大阪府池田市石橋駅の歯科医院です。安全を第一として患者様にとって最適でおしつけない治療を行います。

阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
はぴねす歯科

ハピネスcolumn

公開日:2019年11月27日

マウスピースをきれいに使いたい!注意したいポイント

こんにちは!はぴねす歯科です。

今回は、11月最後のコラム記事です。楽しくも寒い日が続きましたが、皆さまは元気に過ごせましたか?来月からは12月で、いよいよ年末ですね。今年最後の月を有意義に過ごせるよう、引き続き健康管理に気を配っていきましょう。歯のことで心配な点がありましたら、お気軽に当院にご相談くださいね!

 

マウスピースの洗浄方法

11月最後のコラム記事も、マウスピース矯正についてです。前回のコラム記事ではマウスピースをきれいに保つことの大切さについてお話ししましたが、今回は詳しいケア方法をご説明していきます。

 

優しく洗う

基本的に、マウスピースを洗うのは1日に1回です。時間がとれるときで構いませんので、毎日しっかりと洗う習慣をつけていきましょう。水かぬるま湯か、または専用の薬剤を使って洗うかは歯科医師の判断によりますが、何よりも大切なポイントは「力を入れすぎずに、優しく洗う」ことです。

 

仮にマウスピースに汚れがあると、強い力を使ってゴシゴシと洗いたくなるもの。しかし、薄い素材でできたマウスピースに無理な力を与えると、破損につながってしまうリスクが高まります。マウスピース自体は歯の動きに応じて変えていくものであるため、同じものを大切に持っている必要はありませんが、順調に治療を進めるためにも最低限の意識は持っておきましょう。

 

また、マウスピースに傷がつくとそこに雑菌が住み着き、お口のなかに悪影響を与えるリスクも高くなります。そのようなリスクを抑えて歯並びを整えるためにも、優しい力を意識してあげましょう。

 

汚れは強い力を使うよりも優しい力で洗ったほうが、スムーズにとれます。無理せず落ち着いてマウスピースをきれいにしてあげてくださいね。

 

洗浄液を使った後も、きちんと洗う

歯科医院・クリニックによっては専用の薬剤、洗浄液を使ってマウスピースを洗うように指示するところもあります。この場合で大切なのは、洗浄液を使った後にしっかりと洗うことです。

 

簡単に流しただけではマウスピースに洗浄液が残り、炎症やかぶれなどの症状を引き起こしてしまうケースがあるため、洗浄液につけた後のケアもとても大切です。こちらも強い力を極力使わず、優しく丁寧に洗浄液を取り除いていきましょう。

 

きちんとしたケアはスムーズな矯正治療をサポートしてくれます。適切な力加減を忘れずに、マウスピースのメンテナンスを進めていきましょう。当院でもケア方法を丁寧にご説明しますので、わからないことがありましたらお気軽にご質問くださいね!

 

 

順調なマウスピース矯正を受けるなら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

公開日:2019年11月25日

治療期間中を快適に過ごすための、マウスピースの衛生管理

こんにちは!はぴねす歯科です。

11月も終盤にさしかかりましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?来月は12月で、本格的な冬が始まっていきます。毎日寒い日が続いていくかと思われますが、風邪や体調不良を防げるように過ごしていきたいものですね。

 

マウスピース矯正を快適に受けるのに、衛生管理が必要です

今回もマウスピース矯正についてお話ししていきます。マウスピース矯正は取り外しができるうえに見た目に気づかれにくいので、ワイヤー矯正よりも精神的な負担を減らせるとして評判が高い治療法です。最近では以前よりも適用可能な症例が増え、より身近にマウスピース矯正を受けられるようにもなりました。

 

しかし、マウスピース矯正を快適な状態で受けるためには、それなりの衛生管理への意識も必要です。そこで今回は、マウスピース矯正の衛生管理についてお話しします。

 

マウスピースは汚れやすい

ワイヤーとブラケットをつけて歯並びを整えるワイヤー矯正とは異なり、マウスピース矯正では透明の装置を必要に応じて取り外しながら治療を進めていきます。ブラッシングで神経質になる必要がないため、虫歯のリスクが低いと考えられがちですが、「マウスピースをつけている間は歯が唾液に守られない」というデメリットが否めません。そこで、歯の衛生管理がきちんとできていないと虫歯にかかるリスクが高まってしまいます。

 

また、マウスピースは1日1回洗浄するように決められていますが、ここで洗浄を怠るとマウスピースが汚れます。結果、虫歯や口臭の原因になり、気づかないうちに健康面でもエチケット面でも問題が生じていく・・・というケースも少なくありません。

 

1日1回マウスピースを洗うことは面倒に感じられるかもしれませんが、快適に矯正治療を受けるためにも衛生管理には十分意識したいものですね。

 

歯科医師からのアドバイスを守りましょう

水かぬるま湯で洗ったり、専用の薬剤を使ったりなど、マウスピースのケア方法は歯科医師によって変わります。いろいろな方法があるかとは思われますが、基本的に大切なポイントは、通っている歯科医師の判断を仰ぐことです。判断とアドバイスをきちんと守り、きれいなマウスピースで歯並びを良くしていけたらいいですよね。

 

不安なことは気軽に相談して、心に余裕を持ちながら理想の歯並びを育てていきましょう。

 

当院でもマウスピース矯正に対応し、精神的・外見的な問題を解消したうえでの治療をご案内しています。これからマウスピース矯正を検討されている方は、ぜひご相談くださいね!

