阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
大阪 部分矯正 審美歯科 セラミック はぴねす歯科 石橋駅前クリニック TEL:072-762-4618 土日も診察しています
  • トップ>
  • ハピネスcolumn >
  • 歯ぐきの腫れを放置しないで!放置すると良くない理由について >

公開日:2021年9月30日

歯ぐきの腫れを放置しないで!放置すると良くない理由について

歯ぐきの腫れを放置しないで!放置すると良くない理由について

「歯ぐきが腫れて歯磨きをすると出血がする」「なんとなく歯ぐきが浮いたような感じがする」このような症状が出たとき、きちんと歯医者を受診していますか?痛くないからとそのまま放置すると、後悔する結果になるかもしれません。

では歯ぐきの腫れを放置すると良くないのはなぜでしょうか。今回は、歯ぐきが腫れる原因と放置したときのリスクについてお話をいたします。

歯ぐきが腫れる原因の多くは「歯周病」

歯が痛いわけでもないのに、歯ぐきが腫れている、歯磨きをすると血が出るといった症状で最も多いのは、歯周病です。

歯周病は虫歯と並んで歯を失う原因となるお口の中の病気ですが、虫歯との大きな違いは、歯に症状が起きるのではなく、歯ぐきに症状が起きることです。

歯周病になると、必ず歯ぐきが腫れます。また歯磨きをしたときに出血しやすいことも特徴のひとつです。虫歯でも歯ぐきが腫れることはありますが、まず疑わしきは歯周病です。

歯周病は、歯周病菌によって放出される毒素によって歯ぐきと歯を支える組織に炎症が起こります。そのためまず歯ぐきが赤く腫れるという症状が現れます。

しかし、歯ぐきの腫れはそれほど痛みを感じません。また歯磨きをしたときに血が出ても、痛みはそれほど感じないのです。ここが歯周病の大きな落とし穴で、受診するきっかけを逃しやすいのです。

虫歯なら歯に痛みを感じるため多くの方が早めに受診しますが、歯周病による歯ぐきの腫れは痛みをほとんど伴わないので、受診をしない方が多いのでしょう。

歯周病を放置するとどうなる?その危険性について

歯周病は痛みがほとんどない分、歯周病になっていることに気付きにくいと思いがちですが、歯ぐきが腫れている、出血があるということで十分気づきやすいはずです。

それでも「そのまま様子見よう」「しばらくすると治まるだろう」と放置していると、後で後悔する結果になってしまいます。

では歯周病を放置するとどうなるのでしょうか。

歯がぐらぐらして食事し辛くなってくる

歯周病をそのままにしておくと、炎症が歯ぐきだけにとどまらず、歯を支える顎の骨まで広がってきます。顎の骨まで炎症が広がると、やがて顎の骨の吸収が始まり、歯を支えられなくなってきます。

歯周病になっていない健康な歯ぐきや顎の骨は、歯をしっかりと支えており、噛み応えのあるものでも何ら問題はありません。

ところが歯周病が進行して顎の骨の吸収が進むと、歯がぐらぐらと揺れ始め、食事に影響が出てきます。固いものはもちろん、柔らかいものでも噛みづらくなってしまいます。

このように、歯周病を放置すると歯がぐらぐらになり、食事がし辛くなってきます。

歯が抜けてしまう

ぐらぐらになった歯は残念ながら元の状態に戻すことはできません。適切な治療を受けることでなんとか現状維持は望めますが、そのままにしておくと残念ながら歯が抜けてしまいます。または保存不可と判断され、抜歯となります。

歯を失ってしまうと、入れ歯やインプラントといった噛む機能を取り戻す治療が必要になります。そして歯を失ってはじめて、自分の歯の大切さを痛感する方がほとんどです。

他の歯も歯周病が進行しやすくなる

虫歯との違いは、歯周病はお口全体に症状が出やすいことです。

虫歯は一本の歯だけに影響が出ることに対し、歯周病はお口全体に影響が出るため、一気に数本の歯を失う可能性が非常に高くなります。受診したときには既に手遅れで、歯を残すことができずに入れ歯になることが考えられます。

体の健康にも関わると言われている歯周病

歯周病の怖いところは、単にお口の中の病気だけでは留まらないということです。歯周病は体の健康にも深く関わりがあると報告されているため、歯周病によって健康に影響があると考えられます。歯周病と深い関連があると言われているのは、次の病気です。

