2020年3月の記事|ハピネスcolumn|部分矯正なら大阪(石橋駅)の審美歯科|はぴねす歯科医院

阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
大阪 部分矯正 審美歯科 セラミック はぴねす歯科 石橋駅前クリニック TEL:072-762-4618 土日も診察しています

ハピネスcolumn

公開日:2020年3月28日

部分矯正を受けるときの注意点

こんにちは!はぴねす歯科です。

 

東京では桜の開花が始まり、春らしい雰囲気が整ってきましたね。いろいろ不安なニュースや出来事が増えるなかではありますが、穏やかで楽しい気持ちで春を迎えたいものです。皆さま、身体を優しくしっかりとケアしてあげながら、良い日々を過ごしてくださいね。

 

 

 

部分矯正を受けるときに注意したいこと

今回のコラム記事も、部分矯正についてです。全体矯正に比べて治療期間が少なく、費用を抑えられる部分矯正はとにかくメリットが多いですよね。でも、満足できるような結果に恵まれるためには、いくつかの注意点を守ったうえで部分矯正に臨む必要があります。

 

 

治療中の痛みが出る場合がある

特にブラケットとワイヤーを使ったワイヤー矯正では「痛い」というイメージが強いです。部分矯正を選択する場合は全体矯正よりも痛みを抑えられるものの、治療中に全く痛みを感じないわけでもありません。

 

部分矯正を始めた数日間ほどは、歯を動かすという理由から痛みが出ます。その間は固いものを噛むときに辛く感じることがありますので、それだけ押さえておきましょう。ただし痛みがずっと続くわけではなく、時間がたてばおさまっていきますので、それほど心配はありません。あまりにも痛みが辛く感じるのなら、担当の医師に相談してみてください。

 

 

装置が壊れそうな食べ物を避ける

部分矯正を受ける場合でも、ワイヤーを支えるブラケットが取れないように注意しなければならない点は、全体矯正と同じです。ブラケットが取れるとそのたびに歯科医院・クリニックに通わなければならなくなり、患者さまの時間的な負担が増えてしまう結果になりますので、注意しましょう。

 

お餅やガムなどのくっつきやすい食品やせんべいのような固い食品は、矯正期間中にはなるべく避けてください。また、ブラケットがとれたらできるだけすぐに歯科医院・クリニックを受診しましょう。

 

 

場合によっては治療期間が長引いてしまう

部分矯正は確かに全体矯正よりも短い治療期間でおこなわれるものですが、通院ペースが乱れるとその分時間もかかる結果になります。なるべく早くスムーズに治療を終わらせたい方は、歯科医師から提案されるスケジュールを守り、なるべく遅れが出ないように気をつけましょう。

 

安全かつ安心、そしてしっかりと部分矯正に臨み、第一印象の変化につなげていきたいものですね。当院でも部分矯正に対応しておりますので、これから治療を検討の方はぜひご相談ください。

 

部分矯正を検討しているなら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

公開日:2020年3月25日

部分矯正は痛い?

こんにちは!はぴねす歯科です。

 

3月も後半にさしかかり、いよいよ桜が見られる時期になりそうですね。とは言え今年はいつもとは違い、新型肺炎の不安が尽きないなかの春なので、いろいろと精神的な不安やストレスが重なっている方も多いかもしれません。不安な点はまだたくさん残りますが、体調を整えながらなるべく穏やかに過ごしたいものですね。

 

 

 

部分矯正では、痛みを感じる?

さて今日は、部分矯正についてのトピックです。全体矯正よりも時間がかからず、費用面での負担も少ない部分矯正。すきっ歯や八重歯など、少しだけ歯並びを整えたい場合には適している方法です。全体の噛み合わせに影響が出ず、それほど大掛かりな矯正治療が必要ない場合には、部分矯正を選ぶほうがいいかもしれませんね。

 

でも、部分矯正を受けるにしても、治療中の痛みは気になるものですよね。そこで今回は、「部分矯正で痛みが生じるか?」についてお話ししていきます。

 

 

全体矯正よりも痛みが少ない

全体矯正では、上あごと下あごの両方にワイヤーとブラケットを装着し、力を加えながら歯並びを整えていきます。ほとんど口のなか全体を動かすので、治療を始めてからしばらくすると痛みを感じる・・・というケースが多いもの。特に固いものを食べるときの痛みが強く、噛み切れないほどの痛みを感じることもありますよね。

 

これに対し、部分矯正でも痛み自体はあるものの、痛みは全体矯正よりも強くありません。我慢できないほど、落ち着いていられないほどの痛みが生じるケースはあまりないので、痛みが気になる方でも安心して矯正治療を受けられるかと思います。

 

また痛みを感じていても永遠に続くわけではなく、時間がたてばおさまっていきますので、それほど心配することもありません。

 

 

どうしても痛みが気になるのなら、担当医師に相談しましょう

それでも矯正治療中の痛みや、体力的・精神的ストレスはできれば避けたいものです。患者さま自身で我慢を続けていては疲れてしまうので、どうしても痛みが強くて気になるのであれば、歯科医院・クリニックで担当の医師に相談してみましょう。治療中の痛みや対処法など、事前に聞いておくことも後で役立つかもしれません。

 

部分矯正においても痛みがずっと続くことはありませんが、耐えられないほど辛いのあれば痛み止めを処方してもらえます。なるべくストレスを抑えて矯正治療に臨むためにも、歯科医師としっかりと相談しながら進めていきたいものですね。

 

当院でも部分矯正に対応しておりますので、ご希望の方はぜひお気軽にご相談くださいね!

