阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
大阪 部分矯正 審美歯科 セラミック はぴねす歯科 石橋駅前クリニック TEL:072-762-4618 土日も診察しています
  • トップ>
  • ハピネスcolumn >
  • すきっ歯はどうやってきれいにする? >

公開日:2021年10月29日

すきっ歯はどうやってきれいにする?

すきっ歯はどうやってきれいにする?

歯と歯の間にすき間がある、いわゆるすきっ歯は少し間の抜けたような印象を与えてしまうため、コンプレックスを感じてしまうと思います。特に前歯にすき間があるととても目立つため、笑うことも恥ずかしくなってしまうのではないでしょうか。特に人前で仕事をする方や営業の方などは口元の美しさが相手に与える印象を決定づけます。

歯と歯の間にすき間がある場合、適切な治療を行って審美性を回復させることが可能です。今回は、歯の隙間をきれいにする方法についてお話をいたします。

歯のすき間について

歯のすき間は通称すきっ歯と呼ばれていますが、正式な名称とその特徴を知っておきましょう。

正中離開(せいちゅうりかい)

いわゆる、上の前歯にすき間があるタイプです。考えられる原因として、上唇小帯の位置の悪さがあります。通常は上唇から顎にかけて存在するヒダのようなものが歯の生えている位置まで伸びていると、前歯の生え方に影響して前歯の間にすき間ができてしまいます。

また埋伏過剰歯という、本来存在しない歯が歯ぐきの中に埋もれていることで前歯が正しく生えず、すき間が生じる原因になってしまいます。

空隙歯列(くうげきしれつ)

全体的にすき間が生じる状態を言います。永久歯が小さい場合に良く起こります。見た目の問題はもちろん、食べ物が挟まりやすく、空気が漏れるため発音が不明瞭になりやすいのが特徴です。

すきっ歯になる原因とは?

すきっ歯というと、子どもによく見られると思われがちですが、成人の方でも歯と歯の間にすき間がある方はたくさんおられます。成人の方ほど見た目が気になると思いますが、まずはすきっ歯になる原因を挙げてみましょう。

顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪い

歯の生え方や並び方は、顎の大きさと歯の大きさのバランスによって決まります。顎が大きく、通常の永久歯がきれいに収まるにもかかわらず、永久歯そのものが小さい場合、スペースが余ってすきっ歯になってしまいます。

永久歯の本数が足りない、生えてこない

永久歯は、親知らずを除いて上下28本あります。ところが乳歯が抜けたにもかかわらず永久歯が生えてこない場合、永久歯が存在しないことが考えられます。また歯肉の中に永久歯の存在が認められるにも関わらず生えてこないことも稀にあり、この場合も歯と歯の間にすき間ができる原因となります。

歯周病によるもの

年齢を重ねるにつれ、歯周病リスクは高まります。そして歯周病が進行すると歯を支える顎の骨が吸収されてしまいます。また歯ぐきも下がるため、結果的に歯と歯の間にすき間が生じてしまいます。

すきっ歯を改善する方法について

すきっ歯になる原因と状態は個人差があり、ほんのわずかなすき間から全体的にすき間が目立つものなど様々です。すきっ歯を治すための治療法はいくつかありますので、順にご紹介いたします。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、歯と歯の間のすき間をレジンで埋める方法です。わずかなすき間に効果的で、治療回数も1度で済むことがほとんどです。前歯にわずかなすき間がある正中離開のケースに最適でしょう。ただしレジンは年数が経つと汚れが目立つようになるため、歯とダイレクトボンディングで埋めたレジンの色の差が出てくることがあります。

ラミネートべニア

ラミネートべニアとは、セラミックでできた薄いネイルチップのようなものを歯に貼り付けて審美性を回復させる方法です。前歯のすき間はもちろん、気になるすき間に対して有効なため、美しい口元へ改善できます。セラミックは審美性と耐久性に優れているため、年数が経っても審美性が下がることはほとんどありません。

ただラミネートべニアの場合、歯の表面を薄く削る必要があります。そのため歯を削ることに抵抗を感じるかもしれません。といっても削る量はごくわずかなため、それほど神経質になる必要はないと思います。治療期間も最短2回で終えることができますが、ラミネートべニアの枚数によっては費用がやや高額になります。

セラミッククラウン

セラミッククラウンを被せて歯のすき間を埋める方法もあります。全体的に歯のすき間が大きい人に向いています。またセラミックの形や傾斜を調整して歯並びを整えることもできます。しかし健康な歯をたくさん削らなくてはいけないのがネックになります。

短期間で美しい口元へと改善することができますが、セラミッククラウンによる治療はあまりお勧めではありません。デメリットもしっかりと理解したうえで治療を考える必要があります。

矯正治療

ワイヤー矯正やマウスピース矯正といった装置を使って歯を動かし、すき間を埋めることができます。ワイヤー矯正の場合、噛み合わせに問題がなければ前歯だけの部分矯正で対応できるかもしれません。しかし噛み合わせが悪いと、前歯以外の歯も動かす全体矯正が必要になることもあります。

他の治療法と比べて歯を削ることなくきれいにすき間を埋めることができますが、治療期間は長くなります。

様々な治療法から自分に合った治療法を選択しましょう

すきっ歯の治療法についてお話いたしました。すきっ歯を改善するためのそれぞれの治療法を理解し、ご自身に最も合った方法でコンプレックスを改善して笑顔に自信の持てる口元を手に入れましょう。

 

当院の審美治療についてはこちら

公開日:2021年10月21日

インビザラインで対応が難しい歯並びとは?