糖尿病

歯周病と深い関連があると言われているのが、糖尿病です。糖尿病になっていることで歯周病が悪化しやすく、反対に歯周病になると糖尿病にもなりやすいと言われています。

心疾患

歯周病菌が血管へ入り込むことで血栓ができてしまうと言われています。心内膜炎や心筋梗塞などが起きやすいと言われています。

脳梗塞

心疾患と同じように血管へ入り込んだ歯周病菌が脳へ回り、血栓を作り出して脳梗塞を引き起こすと言われています。

誤嚥性肺炎

歯周病菌が誤って器官から肺へ入り込み、肺炎を起こすと言われています。特に噛む力が低下している高齢者や寝たきりの方に多く見られます。

早産・低体重児出産

妊娠中に歯周病になると、子宮収縮を起こして早産の引き金になる危険性があると言われています。早産で生まれた赤ちゃんは、必然定期に低体重で生まれることになります。

このように、歯周病はお口の中だけでなく、体の健康にも深くかかわっていると言われるため、このような病気にならないためにも、歯ぐきの腫れは放置しておかないことが賢明です。

その他歯ぐきが腫れる原因とは

歯周病ではないのに歯ぐきが腫れることがあります。その多くは、虫歯治療の途中で細菌が根の奥に入り込み、根の先で膿の袋ができて歯ぐきが腫れると言った症状です。歯周病がぶよぶよと全体的に腫れるのに対し、虫歯が原因で歯ぐきが腫れるのは、虫歯になっている歯でポコッと大きく腫れるのが特徴です。

虫歯治療も途中で放置すると、歯を残せなくなることがあります。

歯ぐきが腫れたら放置しないで受診を

歯ぐきが腫れる原因と、放置することで起きる危険性についてお話いたしました。歯ぐきが腫れているということは、何かトラブルが起きているということです。特に歯周病は自分では気づきにくいため、歯ぐきの腫れと出血が大きなサインです。健康な歯ぐきは腫れたりはしません。

後で後悔することにならないよう、歯ぐきが腫れたら早急に受診するようにして下さい。

 

当院の歯周病治療についてはこちら

公開日:2021年9月20日

歯のクリーニングはなぜ必要なのでしょうか

歯のクリーニングはなぜ必要なのでしょうか

私たちの健康を支えるのは毎日の食事であり、それを支えるのが健康な歯です。健康な歯を維持するためには歯のクリーニングが欠かせません。しかし痛くもないのにわざわざ歯医者へ行って歯のクリーニングを受けることがなぜ必要なのか、疑問をお持ちの方もおられるのではないかと思います。

では歯のクリーニングは、いったいどのような目的で行われるのでしょうか。

歯のクリーニングとは?

一言で歯のクリーニングと言っても、実はその目的をはっきりと知らずに施術を受けておられる方もいらっしゃることと思います。

医師に歯のクリーニングを受けるように言われたけど、クリーニングっていったい何をするの?どんな目的があるの?治療が終わったからもう通わなくてもいいのでは?と様々な疑問をお持ちの方に、クリーニングについて詳しく説明したいと思います。

1.歯の健康維持のため

歯のクリーニングの最大の目的は、歯の健康維持です。そして歯のクリーニングとは、着色、プラーク、歯石を落とすための施術です。特にプラークと歯石は虫歯や歯周病の原因となるため、定期的なクリーニングでプラークなどを落とす必要があります。

歯を失うトラブルである虫歯と歯周病は、お口の中のプラークが原因であり、石灰化したものが歯石です。プラークは柔らかい汚れで丁寧なブラッシングで取り除くことは可能ですが、奥歯など歯ブラシが届きにくいところではプラークが溜まりやすくなっています。