 

部分矯正を受けるなら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

公開日:2020年3月23日

部分矯正はどのようにして進むの?方法と治療期間について

こんにちは!はぴねす歯科です。

 

いよいよ3月も後半になりました。大分あたたかくなってきたとはいえ、世間では新型肺炎のニュースが話題になり続けています。突然学校や仕事の環境が変わり、せわしない日々を過ごしている方が多いかもしれませんね。

いつもと違う生活環境やストレスの多い毎日に疲れてしまいますが、適度に身体も心もしっかりと癒し、できる限り快適な日々を送りたいものですね。

 

 

 

部分矯正の方法と治療期間

今回のコラムも、部分矯正についてです。「前歯だけを矯正したい」「すきっ歯が気になるので、そこだけの歯並びを良くしたい」と希望され、全体矯正ではなく部分矯正を検討される方が少なくありません。噛み合わせに影響がせず、大掛かりな矯正治療が必要ないと判断され次第、部分矯正を受けることができます。では、部分矯正や治療期間は、全体的な矯正治療とはどのように違うのでしょうか?

 

 

基本的な治療方法は、全体矯正とあまり変わらない

部分矯正では全体矯正のように口のなか全体から歯並びを改善する方法ではありませんが、使われる方法は全体矯正とさほど変わりません。ブラケットにワイヤーをかけ、装置の力で歯を動かしていきます。

 

そのため、「部分矯正だから全体矯正よりも見た目に目立ちにくく、人目を気にしなくていい」という意味にならないことが現状です。しかし、最近では見た目の悩みに配慮したブラケット矯正も考案され、歯の色に近いワイヤーやブラケットなども出てくるようになりました。昔と比べては見た目のコンプレックスを抱かずに矯正治療に臨めるので、部分矯正を希望される方も安心できるでしょう。

 

当院でも審美性の高い部分矯正をご用意できますので、これから治療を考えている方はぜひご相談ください。

 

 

治療期間の目安は、半年から1年

部分矯正の治療期間は、全体的に半年から1年であるケースがほとんどです。全体矯正が2年以上かかることを考えると、部分矯正のほうがはるかに時間的な負担が少ないことがわかります。治療期間中に出やすい痛みや見た目の問題などを考えると、部分矯正ならあっという間に感じてしまうくらいかもしれません。

 

歯並び全体を動かすわけではないため、治療中の痛みをある程度抑えられることも、部分矯正ならではのメリットと言えるでしょう。とは言え、矯正治療における痛みは装置をつけ始めたときや調整したときのみに生じるもので、時間がたてば落ち着いていきますので、ご安心ください。

 

 

少しの歯のコンプレックスを解消するだけでも、第一印象は大きく変わります。これから部分矯正を考えている方は、ぜひ当院にご相談ください。

 

部分矯正を受けるなら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

公開日:2020年3月20日

部分矯正は、どんなケースで受けられる?

こんにちは!はぴねす歯科です。

 

だんだんと毎日があたたかくなっていきますが、テレビのニュースや新聞を確認すると、新型肺炎の話題で持ち切り。心も身体もストレスが多く、不安定な状態になってしまいますよね。

でも、ストレスを抱えた状態から楽になり、できるだけ快適な日々を送ることも大事。手洗いとうがいはもちろんですが、なるべく楽しく有意義な日々を過ごしていきたいものですね。

 

 

 

部分矯正ができるケースとは?

今回のコラムも矯正歯科についてです。「全体的な歯並びは悪くないから、矯正治療を部分的に済ませたい」と思われる患者さまが少なくありません。治療期間や費用を全体矯正よりも抑えられる部分矯正は確かに魅力的ですが、「ご自身の歯並びとご希望に対して適切かどうか?」が大切なポイントになってきます。ここで、どのようなケースが部分矯正に向いているのかを考えてみましょう。

 

 

前歯だけに問題がある場合

部分矯正による治療が役立つのは、前歯だけに歯並びの悪さが目立つ場合です。客観的に見て歯並びに問題があっても、部分的な問題があるだけで、一部だけ矯正すれば済むのなら全体矯正にまで広げる必要はありません。前歯だけを矯正しても噛み合わせに異常が出ないのであれば、全体矯正よりも部分矯正が適しているケースがあります。

 

例えば、

 

  • ■前歯と前歯の間にすき間が見え『すきっ歯』
  • ■前歯のうち、1本だけかみ合わせが悪くなっている、または飛び出している
  • ■奥歯を抜歯した後に、隣の歯が倒れてきてしまっている
  • ■前歯が凸凹している
  • ■矯正治療を受けた後、『後戻り』が起こってしまっている

 

上記のようなケースが見られる場合には、部分矯正による治療をしても問題ありません。

 

 

お子さまへの部分矯正は難しい?

