2020年6月の記事|ハピネスcolumn|部分矯正なら大阪(石橋駅)の審美歯科|はぴねす歯科医院

阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
大阪 部分矯正 審美歯科 セラミック はぴねす歯科 石橋駅前クリニック TEL:072-762-4618 土日も診察しています

ハピネスcolumn

公開日:2020年6月30日

親知らずは絶対に抜歯したほうがよいのでしょうか

親知らず上下左右合わせて4本あり、専門用語では「第三大臼歯」と呼んでいます。親知らずは必ずしも生えてくるわけではなく、1本だけ生えている人、4本とも生えている人、親知らずはあるけれど、生えてこない人など様々でもしすが、親知らずが生えている場合、必ず抜歯しなければいけないのでしょうか。

親知らずに起きやすいトラブルとは?

では親知らずはどのようなトラブルが起こりやすいのでしょうか。

・親知らずの虫歯・・・親知らずはいちばん奥に生えている歯のため、歯ブラシの毛先が届きにくく、汚れが残りがちになります。絵そのため虫歯リスクが高くなってしまいます

・親知らずの手前の歯の虫歯・・・親知らずが生えていることにより、親知らずの一本手前の歯(第二大臼歯)が虫歯になってしまうことがあります。特に多いのは歯と歯の間に生じる虫歯です

・智歯周囲炎・・・親知らずの周囲の歯ぐきが炎症を起こし、腫れや出血といった症状が起こります。また疲れや肩凝りなども、智歯周囲炎を引き起こしやすくなります

・歯並びへの影響・・・親知らずの生え方によっては、歯並びに影響が出てしまうことがあります。親知らずが傾いて生えており、手前の歯を押している、歯ぐきに横向きに埋もれている親知らず(水平埋伏智歯)が隣の歯の根を押しているといった状況では、歯並びが悪くなってしまいます

親知らずの抜歯について

親知らずが4本ともきれいに真っすぐに生えており、歯並びや噛み合わせに影響がない場合や、口腔内の衛生状況が良い場合は、基本的に抜く必要はありません。またそのままにしておいても影響はないだろうと判断された場合も、そのまま抜かずに様子を見ることがあります。

しかし、親知らずが生えていることで親知らず自身、そして他の歯が影響を受けてしまう場合、抜歯をすることで根本的な原因を取り除くことが望ましいと考えられます。例えば智歯周囲炎を何度も繰り返す場合、親知らずを抜歯することで今後の生活が楽になることでしょう。

親知らずの抜歯は口腔外科がベスト

一般歯科でも親知らずの抜歯は可能です。しかし親知らずが半分以上歯ぐきに埋もれている、完全に横向きに生えているなど生え方によっては、口腔外科のある歯科医院で抜歯するほうが安全です。特に下顎の親知らずの場合、神経や血管が近くに通っていることから万が一神経を傷付けてしまう恐れがあります。安全面を考慮し、親知らずの抜歯実績が多い口腔外科で処置を受けるのがベストでしょう。

親知らずによるトラブルでお悩みの方は、まずかかりつけの歯科医院に相談してみましょう。

 

当院の口腔外科についてはこちら

公開日:2020年6月29日

プラークをしっかりと落とすためのプラークコントロール

プラークは「歯垢」のことで、歯と歯の境目に付着している白っぽい物質です。プラークは歯磨き不足から作られますが、どんなに頑張って歯磨きをしても、100%落とすことはまず不可能と言われています。プラークは虫歯や歯周病の元であり、お口の健康に悪影響を及ぼします。このプラークをしっかりと落とすのが、歯科医院で行うプロフェッショナルケアなのです。

お口の中は細菌だらけ

大人の口腔内は、およそ700種類の細菌が棲みついており、その個数はきちんと歯を磨く人で2000億個と言われています。そして歯磨きをあまりしない人においては、なんと1兆個もの細菌が存在していると言われており、その数はもはや想像できないでしょう。