 

 

快適なマウスピース矯正を受けるなら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

公開日:2019年11月22日

マウスピース矯正中は虫歯に注意!?

こんにちは!はぴねす歯科です。

さて、そろそろ11月も後半に差し掛かりました。皆さまはいかがお過ごしでしょうか?来月からはクリスマスや年末行事、忘年会シーズンなどのイベントがたくさんあるので、体調を万全にして臨みたいところですね。

毎日寒いですが、身体を大事にお過ごしくださいね!

 

マウスピース矯正中は虫歯になりやすい

今回もマウスピース矯正中についての話題です。矯正治療を受けるときに気になるポイントと言えば、見た目の問題もありますが、治療中の虫歯も心配になりますよね。特にワイヤー矯正の場合は矯正装置を外すことが難しいので、途中で虫歯にならないように十分に注意して過ごさなければなりません。

 

一方、マウスピース矯正は装置の取り外しが自由です。ワイヤー矯正と比べてブラッシングがしにくいわけでもないので、「虫歯になっても大丈夫」と思ってしまう方も多いですが、それでも気をつけて過ごす必要があります。マウスピース矯正中もワイヤー矯正と同様に、虫歯になりやすい時期だからです。

 

唾液で歯を守れないので、虫歯のリスクが高まる

マウスピースを装着していると、その間は唾液が歯に触れない状態が続きます。実際、歯は唾液の働きによって虫歯から守られている側面もあるため、その働きが活かされなければ虫歯にかかるリスクが高くなってしまいます。そこで、「装置をつけていないときより虫歯になりやすい」というデメリットが生まれてしまうのです。

 

ワイヤー矯正と比べてブラッシングがスムーズにおこなえないわけではないので、矯正治療中は一層気をつけて歯の清潔管理を意識したいところですね。

 

矯正期間中の虫歯治療が可能なケースもある

とは言え、マウスピース矯正では大掛かりな装置を使うことがないので、期間中の虫歯治療が不可能というわけではありません。期間中に虫歯を発見しても、治療自体ができますが、被せ物やインプラントなどの手段に対しては矯正治療が完了してからおこなわれます。つまり、治療自体は不可能ではないものの、可能な手段が限られてきます。

 

こうして考えても、マウスピース矯正を受けている間も歯の健康管理は本当に大事なポイントです。

 

また、マウスピース矯正でも虫歯治療が完了してから装置をつけ始めるのが理想です。期間中に治療ができると言っても油断せず、丁寧なブラッシングで歯を守っていきましょう。

 

当院では矯正治療期間中も患者さまが歯の健康を保てるよう、しっかりとした対応と気配りをおこなっています。不安なことがありましたらどんなことでもお気軽にご相談ください。

 

 

虫歯のリスクを避けつつマウスピース矯正を受けるなら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

公開日:2019年11月18日

マウスピース矯正中の歯ぎしりが怖い!対策できる方法は?

こんにちは!はぴねす歯科です。

さて、11月も半ばにさしかかりましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?これから本格的に寒くなってくることもあり、入念な体調管理が必要になりそうですね。身体を温めたりよく休んだりして、11月後半も乗り切っていきましょう!

 

歯ぎしりの癖があるけれど、マウスピース矯正を受けられる?

今回の話題も、マウスピース矯正についてです。矯正治療を受けていられることをまわりに知られず、ブラッシングや食事をしているときにワイヤーやブラケットを傷つけてしまうリスクが少ないマウスピース矯正。治療中の精神的な負担を大幅に軽減できるため、マウスピース矯正で歯並びを整えたいという患者さまも増えてきています。

 

でも、マウスピース矯正で心配になるポイントは、装置の薄さです。特に歯ぎしりの癖がある方は「マウスピースを壊してしまうかもしれない」と不安に思いますよね。そこで今回は、歯ぎしりとマウスピースについてお話ししていきます。

 

マウスピース自体は治療時期に合わせて交換する

「歯ぎしりをしたらマウスピースが割れてしまう」と不安に思う方も少なくありませんが、実際にはよほど強すぎる力をかけなければ、簡単には壊れません。また、マウスピースはずっと同じものを使い続けるのではなく、治療時期に合わせて交換します。そう考えれば、多少の歯ぎしりの習慣があっても治療期間を乗り越えられるのではないでしょうか。

 

心配であれば歯科医師に相談し、歯ぎしりの癖があってもマウスピース矯正を受けられるか聞いてみましょう。

 

また、きちんと歯並びを正すことで歯ぎしりの癖を改善できるというケースもあります。歯ぎしりがなかなかやめられなくて困っている方は、一度矯正治療を検討してみるといいでしょう。