一方、部分矯正を受けても問題がない方は、大人の方に限られるケースが多いという側面もあります。お子さまでも歯並びにそれほど異常がなければ部分矯正で済ませたいというご希望も出てきますが、大人の方と比べてお子さまの歯やあごはまだ十分に発達していません。あごの発達が終わっていない状態での部分矯正はおすすめできないので、どうしても受けたい場合には成長まで待たなければならないケースもあります。

 

いずれにしても担当する歯科医師の判断にもよるかと思われますので、部分矯正や全体的な矯正治療を検討される場合は、歯科医院・クリニックに相談してみましょう。当院でも矯正治療に対応しておりますので、ご希望の方はぜひ一度お問い合わせくださいね!

 

 

これから矯正治療を受けるなら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

 

 

 

公開日:2020年3月12日

出っ歯を改善するには、部分矯正は使える?

こんにちは!はぴねす歯科です。

 

ひなまつりも過ぎ、温暖な日が続き、だんだんと過ごしやすくなってきましたね。

本来であれば外に出かけたりイベントを楽しんだりしたいものですが、今はちょっとそれが難しい時期。早く楽しく快適な日が戻ることを願いつつ、できることをしながら良い毎日を過ごしたいものですね。

 

 

 

出っ歯の悩みには、部分矯正?全体矯正?

さて、今回の話題も矯正治療についてです。『出っ歯』を気にされて矯正治療を検討する方がとても多いですが、正直なところ、「歯が少し前に出ているだけだから、全体的な矯正治療は必要ないんじゃないか?部分矯正でなるべく手軽に済ませられないか?」と思うところがあるかもしれません。

 

出っ歯への部分矯正は果たして可能なのか、ちょっと考えてみましょう。

 

 

長期的な歯並びの良さを望むなら、全体矯正

この疑問に対して結論からお応えすると、出っ歯には部分矯正より全体矯正のほうが適しています。

 

私たちの歯並びは単独で悪くなるのではなく、すべての歯やあごのスペース、骨格のバランスなどは組み合わさってできたものです。出っ歯に関しても同じことで、私たちの口腔環境のバランスによって出ている状態とも言えます。したがって、出っ歯だけがコンプレックスになっているからといってそれだけを矯正すれば解決する、という意味にはなりません。

 

 

部分矯正では噛み合わせを悪くしてしまうリスクも

また、部分矯正は全体的な歯並びを改善する方法ではなく、気になる部分に集中する方法です。その方法で矯正治療を完了させると、下の歯とのかみ合わせが悪くなるリスクが高くなります。

 

かみ合わせが悪くなると、奥歯への負担が大きくなったり頭痛や肩こりになりやすくなったりなど、歯と身体の健康状態が脅かされてしまいます。歯並びを良くするつもりが、かえって新たな悩みを生み出してしまうのでは、何だかがっかりですよね。

 

 

見た目も健康状態も良くするなら、全体矯正がおすすめ

そのため、出っ歯を改善するなら部分矯正よりも全体矯正が正しい方法だと言えます。部分矯正よりも時間がかかるものの、全体的なバランスや噛み合わせを考えたうえで歯並びを良くできるので、治療後の安定感が段違いになるからです。噛み合わせの悪さや歯への負担もなく、身体への負担が出てくる心配も、大幅に抑えられます。

 

当院では出っ歯をスムーズに改善できるようにサポートしていきますので、ご希望の方はぜひご相談くださいね!

 

出っ歯を改善するなら|大阪・石橋駅前 はぴねす歯科医院

ウェブ予約はこちら

アクセスマップ

はぴねす歯科_マップ

「阪急石橋駅西改札のとなり」
「ローソンの2Fです」

診療時間

  •  
  • 9:30〜13:00





  • 14:00〜20:00





  • -
 14:00〜17:00
 9:30〜14:00
【休診日】
 祝日

※ 平日最終受付は19:30迄

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032
大阪府池田市石橋1-13-1 2F

TEL:072-762-4618

診療科目

一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車で来られる方へ

自転車・バイクでご来店される方へクリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。

自転車をご利用の方は、近隣の駐車場をご利用ください。領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日のみとさせて頂きます。

初めての方へ

コンセプト

ブログ

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032 大阪府池田市石橋1-13-1 2F 地図を開く

当歯科医院に関わる人すべてが幸せになれるように「はぴねす歯科石橋駅前クリニック」と名づけました。
安全第一とし医療用器具洗浄機を導入、患者様はもとよりスタッフに対しても感染症対策に配慮し、
患者様にとって最適でおしつけのない治療を行います。
【診療科目】一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車・バイクでご来院される方へ
自転車でご来院される方へ

クリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。
自転車をご利用の方は、近隣の駐輪所をご利用ください。
領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日・診療対象者のみとさせて頂きます。