この細菌全てが悪いものではありませんが、口腔内の衛生状況が悪いと、虫歯や歯周病の原因となるプラークを作り出してしまいます。

プラークコントロールについて

プラークコントロールは、歯の表面や歯ぐきの境目に付着しているプラークを少なくすることを言い、お口の健康のために欠かすことができません。プラークコントロールがえきている方は虫歯や歯周病リスクが少なく、逆にプラークコントロールができていない方は、虫歯や歯周病リスクが高い状態となります。

ご家庭でのプラークコントロールは、歯磨きです。毎日磨いていても汚れが落とせていない状態では、「磨けていない」ことになります。基本のブラッシングをきちんと行い、汚れをきちんと落とすことが大切です。もしご自身でブラッシングがきちんとできているかどうか不安な場合は、かかりつけの歯科医院で相談してみるとよいでしょう。

また寝る前のブラッシングは非常に重要です。お口の中の細菌は、唾液が持つ殺菌効果で活動を抑えられています。しかし就寝中は唾液の分泌量が減り、細菌が増殖しやすい状態です。就寝中の細菌の増殖をできるだけ抑えるためには、寝る前のブラッシングしっかりと行って細菌の数を減らしておくことが重要です。

しかし歯ブラシだけでは汚れが残りがちです。歯と歯の間に残る汚れは歯ブラシではなく、歯間ブラシやデンタルフロスでないとなかなか落とせません。前歯や歯と歯の間が狭い部位はフロス、奥歯など歯のすき間が広めの部位は歯間ブラシを使って、歯の間に残る汚れをしっかりと搔き出しておきましょう。歯ブラシだけの場合と、フロスや歯間ブラシを使ったケアでは、汚れの残り具合が大きく異なるため寝る前のケアは、歯ブラシとともにフロスなどを使ってプラークコントロールをすることが大切です。

歯科医院でのプロフェッショナルケアが最大のポイント

歯科医院で行われるケアは、家庭では落としきれないプラークを落とし、細菌の数を減らしてお口の中の状態を清潔なものに導きます。口腔内の状況にもよりますが、プラークはおよそ3か月くらいで付着してくるため、3か月に一度はプロフェッショナルケアを受けて、お口の中の状態を健康に保つようにしましょう。

 

当院の予防歯科についてはこちら

公開日:2020年6月28日

乳歯を大切にしないとどうなる?

可愛らしい乳歯は、永久歯が生えることで役目を終えます。一生を共にする永久歯と比べると、乳歯は役目を担う期間が非常に短いため、「どうせ生え変わるから多少虫歯になっても大丈夫なのでは?」と思う親御さんもいらっしゃると思います。しかし抜け落ちるからといって乳歯を疎かにすると、後に生えてくる永久歯に大きな影響が出てしまうことがあるのです。

乳歯は特に虫歯に注意

虫歯は、小さなお子さんから大人まで起きるトラブルのトップと言っても過言ではないくらい、お口の中の代表的なトラブルのひとつです。成人の場合、虫歯よりも歯周病が心配ですが、小さなお子さんに起こるトラブルのほとんどは、虫歯です。特に乳歯はエナメル質が薄く酸にとても弱いため、いちど虫歯になるとあっという間に進行してしまいます。むし歯が進行すると、お子さんは痛みで泣き始めます。虫歯治療を行うなら、早めの治療がお子さんにとって負担が少ないため、虫歯かな?と思ったら早めに受診させてあげるようにしましょう。

ひどい虫歯や乳歯を早く失ったら・・・?

永久歯の萌出とともに役目を終える乳歯ですが、もしひどい虫歯のまま放置するとどんな影響が起こるのでしょうか。

まずは、虫歯菌が永久歯にも影響を与えることが心配されます。乳歯が虫歯になるということは、お口の中に既に虫歯菌が存在しているということになります。そして虫歯菌はいちど棲みつくと、残念ながら一生お口の中に存在してしまいます。乳歯がひどい虫歯の場合、後から生えてくる永久歯の虫歯リスクも高まります。