また歯石になると歯ブラシで落とすことはできません。

歯科医院で行うクリーニングは、専用のペーストや超音波器具を使ってプラークや歯石を取り除き、虫歯や歯周病になりにくい環境へと導くことを目的としています。

2.着色を落とすため

毎日の飲食により、歯に少しずつ色素が沈着していきます。特にコーヒーやタバコなどを嗜む方は汚れが付きやすくなり、歯の色がくすんで見えてしまいます。

自宅での歯磨きではなかなか着色を落とすことは難しいですが、歯のクリーニングを受けることによって着色を落とし、本来の歯の色を蘇らせることができます。

3.口臭を防ぐため

口臭はエチケットマナーの中でもトップを占めており、口臭対策グッズもたくさん販売されています。しかしどれだけ口臭対策グッズを使っても、根本的な原因を取り除かなければ口臭は取り除けません。口臭の原因には虫歯や歯周病が挙げられますが、歯のクリーニングを定期的に受けることにより口内環境が清潔に保たれ、虫歯や歯周病のリスクを防ぐことができます。

そしてこのことは、結果的に口臭を防ぐことにも繋がるのです。

クリーニングとホワイトニングはどのように違うのでしょうか

歯の健康維持を主な目的としたクリーニングですが、歯を白くするためのものではないの?と思う方もおられることと思います。歯を白くするといえばホワイトニングが真っ先に思い浮かぶと思いますが、クリーニングとホワイトニングとはどのような違いがあるのでしょうか。

歯の健康維持を目的としたクリーニング

前述したとおり歯のクリーニングは、虫歯や歯周病の原因となるプラークや歯石を取り除き、着色を落として歯の健康を維持することを目的としています。

クリーニングには保険適用のものと自費のものがあります。保険適用の場合、歯周病の検査が行われます。また使える薬剤が限られており、限られた中で施術が行われます。

いっぽう自費のクリーニングの場合、保険では使えないようなペーストや薬剤を使い、幅広い選択肢で患者さんの状態に応じたクリーニングが行われます。

審美性を目的としたホワイトニング

歯のホワイトニングは、薬剤を使って歯を真っ白に仕上げる施術です。芸能人やモデルのように白い歯に憧れる方は、ホワイトニングで希望を叶えることができます。

ホワイトニングは口元の審美効果を求めるものであり、お口の健康維持を目的としていません。そのため虫歯や歯周病のリスクを抑えるような施術は行われません。

ただホワイトニングの効果を発揮するために、事前にクリーニングを受けるように指示されることがあります。

なおホワイトニングは保険は一切効かずに全て自費となります。

歯の健康を維持しながら歯も白くしたいという方は、歯科医院で相談しながらうまくクリーニングとホワイトニングのサイクルを組み立てると良いでしょう。

歯の健康維持のために、どのくらいの頻度でクリーニングを受けるべき?

歯のクリーニングはいちど行えば終わり、ではありません。どんなにお口の中の状態が清潔でも、お口の中に存在する細菌によってプラークが作られます。そしてプラークを取り除かないと虫歯リスクが高まり、石灰化することで歯周病リスクも抱えることになります。

お口の健康維持のためには、定期的なクリーニングが必要です。一般的な頻度として、3か月に一度の受診が推奨されています。

また歯周病の進行が見られる方は、2か月に一度、また歯科医師や歯科衛生士の判断により、1か月に一度のクリーニングを勧められる方もおられます。

お口の中の状態は常に変化し続けます。定期的なクリーニングを受けることで、いつまでもご自身の歯を保ち続けましょう。自分の歯で美味しく食事をいただけることが最高の幸せなのです。

 

当院のクリーニングについてはこちら

 

 

公開日:2021年9月7日

妊娠中でも矯正治療はできる?

妊娠中でも矯正治療はできる?

妊娠、出産は人生の中でもとても大きなイベントです。新しい家族を迎える中様々な準備を行っている中、矯正治療をしている方もおられるかと思いますが、妊娠中でも矯正治療ができるのかと心配になるのではないでしょうか。

では妊娠中でも矯正治療を始めたり、これまでのように治療は続けられるのでしょうか。また妊娠中の矯正治療について気を付けるべき点についてもお話いたします。

妊娠中でも矯正治療はできる?

矯正治療中に妊娠がわかった場合、矯正治療を続けても大丈夫なのか気になられることと思います。結論から言うと、基本的に妊娠中でも矯正治療をすることは可能です。それはワイヤー矯正でもマウスピース矯正でも同じで、矯正治療を開始している場合、基本的に矯正治療を続けて頂いても問題はないと考えられます。

しかし妊娠中は妊娠していない時と比べるとホルモンバランスが変わり、様々な体調の変化が起こります。またお口の中の状態もがらりと変わるため、気を付けなければいけないことがいくつか出てきます。次に妊娠中の矯正治療について気を付けるべき点をご紹介します。

妊娠中の矯正治療について気を付けるべきこととは?