インビザラインで対応が難しい歯並びとは?

目立たずに歯並びを整えることができるインビザラインは、食事も歯磨きもしやすいことから需要が高まっている矯正治療のひとつです。

しかし症例によってはインビザラインでの治療が難しいこともあり、「自分の歯並びではインビザラインはできないかも」と不安に思う方もおられると思います。ではインビザラインで対応が難しいのは、どのような歯並びでしょうか。

インビザラインとは?

矯正治療には、ワイヤーを使って歯を動かす固定式のワイヤー矯正と、透明なマウスピースを取り換えながら少しずつ歯を動かす取り外し式のマウスピース矯正があります。

食事や歯磨きの時にも装置を付けたまま過ごさなければいけないワイヤー矯正に比べ、マウスピース矯正は必要なときにマウスピースを取り外すことができるうえ、透明で目立たないといった審美性をも考慮されています。

マウスピース矯正にはいくつかのメーカーがありますが、その中でもインビザラインは、世界的なシェアが圧倒的に多く、実績も取り扱っている医院も多い治療法です。

インビザラインはオーダーメイドでマウスピースの形状も良い優れた治療法ですが、自己管理が必要なため、1日20時間以上装着し、きちんと交換ができることが条件となります。

インビザラインでの適応が難しい症例とは?

インビザラインは進化を続けており、以前では難しいとされていた症例でも対応できると言われているため、ではほとんどの症ケースにおいて歯並びの改善ができますが、中にはインビザラインでの適応が難しいと言われているケースもあります。ではインビザラインでの治療が難しい症例をご紹介しましょう。

重度の歯周病

矯正治療は、矯正装置を付けて歯に力を加えることで歯を少しずつ動かしていきます。そのためには歯や歯ぐき、歯を支える歯槽骨が健康であることが前提です。

ところが重度の歯周病になっている場合、顎の骨を支える骨に不安があります。そのため重度の歯周病にかかっている方が矯正治療をすると、歯が抜け落ちてしまう可能性が高くなってしまうのです。そうなると、矯正治療どころではなくなってしまいます。これはインビザラインでもワイヤー矯正でも同じです。

今では虫歯よりも歯を失う原因が高いと言われている歯周病は、日本人の成人の方のほとんどが罹患していると考えられています。しかし歯周病はある日急に悪くなるわけではありません。歯周病は少しずつ進行していくため、早い段階で歯周病治療を行うことで矯正治療が可能になります。

歯周病と診断された方で矯正治療を諦めることはありませんが、まずはしっかりと歯周病治療とケアを行い、お口の中の健康を維持することが矯正治療のスタート地点であると言えます。

ガタガタ度合いがひどい歯並び

叢生と呼ばれるガタガタの歯並びにお悩みの方は非常に多いと思います。その中でもガタつき具合が非常に大きく、本来の歯の位置から大きくズレて歯が並んでしまっている場合や、歯を数本抜歯しなくてはいけないほどガタつき具合がひどい歯並びの場合、インビザラインでの治療が困難な場合があります。

この場合、ワイヤー矯正にて歯並びを改善していく治療法が適しています。ワイヤー矯正でも目立ちにくい装置を使ったものがありますので、それほど審美性を気にすることはないでしょう。

重度の出っ歯や受け口の場合

基本的に、出っ歯でも受け口でもインビザラインでの治療は可能です。

しかし骨格が原因で顎の骨が前に出ていることによる出っ歯や受け口の場合、インビザラインで治療をすることはできません。インビザラインで治療ができるのは歯並びであり、骨格そのものを治療することができないからです。

骨格が原因の場合、外科矯正が必要と判断されることもあります。まずはご自身の症例が骨格によるかどうか、歯科医院で相談してみてください。

インプラントの本数が多い方

失った歯の機能回復のためにインプラント治療をお粉方もおられると思いますが、インプラントがたくさん入っている場合、インビザラインでの治療は不可能です。

インプラントの本数が少なく、インプラントが入っている歯を動かす必要がないケースではインビザラインが可能なこともありますが、インプラントの本数が多い場合はワイヤー矯正で進めていくことがほとんどです。

インビザラインが適応できないケースでの治療法とは?