そしてひどい虫歯により、生え変わりを待たずに乳歯を失ってしまった場合、永久歯の歯並びに影響が出てしまいます。失った両隣の乳歯が傾斜し、後から生えてくる永久歯が並ぶスペースが不足してしまうため、永久歯の歯並びがガタガタになってしまう可能性が高まります。既に永久歯が顔を出していればそれほど問題はありませんが、永久歯が生えるのがまだまだ先の場合、このように歯並びの心配が考えられます。

虫歯になりにくい食生活と、毎日の仕上げ磨きが大切です

虫歯になる環境は、食生活から生み出されます。甘いお菓子やジュースをだらだらと与え続けると、お口の中は常に酸性状態となり、虫歯になりやすい環境が作られてしまいます。お菓子やジュースは時間と回数を決めてあげるようにしましょう。

そして仕上げ磨きは小さなお子さんにとって欠かすことができません。年齢によっては歯磨きを嫌がりますが、工夫をしながら毎日、保護者による仕上げ磨きを行ってください。

健康な永久歯は健康な乳歯から。お子さんの大切な歯をトラブルから守ってあげましょう。

 

当院の小児矯正および小児歯科についてはこちら

公開日:2020年6月25日

インビザラインの優れた点とは?

取り外し式で目立たずに歯並びを改善するマウスピース矯正にはいくつかの種類があり、近年急増しているのが「インビザライン」です。アメリカのアライン社が提供するインビザラインは、他のマウスピース矯正にはない優れた特徴があります。マウスピース矯正をお考えの方に、是非参考にしていただければと思います。

インビザラインの優れた特徴

・光学スキャンを使った型取り・・・他のマウスピース矯正との大きな違いのひとつに、歯型採取の方法があります。他のマウスピース矯正は、従来の印象材を使った型取りを行いますが、インビザラインは光学スキャンを使った型取りになります。従来の型取りで気持ち悪くなる方にとって、非常に負担の少ない方法です。また歯型採取も他のマウスピース矯正は来院のたびごとに行わなければいけませんが、インビザラインの場合、基本的に一度の歯型採取で先々のアライナーを作製することができます(治療の経過により、途中で歯型採取を行うこともあります)

・歯の動きが目で確認できる・・・インビザラインの大きな特徴として、歯の動きおよび最終的な歯並びが、コンピューター上で確認できることです。クリンチェックというアライン社独自のソフトを使い、採取した口腔内のデータを即時にコンピューターで読み取り、歯の動きをモニターで見ることができます。これは他のマウスピース矯正やワイヤー矯正にはない特徴で、歯の動きが予測しやすく、患者さんにとっても矯正治療のモチベーションを維持するのに大いに役立つことでしょう

インビザラインで治療するうえで気を付けるべきこと

優れた特徴を持つインビザラインですが、キレイな歯並びを手に入れるうえで気を付けなければいけないことがいくつかあります。

・決められた装着時間はきちんと守ること・・・インビザラインは弱い力で歯に力を加えて歯を動かします。そのため決められた装着時間はきちんと守らないと、歯の動きが悪くなることがあります。できれば一日20時間以上は装着するようにして下さい

・チューイをきちんと噛むこと・・・患者さんによっては「チューイ」というロール状のものを噛む必要があります。チューイを噛むように指示されたら、毎日しっかりと噛むようにしましょう

・歯磨きをきちんと行うこと・・・歯磨きがきちんとできていないと、食べかすが虫歯菌とともにアライナーで塞がれてしまいます。また虫歯菌などの細菌を洗い流す唾液の循環もシャットアウトされるため、歯磨きは念入りに行うことが大切です

 

歯並びを良くするために目立たないマウスピース矯正を選択する方が増えています。インビザラインは他のマウスピース矯正にはない特徴があるため、マウスピース矯正をお考えの方は選択肢として考えてみてはどうでしょうか。

 

当院のインビザラインについてはこちら

公開日:2020年6月21日

なぜ歯石除去は必要?

