阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
大阪 部分矯正 審美歯科 セラミック はぴねす歯科 石橋駅前クリニック TEL:072-762-4618 土日も診察しています
  • トップ>
  • ハピネスcolumn >
  • 歯周病の口臭がひどいのはなぜ?原因と対策について >

公開日:2021年6月28日

歯周病の口臭がひどいのはなぜ?原因と対策について

歯周病の口臭がひどいのはなぜ?原因と対策について

口臭の原因はひとつではなく、色々な要因が考えられます。その中でも歯周病が原因の口臭は、強烈な臭いを放ちます。ご本人は気づいていないかもしれませんが、歯周病が原因の口臭は、周りを不快な気分にさせてしまいます。では歯周病が原因の口臭はなぜひどいのでしょうか。今回は歯周病によるひどい口臭の原因と対策についてお話いたします。

歯を失う原因のトップである歯周病

歯を失うかもしれないトラブルの代表と言えば、まず虫歯が思いつくかもしれません。しかし虫歯だけでなく、今では歯周病が歯を失う原因のトップであると言われています。

虫歯は痛みを感じることで虫歯になっていることに気づきやすいやすいでしょう。これに比べ、歯周病は痛みをあまり感じないまま症状が進行していくため、歯周病と気が付いた時にはすでに歯を残すことが難しい状況であることが大きな特徴です。

自覚症状に気付き、早い段階で適切な治療を受けることで歯を残すことができますが、痛みがないからといってそのまま放置しておくと、歯周病菌によって歯を支える歯槽骨が吸収されてしまいます。症状が悪化すると歯がぐらぐらになり、歯が自然に抜けてしまったり抜歯せざるを得なくなってしまいます。

そして虫歯との大きな違いは、症状の範囲です。虫歯は一本の歯に影響が出ますが、歯周病の場合、顎の骨の吸収が広範囲に起こります。そのため一本の歯だけでは済まなくなり、最悪の場合数本の歯を一気に失う可能性があります。

このように、最近では虫歯よりも歯周病のほうが歯を残せないケースが多い病気なのです。

なぜ歯周病の口臭はひどい?

口臭でお悩みの方はとても多いと思います。健康な方やお口の中にトラブルがない方でも生理的な口臭というのは存在しますが、ご自身が思うほど気にするほどではありません。

しかし歯磨きがきちんとできておらず、お口の中に虫歯などのトラブルがある場合や、胃腸が弱っているときなどは気になる臭いが発生しやすくなっています。特に歯周病の場合、虫歯の口臭と比べるとはるかに強烈な悪臭を放つため、ご自身で口臭がきつくなったと気付く方もあるかもしれません。しかしその原因が歯周病であることに気付いていない方が多いのが実情です。

歯周病は、歯周病菌によって歯を支える歯周組織に炎症を引き起こす病気です。そして強い口臭を引き起こしているのが、歯周病原菌が歯周ポケット内に繁殖して発生させるガスです。

歯周病菌は空気を嫌い、歯周ポケット内部の湿った場所に潜んでガスを発生させます。このガスは硫化水素やメチルメルカプタンなどと呼ばれる物質が主成分です。

これらは「排泄物やドブの臭い」「魚などたんぱく質が腐った臭い」と言われており、このような臭いが混ざった歯周病特有の口臭がどのような悪臭であるか、想像ができることでしょう。そしてこのような臭いがご自身の口から発せられていると思うと、きっと絶句するのではないでしょうか。

歯周病が原因の口臭対策とは?

口臭が気になるからといって、口臭対策グッズをやみくもに使っても、一時的に臭いが緩和されるだけであって、口臭を取り除くことはできません。それどころか、かえって口臭の悪化を招いてしまうことになりかねません。それは根本的な原因に対する対策がなされていないからです。

では歯周病が原因の口臭は、どのように対処すればいいのでしょうか。

1.歯科医院で歯周病治療を受ける

歯周病の原因は、プラークと歯石です。プラークは柔らかい汚れですが、プラークが溜まると歯ぐきが腫れ、歯周ポケットを深くさせてしまいます。歯周ポケットが深くなると歯周病菌が喜んで棲み着いてガスを発生させ、口臭を発生させます。また歯石はプラークが石灰化したものですが、歯石が溜まったままになると新たなプラークが蓄積され、歯周病を悪化させてしまいます。