 

歯ぎしりをやめる努力も必要です

とは言え、歯ぎしりの習慣は歯にも身体にも悪影響を与えてしまうので、この機会に向き合ってみる必要もあります。緊張しやすかったり神経質になってしまったりする場合には難しいかもしれませんが、ちょっとした努力を重ねて、歯ぎしりをしない生活を整えていきましょう。

 

おすすめのコツは、深呼吸です。普通に過ごしていて「歯ぎしりをしている」と気づいたら、鼻から息を吸ってゆっくりと吐いてみましょう。こうして自律神経の働きを安定させることで、歯ぎしりの癖が少しずつなくなっていくケースもあります。

 

深呼吸をすると気分も落ち着くので、心のためにもおすすめです。ぜひ、歯列矯正とちょっとした心がけで、歯ぎしりの辛さを克服していきましょう。

 

当院ではマウスピース矯正に対応しています。マウスピース矯正を受けたいけれど、不安なことがある方は、ぜひお気軽にご相談くださいね!

 

安心してマウスピース矯正を受けるなら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

公開日:2019年11月11日

マウスピース矯正を受けるときの注意点

こんにちは!はぴねす歯科です。

10月半ばまではまだ暑かったのに、後半からは一気に肌寒くなり、厚手の長袖が欠かせなくなってきましたね。暑くて過ごしにくい季節よりは快適ですが、体調管理にも注意が必要な時期でもあります。皆さま、引き続き、身体をいたわりながら過ごしてくださいね。

 

マウスピース矯正を受ける際に、注意したいポイント

今回の話題も、マウスピース矯正についてです。通常のワイヤー矯正より目立たないために、治療中のストレスが少なくて済むマウスピース矯正。現在ではインビザラインシステムの普及が進み、マウスピース矯正を受けられる症例が増えてきた背景もあり、患者さまからも注目を集めてきています。

 

一見、メリットがとても多そうに見えるマウスピース矯正。それでも、治療の成果をしっかりと実感するには、注意しなければならないポイントもあります。

 

決められた時間にマウスピースを装着する

マウスピース矯正は通常のワイヤー矯正と違い、患者さまの好きな時間に取り外しができます。食事中やブラッシング時には取り外せるものの、それ以外の時間ではきちんとつけていなければなりません。見た目にほとんど気づかれないためにそれほど苦痛にはなりませんが、ちょっとした気の緩みがあったり忘れてしまったりして、マウスピースを装着している時間が短くなってしまうケースもあります。

 

装着時間が短くなると、歯列矯正にかける時間に差が生じ、矯正治療そのものに影響が出てしまいます。だからこそ、歯科医師からの指示を守り、マウスピースの付け忘れには注意しましょう。

 

歯ぎしりで割れてしまうケースも

マウスピースは薄い素材で作られているため、場合によっては割れてしまうこともあります。割れてしまうと作り直しになり、時間も費用もかかります。そのため、装着中には注意して過ごすことが大事です。

 

日中や就寝時に歯ぎしりする癖がある方は、事前に歯科医師に伝えましょう。歯ぎしりを防ぎながら矯正治療を進められるポイントを教えてもらい、上手に治療期間を過ごせるようになります。

 

審美的にも精神的にもメリットが多いマウスピース矯正の成果をきちんと出すには、患者さま自身が生活面でいろいろな注意をしていく必要があります。ずっと装置をつけていられるワイヤー矯正ではないからこそ、治療中のアドバイスをしっかりと守っていきたいものですね。

 

当院でもマウスピース矯正に対応していますので、ご希望の方はぜひ一度ご相談くださいね!

 

 

着実なマウスピース矯正を受けるなら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

1 / 212
ウェブ予約はこちら

アクセスマップ

はぴねす歯科_マップ

「阪急石橋駅西改札のとなり」
「ローソンの2Fです」

診療時間

  •  
  • 9:30〜13:00





  • 15:00〜21:00





  • -
 15:00〜18:00
 9:30〜14:00
【休診日】
 祝日

※ 平日最終受付は20:30迄

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032
大阪府池田市石橋1-13-1 2F

TEL:072-762-4618

診療科目

一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車で来られる方へ

自転車・バイクでご来店される方へクリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。

自転車をご利用の方は、近隣の駐車場をご利用ください。領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日のみとさせて頂きます。

初めての方へ

コンセプト

ブログ

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032 大阪府池田市石橋1-13-1 2F 地図を開く

当歯科医院に関わる人すべてが幸せになれるように「はぴねす歯科石橋駅前クリニック」と名づけました。
安全第一とし医療用器具洗浄機を導入、患者様はもとよりスタッフに対しても感染症対策に配慮し、
患者様にとって最適でおしつけのない治療を行います。
【診療科目】一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車・バイクでご来院される方へ
自転車でご来院される方へ

クリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。
自転車をご利用の方は、近隣の駐輪所をご利用ください。
領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日・診療対象者のみとさせて頂きます。