では妊娠中の矯正治療は、どのようなことについて気を付けなければいけないのでしょうか。

1.口腔内の衛生管理

妊娠中の矯正治療において、いちばん気を付けなければいけないのがお口の中の衛生管理です。妊娠するとホルモンバランスの影響で口腔内の状態ががらりと変わり、歯ぐきが腫れる、出血しやすいという状況に変化します。

そこへつわりが加わると、よりお口の中の環境が悪くなりがちになります。つわりを経験する方が大半だと思いますが、つわり中に辛いのが歯磨きではないでしょうか。歯ブラシがお口の中に入るだけで気持ち悪くなり、ほとんど磨けないままつわりが終わるまで過ごすことも考えられます。

このような状況において気になるのが虫歯や歯肉炎のリスクが高まりやすいことです。特にワイヤー矯正の場合、もともと歯磨きがしにくいというデメリットがあります。そこへ歯磨き不足になると、一気に虫歯リスクが高まってしまいがちになります。

このように口腔内の衛生管理は、妊娠中の矯正治療において、最も気を付けなければならないことと言えます。

2.痛み止めや抗生物質の服用ができないことがある

矯正治療では歯が動く痛みや抜歯、あるいは虫歯治療などによりお薬が必要になる場合があります。そのため妊娠中にお薬の服用は、特に神経質になってしまうことと思います。

妊娠期間中において特に妊娠初期は、胎児の器官形成にとって非常な重要な時期であり、お薬の服用を避けたほうがよい時期でもあります。

妊娠中に使用できる薬は限られています。使っても比較的安全とされているもの、また使ってはいけないものがあるため、矯正医やかかりつけ医に妊娠中であることをきちんと伝えておく必要があります。

3.レントゲン撮影が行えないことがある

妊娠前に矯正治療を始めた方はほとんど問題ありませんが、妊娠がわかってから矯正治療を始める場合、時期によっては矯正に必要な検査が行えない場合があります。

矯正治療を始める際に欠かせないのが、レントゲン撮影です。歯科用のレントゲンの被ばく量はごくわずかであり、人体に影響は少ないと言われていますが、やはり妊娠初期はレントゲンによって胎児に影響を与える可能性がゼロではありません。

撮ってから後悔するよりも、まずはお腹の赤ちゃんのことをいちばんに考えてあげることが大切です。矯正治療を始めたいけれど妊娠しているかも?と思ったら、まずは医師にその旨を伝えてください。

妊娠中でも治療をしやすいインビザライン

妊娠中でも矯正治療を継続することは可能です。その中でもマウスピース矯正はお手入れがしやすく、口腔内管理に優れている治療法です。妊娠中は虫歯や歯肉炎のリスクが高まりやすいため、つわりが治まったらしっかりと口腔内管理を行いたいものです。

マウスピースはお口からマウスピースを取り外して歯磨きができるため、妊娠中でも適している治療法です。

またワイヤー矯正のように月1度の調整が必要ない場合も多く、特にインビザラインは3か月ほど先までアライナーを手渡されることが多いため、計画が立てやすいという点においてもメリットが多いでしょう。また出産前後は通院をお休みすることも可能です。お産が近づいてきたら、母体と赤ちゃんを優先にゆったりと過ごすように心がけましょう。

なお出産のときは破損防止のためマウスピースを外すようにしておいて下さい。

ただ長時間外したままにしておくと後戻りが起こり、それまで嵌めていたマウスピースがきつく感じることがあります。場合によっては嵌まらないことがありますので、その時は医師の指示を受けてください。1つ前のマウスピースは捨てないように念のため保管しておきましょう。

このように、妊娠しても矯正治療を継続することは可能です。また医院側も産前産後は通院をしなくても良いスケジュールを立ててくれると思います。

お腹の赤ちゃんと母体をいちばんに考えながら歯並びを改善していくことが理想ですが、決して無理をしないように過ごすことを心がけてください。

 

当院のインビザラインについてはこちら

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618