これらのプラークや歯石を取り除くためには、歯科医院で専用の器具や薬剤を使って取り除き、歯ぐきを正常な状態へと導く歯周病治療が必要です。主な治療内容は、歯石除去と歯の表面のクリーニングです。

歯周病治療はいちどで終わるものではありません。歯ぐきの状態に応じて何度か歯石除去やクリーニングを行い、歯ぐきの状態を改善させることで症状を緩和させます。この治療を行うことが、結果的に歯周病による口臭の改善に最も効果を引き出すのです。

2.デンタルフロスや歯間ブラシを使う

毎日の歯磨きの際にデンタルフロスや歯間ブラシは使っていますか?歯ブラシだけでは歯と歯の間の汚れを落とすことができません。歯の間に残った汚れがプラークとなって、歯ぐきに炎症を引き起こして歯周病へと進行してしまいます。そして結果的に歯周病による口臭を引き起こしてしまうため、歯と歯の間のケアを必ず行うことが、歯周病による口臭改善となります。一日に一度でもいいので、しっかりとケアをしましょう。それに加えて歯周病対策用の洗口剤などを使うと、よりしっかりとお口の中のケアができます。

3.定期検診を欠かさず受診する

歯周病治療が一通り終わっても、引き続き歯周病対策は必要です。歯周病治療後は、定期検診を必ず受診しましょう。歯周病治療を終えても、必ずプラークや歯石は付着してきますが、定期的に歯石除去やクリーニングを受けるとお口の中の歯周病菌をコントロールすることができるため、口臭も抑えらえます。反対に、定期検診を受けなければ再び歯周病が悪化し、ひどい口臭へと逆戻りしてしまいます。定期検診の間隔は人によって異なりますが、必ず受診して歯周病の進行や悪化を防ぎましょう。

歯周病によるひどい口臭は、まず歯周病治療から

歯周病によるひどい口臭は、まず原因となっている歯周病治療から始めなければいけません。歯周病はひどい口臭だけでなく、歯を失うリスクが高いため、「最近口臭がひどくなった気がする」と思われる方は、早めに歯科医院へ相談し、適切な処置を受けましょう。

 

当院の歯周病治療についてはこちら

公開日:2021年6月21日

矯正中は着色しやすい食べ物は避けたほうがよい?

矯正中は着色しやすい食べ物は避けたほうがよい?

ワイヤー矯正はしっかりと歯が動き、ほとんどの症例に対応できる矯正治療法ですが、矯正が終了するまで装置を付けたまま過ごします

そのため装置を付けた状態で毎日の食事を行う必要があります。そこで気になるのが、矯正中の食事によって、装置が着色しないかどうかではないでしょうか。今回は、矯正中の食べ物による着色の心配を中心にお話いたします。

矯正中に着色しやすい食べ物とは?

歯は日常の飲食により、少しずつ色素が歯に付着して歯の色をくすませてしまいます。これと同じように、ワイヤー矯正では装置に食べ物の色素が付いてしまうことがあり、矯正中であっても装置の汚れが気になることと思います。

歯や矯正装置に着色しやすい食べ物と言えば、カレー、コーヒー、赤ワイン、ウーロン茶、ミートソース、デミグラスソースなどといった色素の濃いものです。

白い布の上にうっかりこぼしてしまうと汚れがなかなか落ちず、うっすらと跡が残る食べ物がありますが、それらの飲食物が歯や装置に着色しやすいと思っていただけるとわかりやすいと思います。

特にカレーやコーヒーなどは、皆さん大好きな食べ物だと思いますが、装置への着色が気になる方は、矯正中はできれば避けたほうがよい飲食物です。

しかし矯正装置の着色が気にならない方は、矯正治療の進みに問題はありませんので召し上がっていただいても問題はありません。

矯正装置のどの部分が着色しやすい?