歯石除去の処置を受けたことがある方の中には、歯石除去が苦手・・・感じることもあるかもしれません。そもそも歯が痛いわけではないのに、なぜ歯医者に行く必要があるのかと疑問に思う方もいらっしゃることでしょう。今回は歯石除去の必要性について考えてみましょう。

歯石=歯周病菌が繁殖しやすい棲み処

歯石は、プラークが石灰化したもので、ザラザラとした軽石のようなものが歯と歯ぐきの境目に付着したものです。歯石の大元であるプラークは、磨き残しに細菌が棲みついて作り出した細菌の塊です。プ柔らかなプラークはまだ歯ブラシで落とすことができますが、石灰化すると歯ブラシで落とすことは困難になります。歯石の表面はザラザラしているため、歯周病菌が棲みついて新たなプラークを作り、毒素を放出して歯ぐきに炎症を起こしてしまいます。つまり歯石は歯周病菌にとってとても住みやすい家なのです。その結果、歯周病へと進行してしまうのです。

超音波を使ったスケーリングと、手動で行うSRPについて

歯石除去には超音波機械を使った「スケーリング」と、手動器具で歯石を取り除く「SRP」という2つの方法があります。歯の表面に付着した歯石は、超音波スケーラーという機械を使い、超音波の振動で歯石を砕いて取り除きます。歯周病のため歯ぐきに炎症があると痛みを感じることはありますが、歯石を取り除くことによって歯ぐきが引き締まり、正常な歯ぐきの状態へ近づけることができます。

いっぽうSRPとは「スケーリング・ルートプレーニング」の略で、歯グ期の中にある歯の根元にこびりついた固い歯石を手動の器具を使って取り除く方法です。黒くなった根元の歯石を丁寧に取り除き、表面を滑らかにすることで歯石が付きにくくします。

通常は超音波機械を使ったスケーリングで歯石除去を行い、歯ぐきの改善を促しますが、SRPが必要ということは、それだけ歯周病が進んでいるということになります。歯周病が進むと歯と歯ぐきの境目にある歯周ポケットの溝が深くなり、歯周病菌が根元まで侵入しやすくなってしまいます。その結果、歯の表面だけでなく歯の根元まで歯石が付いてしまうのです。

なお歯の表面の歯石は白っぽい色をしていますが、根元に付いている歯石は黒いのが特徴です。

歯周病予防に欠かせない歯石除去

歯石が付いただけでは確かに歯が痛むことはありません。そのため、痛みもないのにわざわざ歯医者へ行くのは面倒だと感じてしまうのも仕方ないことかもしれません。しかし歯周病は今では虫歯よりも歯を失う可能性が高い病気であり、日本人の成人の8割が罹患するとも言われています。

歯周病になると歯だけでなく、全身の健康にも影響が出ると報告があり、もはやお口の中の問題だけでは済まなくなってしまうかもしれません。

お口の健康維持のためにも、定期的に歯石除去を受けるようにしましょう。

 

当院の歯周病治療についてはこちら

ウェブ予約はこちら

アクセスマップ

はぴねす歯科_マップ

「阪急石橋駅西改札のとなり」
「ローソンの2Fです」

診療時間

  •  
  • 9:30〜13:00





  • 14:00〜20:00





  • -
 14:00〜17:00
 9:30〜14:00
【休診日】
 祝日

※ 平日最終受付は19:30迄

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032
大阪府池田市石橋1-13-1 2F

TEL:072-762-4618

診療科目

一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車で来られる方へ

自転車・バイクでご来店される方へクリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。

自転車をご利用の方は、近隣の駐車場をご利用ください。領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日のみとさせて頂きます。

初めての方へ

コンセプト

ブログ

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032 大阪府池田市石橋1-13-1 2F 地図を開く

当歯科医院に関わる人すべてが幸せになれるように「はぴねす歯科石橋駅前クリニック」と名づけました。
安全第一とし医療用器具洗浄機を導入、患者様はもとよりスタッフに対しても感染症対策に配慮し、
患者様にとって最適でおしつけのない治療を行います。
【診療科目】一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車・バイクでご来院される方へ
自転車でご来院される方へ

クリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。
自転車をご利用の方は、近隣の駐輪所をご利用ください。
領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日・診療対象者のみとさせて頂きます。