復したはずの詰め物や被せ物が外れてしまうことがあります。虫歯治療をした歯は治っているのになぜ?と思うかもしれませんが、詰め物や被せ物が外れるということは、何か問題が起きているということなのです。

 

では詰め物や被せ物が外れてしまうのは、どのようなことが原因として考えられるのでしょうか。

 

詰め物や被せ物が外れてしまう原因とは?

 

1.歯と修復物の不適合

まず考えられる原因として、歯と修復物が合っていない、つまり不適合のため詰め物や被せ物が外れてしまうことが挙げられます。

 

虫歯になると、まず虫歯の部分を取り除かなくてはいけません。そのためには歯を削る必要があります。ほんの小さな穴なら削る範囲も狭く、白いレジンを詰めることで修復できます。しかしレジンでも、前歯や奥歯など噛むことが多い場所はレジンが取れてしまうことがあります。

 

また神経に近い場合や完全に神経まで進行した虫歯の場合は詰め物を、根管治療を行った歯は被せ物を被せて削った部分を修復します。この際、歯と修復物の形成や適合が悪いと外れてしまうことがあるのです。

 

本来、歯と人工的に作った修復物はどんな精巧に作製しても完璧に適合するわけではありません。例えば部屋の壁紙で考えてみましょう。模様のつなぎ目や貼り方も完璧で、どこからどう見ても修復したとは思えない、新品そのものに見えても、人工的に修復したものは必ずそこから綻び始めます。数年後にその壁紙がはがれてきたところは、必ず修復した部分からなのです。

 

歯の治療でも同じことが言えます。どんなに精巧に精密に作製された技工物であっても、いずれは取れてしまうものであり、どんなに優れた修復物でも天然の歯には決して適わないのです。

 

2.修復物の下の再発虫歯

 

被せ物が外れるもうひとつの原因は、虫歯の再発です。被せ物の不適合よりも、虫歯の再発によって修復物が外れるほうが圧倒的に多いと言えます。

 

虫歯治療を終えた歯は再び虫歯になる率が高く、被せ物の下で虫歯が再発することにより、被せ物が外れてしまいます。

 

これは修復物の適合と少し重なりますが、特に保険診療の場合、使用できる素材に限りがあります。その代表が、金銀パラジウム合金を使った詰め物や被せ物です。金属は歯との適合性が良くなく、歯と詰め物、被せ物との間にわずかな段差が生じます。

 

そこから虫歯菌を含んだ唾液が入り込んで、内部に虫歯を作ります。特に神経を取った歯は痛みを感じないため、被せ物がポロっと取れて初めて内部が虫歯になっていることに気付くことが多いのです。

 

金銀パラジウムやレジン、CAD/CAM冠といった素材を使った被せ物は、周りにプラークが付きやすいのも虫歯の再発を招く大きな原因です。オールセラミックなどセラミック素材は滑らかでプラークが付きにくく、歯との密着性も優れていますが、レジンや金銀パラジウムは表面がザラザラしていること、適合性に劣ることから二次カリエスになりやすい素材であることがわかります。

 

詰め物や被せ物の下で再発した虫歯は再治療が必要になります。再治療が必要と言うことは、歯を削ることになります。歯を削った穴が大きくなるため、レジンで済んでいたものが詰め物になり、詰め物で何とかなっていたものが被せ物になる・・・というふうに、再治療すると前よりも歯を削るため、当然穴は大きくなり、その分修復する範囲は広くなってしまいます。

 

そして気を付けておかなければならないのが、再治療した歯は再び二次カリエスの可能性が高くなるということです。再治療を繰り返すごとに歯はどんどん削られ、最終的に被せ物で対処できず、抜歯が避けられない状況になります。

 

このように、詰め物や被せ物が外れてしまうもうひとつの原因は、虫歯の再発によるものが大きく関係しています。

 

詰め物や被せ物が外れないようにするためには?

 

詰め物や被せ物が外れてしまうのを避けるには、どうすればいいでしょうか。

 

虫歯の再発ではなく、歯と修復物の不適合によるものが原因の場合、物理的な問題があるためご自身ではどうすることもできないかもしれません。ひとつ提案するとすれば、修復物が外れてしまった際、適合性の良いセラミッククラウンなどを選ぶことです。

 

特に問題がなく、取れてしまった修復物をそのまま再装着することもできますが、長い目で見るとセラミックにすることで耐久性が向上し、二次カリエスのリスクも保険のものよりはぐっと抑えることができるため、メリットが大きいと言えます。

 

そして二次カリエスを少しでも抑えるためには、定期検診を欠かさず受けることです。定期検診ではクリーニングでお口の中をきれいにし、お口の健康を維持させます。被せ物の周りに付着しているプラークを取り除くことで、二次カリエスのリスクは多少なりとも取り除くことができるため、定期検診を欠かさず受診することをお勧めします。

 

また詰め物や被せ物がお口の中にあるということは、虫歯が原因ということです。なぜ修復物が必要になったのか、今後虫歯にならないようにするにはどうすればよいのか、今一度振り返ってみることも大切なのではないでしょうか。

 

 

当院の虫歯治療についてはこちら

ウェブ予約はこちら

アクセスマップ

はぴねす歯科_マップ

「阪急石橋駅西改札のとなり」
「ローソンの2Fです」

診療時間

  •  
  • 9:30〜13:00





  • 14:00〜20:00





  • -
 14:00〜17:00
 9:30〜14:00
【休診日】
 祝日

※ 平日最終受付は19:30迄

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032
大阪府池田市石橋1-13-1 2F

TEL:072-762-4618

診療科目

一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車で来られる方へ

自転車・バイクでご来店される方へクリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。

自転車をご利用の方は、近隣の駐車場をご利用ください。領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日のみとさせて頂きます。

初めての方へ

コンセプト

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032 大阪府池田市石橋1-13-1 2F 地図を開く

グループ医院

掲載サイト