ではワイヤー矯正の場合、装置のどの部分が着色しやすいのでしょうか。

ワイヤー矯正には金属の装置であるメタルブラケットと、審美性を考慮したセラミックブラケット、プラスチックブラケットがありますが、矯正治療を進めるうえで必要な細かい部品があり、使われている素材によっては着色しやすいものがあります。それがプラスチック、ゴムといったものであり、食べ物による着色の原因になります。主なものとしてブラケットとブラケットを繋ぐゴム、ブラケットとワイヤーをとめる白い針金などがあり、飲食物によって着色しやすいと言えます。

セラミックブラケットは審美性を考慮したブラケットで、着色しやすいカレーなどを召し上がってもほとんど色が付きません。しかし似たような素材であるプラスチックブラケットは樹脂を使用しているため、ブラケットの中では着色しやすい素材です。

最も着色の心配がない素材は、メタルです。金属のため着色の心配が全くありません。ただゴムを使うことがある場合、ゴムの部分が着色してしまいますが装置そのものが目立つため、そこまで着色は気にならないでしょう。

このように、矯正中は着色しやすい部品を使っていることから、着色による審美性を気にする方はカレーやコーヒーなどといった色素の濃い食べ物は避けたほうがよいと言えるでしょう。

 

もし矯正中に着色しやすいものを食べてしまったら?

結論から言うと、色素が濃く着色しやすい食べ物をメシア上がった直後に頑張って歯磨きをしても、装置やゴムに着色を完全に落とすことは困難です。頑張って歯ブラシでごしごしと磨いても、吸収しやすいゴムなどは着色を落とすことができません。また歯ブラシで強くこすってしまうと、ホワイトワイヤーの部分が剥げてしまう恐れがあります。

またブラケットの脱落にも繋がりかねません。着色しやすい食べ物を食べたからといって、歯ブラシで強くごしごしこするのは禁物です。

ワイヤー矯正の場合、月1回の割合でワイヤーの調整を行います。その際ゴムも交換しますのでこのタイミングで汚れたゴムを交換することで対応できます。

この方法が最も効果的で合理的ではないかと思います。

中には調整の日に合わせて数日前にカレーなど着色しやすいものを召し上がるなど、自分なりのサイクルで好きな食べ物を召し上がっている方もおられるので、参考にしてみてください。

なおゴムが黄ばんだからといって、ものすごく審美性を下げるかといえば、そうでもありません。ご自身が気にするほど周りの目からは気づきにくい場合がほとんどですので、あまり神経質にならなくても大丈夫です。

矯正中の装置の着色が気になる方は、気にならない矯正法を選択することも

歯の表側に装置を付ける場合、どうしても装置への着色が気になるかもしれません。新しいゴムに交換することである程度対処できますが、矯正治療は長期間治療が続きます。好きな食べ物を食べられないいストレスが溜まると、矯正治療そのものが嫌になってしまうかもしれません。

好きな食べ物を食べたい、でもどうしても着色させたくないと思う方は、マウスピース矯正あるいは裏側矯正にされることをお勧めします。

マウスピース矯正の場合、食事のときにマウスピースを外すため装置が汚れません。また裏側矯正は装置が表側から完全に見えないので、装置に色素がついても人目が気になりません。

今はマスク生活で人目をあまり気にせず矯正治療を行えますが、矯正治療中も笑顔で過ごすために最適な方法を相談してみましょう。

 

当院の矯正治療についてはこちら

公開日:2021年6月9日

親知らずと歯並びの悪さの関係性とは?

親知らずと歯並びの悪さの関係性とは?

歯並びや噛み合わせが悪くなるのはいくつかの原因が考えられます。その中のひとつに「親知らずの存在」が挙げられます。親知らずがあることで、歯並びが悪くなってしまうことがあります。また子どものころに矯正治療で歯並びをきれいにしたのに、また歯並びが悪くなりガタガタになってきた、というケースでも、親知らずが関係していることが考えられます。

では親知らずがあると、歯並びにどのような影響を与えるのでしょうか。

 

トラブルを起こしやすい親知らず

親知らずは「第三大臼歯」と呼ばれ、大臼歯の中でもいちばん奥に位置する歯です。親知らずという呼び方で通っているこの歯は、上下左右4本ありますが、必ずしも全て存在するというわけではありません。4本とも全て生えている人、親知らずが一本もない人、親知らずの存在は認められるけど歯ぐきの中で横向けになっているなど、親知らずのパターンは様々です。

親知らずはトラブルを起こしやすい歯であり、場合によっては抜歯をしたほうがよい歯でもあります。しかし必ずしも親知らず=抜歯というわけではありませんが、お口の中に深刻なトラブルを起こす要素が強いと判断された場合、抜歯をすることが根本的な改善策になるでしょう。

まず最も多いのが、虫歯です。親知らずはいちばん奥に生えているため、歯ブラシが非常に届きにくい場所でもあります。そのため磨き残しが多く、虫歯になることが多いのです。

また親知らずだけの虫歯よりもよくないのが、手前の第二大臼歯が虫歯になることです。親知らずがあることで大切な第二大臼歯が虫歯になってしまうのは、親知らずが虫歯になることよりも悪いケースだと言えます。

また親知らずの周りの歯ぐきが腫れることもよくあります。

こういったトラブルを引き起こしやすいため、親知らずを抜歯したほうがよいと判断されることが多いのです。

 

親知らずがあることで、歯並びにどんな影響が出る?

次に親知らずが歯並びに与える影響についてお話をいたします。では親知らずは歯並びにどんな影響を与えるのでしょうか。最も多いのは、親知らずが横向きに生えており、隣の歯の根を押してしまうことで歯並びがガタガタになるケースです。

特に親知らずが横向きに生えてしまう、あるいは歯ぐきの中で存在してしまうのは、歯並びの乱れに大きく影響します。その原因として、日本人のあごの骨の小ささが考えられます。日本人は骨格的にあごの骨が小さく狭いため永久歯が並ぶスペースが足らず、歯並びがガタガタになりやすい傾向にあります。そのため親知らずもまっすぐに生えず、横向きに生えてしまうことが考えられます。

親知らずは成人後に生えてくるケースが多いため、大人になって歯並びが悪くなってきた、子どものころきれいに矯正したのに、大人になって歯並びが乱れてきた、という方は親知らずが関係しているのかもしれません。

子どものころに矯正治療を終えたのに、大人になって親知らずが生えてきた場合、隣の第二大臼歯を圧迫して歯並びを乱すケースも珍しくありません。後戻りというよりは、親知らずによって歯並びが乱れてきた、ということもよくあるケースです。

 

矯正のためには親知らずの抜歯が必要?

親知らずは、歯としてきちんと機能する場合、あるいは生えていてもお口の中に深刻な影響を与えないケースでは抜歯をしないこともあります。例えば上下左右4本ともきれいに生えており、噛み合わせに影響がないケースなどでは、あえて抜歯は不要と判断されることがほとんどです。

しかしあごの骨が狭く歯並びがガタガタしているうえ、親知らずが生えているケースや虫歯リスクが高いケースでは抜歯をしてから矯正治療に取り掛かることがほとんどです。

また既に矯正治療を終えている方で親知らずの存在が認められる場合、親知らずがあるために再び歯並びが乱れることを予防するために抜歯をすることもあります。

ただし下顎の親知らずがあごの中の神経や血管近くに横たわっている「水平埋伏智歯」の場合、慎重な判断が必要です。というのも、抜歯の時に神経や血管を傷つけてしまうと大量出血やしびれなどを引き起こすことがあるからです。

まずは親知らずがどういった状態であるのか、事前にしっかりとチェックして治療方針を立てることが大切です。

 

歯並びを乱す可能性がある親知らずはよく相談を

親知らずがあることで、歯の健康や歯並びに悪影響を与えるケースはとても多いものです。特に歯並びに関しては、親知らずがあることで歯並びがうまく改善できない、後戻りを引き起こすといったケースが多いため、抜歯をすることが多いでしょう。

矯正治療において親知らずの抜歯を行う場合、タイミングも大切になってきます。まずは担当医とよく相談し、最適な方法で矯正治療を行えるようによく相談しましょう。また親知らずを保存する場合、虫歯にならないようしっかりと歯磨きをしてお口の中の衛生管理をすることも大切です。

 

当院の矯正治療についてはこちら

公開日:2021年6月2日

ダイレクトボンディングとレジンの違いとは

「ダイレクトボンディングを勧められたけど、保険適用のレジンと何が違うの?」

自費と保険では金額が大きく変わってくる為、どのような差があるのか気になりますよね。

この記事ではダイレクトボンディングとレジンの違いについて解説していきます。

違いを理解することで、ご自身に合った治療方法を選択できます。

ダイレクトボンディングを検討中の方は、是非参考にしてみてください。

ダイレクトボンディングとは

ダイレクトボンディングとは、ハイブリットセラミックという素材をお口の中で直接盛り付け、歯の欠けや隙間の修復をする治療法のことです。

型取りが不要で即日で終えることができ、天然歯に近い自然な色や形を再現できるのが特徴です。

ダイレクトボンディングについての詳細は下記記事で説明しています。

ダイレクトボンディングとは |適用例や費用の目安は?

ダイレクトボンディングとレジンの違いは?

保険診療で使用されるレジンは、CR(=コンポジットレジン)と呼ばれ、白いプラスチック素材のことを指します。

レジンは吸水性を持つ性質により着色しやすく、時間が経つにつれて劣化していく特徴があります。

それに対し、ダイレクトボンディングでは保険適用のレジンにセラミックの微粒子を混ぜたものが使用されます。 

 

保険適用のレジンと比較した時のダイレクトボンディングの特徴は以下です。

・平均寿命が長い

・自然な歯の色を再現できる

・変色しにくい

・欠けにくい

平均寿命が長い

レジンの平均寿命が2~3年であるのに対し、ダイレクトボンディングの寿命は4~6年です。

保険適用のレジンは安価でできる分、寿命はダイレクトボンディングの約半分で持ち良くありません。

平均寿命についての詳細はこちら

ダイレクトボンディングの平均寿命|耐久性が悪くなる要因とは?

自然な歯の色を再現できる

レジンは種類が限られているため色の再現に限界があります。

一方でダイレクトボンディングは色味や透明感の異なるレジンを組み合わせることで、より自然な色に仕上げることができます。

変色しにくい

レジンに比べて変色しにくいのもダイレクトボンディングの特徴です。

着色しにくいセラミック粒子が配合されているためです。

持ちは永久ではないので、時間が経つと変色してきてしまうこともありますが、定期的なメンテナンスを行うことで防ぐことができます。

欠けにくい

ダイレクトボンディングで使用する素材にはセラミックが含まれているため、その分強度も上がります。

セラミックは耐久性に優れた素材であり、ガラスや陶器、コンクリートなどにも使われています。

オールセラミックに比べると劣りますが、天然歯に近い丈夫さを持っています。

まとめ

ダイレクトボンディングはレジンに比べ、変色しにくく丈夫です。

また、レジンでは再現できないような自然な歯の色に近づけることができます。

より審美性にこだわるのであれば、ダイレクトボンディングをおすすめします。

 

当院の審美歯科についてはこちら

公開日:2021年6月2日

ダイレクトボンディングとは |適用例や費用の目安は?

 

この記事ではダイレクトボンディングがどんなものかお伝えします。

これを読めばダイレクトボンディングが適用される具体的な症例から費用相場まで知ることができます。

すきっ歯や前歯の変色でお悩みの方は、是非最後までご覧ください。

ダイレクトボンディングとは

ダイレクトボンディングとは、レジン(プラスチック)とセラミックを混ぜ合わせたハイブリットセラミックという素材をお口の中で直接盛り付けていく治療法のことです。

欠けた歯の修復や変色した歯の色を自然に整える際に用いられます。

型取りが不要で即日で終えることができ、天然歯に近い自然な色や形を再現できるのが特徴です。

金属不使用(メタルフリー)のため、金属アレルギーの方も安心してご利用いただけます。

ダイレクトボンディングが向いている例

ダイレクトボンディングが向いているのは以下のような例です。

・虫歯の詰め物

・すきっ歯

・欠けた歯の修復

・形を整える

・詰め物の変色改善

虫歯の詰め物

虫歯治療の仕上げ方法は様々な選択肢がありますが、ダイレクトボンディングもその一つです。

虫歯の詰め物は保険適用の材料で費用を抑えることも可能ですが、保険用レジンは変色しやすく、銀歯は目立つというデメリットがあります。

審美性を重視するのであれば、虫歯の詰め物もダイレクトボンディングをおすすめします。

すきっ歯

歯と歯の間の隙間もダイレクトボンディングで改善できます。

歯の表面に薄いセラミックを貼り付けるラミネートべニアや、セラミックの歯を上から被せるセラミッククラウンは歯を削る必要がありますが、ダイレクトボンディングでは直接隙間を埋めていくため歯を一切削ることなく行えます。

欠けた歯の修復

何らかの理由で前歯が欠けてしまった場合、ダイレクトボンディングによって欠けた部分を自然に修復できます。

形を整える

歯が小さくバランスが悪い、歯ぎしりによって前歯がすり減ってしまったという場合もダイレクトボンディングで見た目を良くすることができます。

詰め物の変色改善

昔の詰め物が変色して目立ってしまうケースはよくあります。

ダイレクトボンディング治療により元々の歯との境目がわからない自然な仕上がりにすることができます。

ダイレクトボンディングが向いていない例

ダイレクトボンディングは様々なケースで活用できる治療法ですが、「広範囲の修復」には向いていません。

神経を抜くような虫歯治療の穴や、隙間が大きく空いたすきっ歯は形を正確に作ることが難しくなるため、あくまでも「小さな虫歯」「小さな隙間」に適用可能となります。

 

また、強く力のかかる奥歯の治療にも不向きです。

そのため、ほとんどの場合前歯の治療で適用されます。

ダイレクトボンディングのメリットとデメリット

メリット

・比較的費用が安い

・歯を削る量が少ない

・型取りが不要で、1日で終わる

・自然な仕上がり

デメリット

・経年劣化が起こる

・二次カリエスが起こる

・脱落や破折が起こる

・適応できない部位がある

 

ダイレクトボンディングのメリット・デメリットについて、

詳しくは下記をご覧ください。

ダイレクトボンディングのデメリット|メリットと徹底比較

ダイレクトボンディングは保険適用される?

ダイレクトボンディングは基本的に保険適用外です。

ただし使用する素材や治療ケースによって異なります。

ダイレクトボンディングとは施術法の名称であるため、素材に保険適用のレジンを使用する場合も該当しますが、保険適用外の素材を使うものを「ダイレクトボンディング」と呼ぶ傾向があります。

そのため、ダイレクトボンディングは保険適用外として扱っている歯科医院が多いです。

医院によって異なることもあるので、かかりつけの歯科医院に確認してみましょう。

ダイレクトボンディングの費用の目安

ダイレクトボンディングの費用は、相場として1歯あたり2万円~5万円程でしょう。

ラミネートべニアを例にとると、相場が10万円~15万円なので、比較的安価であることがわかります。

ただし、自費診療のため歯科医院ごとに金額差があります。

金額を1歯あたり一律にしているところもあれば、詰め物の大きさによって金額に幅を持たせているところもあります。

 

ダイレクトボンディングは歯科医師の技量によって仕上がりが大きく左右される治療法のため、「安い」「高い」だけで判断せず、症例なども確認することをおすすめします。

ダイレクトボンディングの寿命

ダイレクトボンディングの寿命は4〜6年です。

日頃のケアの仕方や歯の嚙み合わせによって寿命は変動するので、適切なメンテナンスを行いましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ダイレクトボンディングの平均寿命|耐久性が悪くなる要因とは?

まとめ

ダイレクトボンディングとは、ハイブリットセラミックという素材をお口の中で直接盛り付け、天然歯のような仕上がりにすることのできる治療法です。

審美性にこだわりつつも、比較的安価に気になる部分の修復ができます。

前歯の欠けやすきっ歯、変色などでお悩みの方は、是非ダイレクトボンディングを検討してみてください。

当院の審美歯科についてはこちら

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618