インビザラインは透明で取り外し式のマウスピースを使うため、目立たずに治療をすることができるため、インビザラインでの治療を希望する方が増えています。

しかし、上で述べたインビザラインで適応できないケースでは、違う方法にて矯正治療を行うことになります。インビザラインに代わる治療法としては、次の方法が挙げられます。

審美ブラケットを使った表側矯正

一般的なワイヤー矯正は金属を使った装置ですが、非常に目立つことが難点です。この点を考慮した審美ブラケットを使ったワイヤー矯正なら、金属の装置に比べてかなり目立ちにくくなります。ワイヤーをホワイトワイヤーにすると、より目立ちにくくなります。

裏側矯正

歯の裏側に装置を付けて歯を動かす方法です。歯の裏側に取り付けるため、全く目立ちません。しかし噛み合わせが深い過蓋咬合の場合、裏側矯正はできません。

ハーフリンガル

ハーフリンガルとは、上の歯は裏側に装置を付け、下の歯は表側に装置を付ける方法です。目立つ上の歯が裏側に装置を付けているため、矯正をしていることがわかりにくいのが特徴です。

インビザラインで治療できるかどうか、まずは相談を

インビザラインでの治療が難しい症例についてお話を致しました。ほとんどのケースにおいて対応できますが、骨格に原因がある場合や重度の歯並びの悪さの場合など、インビザラインでの治療が難しいことがあります。

しっかりと歯並びを治すためにどの方法が適しているのか、専門医の元でよく相談して決めましょう。

 

当院のインビザラインについてはこちら

公開日:2021年10月8日

矯正治療、必ず抜歯しないといけないの?

矯正治療、必ず抜歯しないといけないの?

ガタガタの歯並びを矯正治療できれいに治したい。でも歯を抜かなければいけないと思うと、矯正治療に踏み出すのが怖いと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「矯正治療をしたいけどできれば抜歯はしたくない・・・」「歯を抜かずにきれいに治すことはできる?」このような不安や疑問をお持ちの方に、今回は矯正治療に伴う抜歯についてお話をいたします。

矯正治療ではなぜ抜歯が必要?

健康な歯を抜くのは勿体ない、歯を抜くのが怖い、でも歯並びは治したいー

矯正治療において歯をきれいに並べるために必要なのは、正しい位置に歯を並べるためのスペースです。特にガタガタの歯並びの場合、顎の骨の大きさと歯の大きさのバランスが悪いことで本来の歯列に永久歯が並ばず、結果的に乱れた歯並びになってしまいます。

大人の場合、まだ骨が柔らかい子どもと比べて顎の骨が完成しており、抜歯が必要となるケースが多く見られます。スペースが足らないにもかかわらず、無理に非抜歯で歯を並べると、口元の突出感が目立ち、いわゆる「口ゴボ」という見た目になってしまう恐れがあります。

また本来抜歯が必要なケースにもかかわらず、無理に非抜歯で行った場合、後戻りが起きやすくなるとも考えられています。

このように、美しい歯列と正しい噛み合わせを導くためには、抜歯が必要になるケースが主流だと考えられます。

抜歯ではどの歯を抜く?

ガタガタの歯並びを治すために抜歯をするとなると、どの歯が抜歯となるのでしょうか。

お口の機能面で最も重要なのは、噛み合わせです。そのため矯正治療では、噛み合わせに影響が少ない歯を抜歯します。

具体的には、小臼歯と呼ばれる前から4番目と5番目の歯が抜歯対象になります。これらの歯は、嚙むための機能的な影響は少なく、歯を移動させる距離的にもほぼ問題がないとされています。

また親知らずを抜歯することもあります。矯正に伴う抜歯は自費治療となりますが、親知らずが虫歯になっている、よく歯ぐきが腫れるといった症状が起こる場合、保険適応で抜歯できることがあります。

なお八重歯のお悩みの対象である3番目の歯(犬歯)は、他の歯への負担を分散させるという、とても重要な役割を持つ歯であるため抜歯をすることはまずありません。八重歯でお悩みの方は、小臼歯を抜歯して歯並びを整えていく流れになります。

非抜歯の対象となるのはどのケース?

基本的に、デコボコした歯や顎の骨が小さく、歯がきれいに並ばないと判断された場合は抜歯をして歯を並べていきます。

ですが、症例によっては歯を抜かない非抜歯で矯正治療が行われることがあります。基本的に前歯のみを動かす部分矯正では抜歯をせずに歯並びを整えていくため、前歯だけを治したいと言う方は、非抜歯の対象になります。具体的なケースを挙げてみましょう

歯並びのデコボコが比較的軽度なケース

歯並びの悪さでも軽度なものから重度なものまで様々です。歯並びが大きく乱れており、顎の骨が狭い場合は抜歯が必要になりますが、デコボコ具合が比較的軽度なケースでは非抜歯で歯並びを整えることが可能です。

歯と歯の間にすき間があるケース

いわゆるすきっ歯と呼ばれるすき間のある歯並びは、そのすき間を生かして抜歯をせずに歯並びを整えることが可能です。

軽度の出っ歯

出っ歯でお悩みの方はとても多いと思います。出っ歯を治すために抜歯が必要か非抜歯で対応できるかは、出っ歯の程度にもよりますが、比較的軽度の出っ歯の場合、非抜歯で対応できることがあります。

非抜歯でスペースを作る方法とは?

歯並びを整えるためには、歯を並べるためのスペースが不可欠です。抜歯はしないが歯を並べるためのスペースが必要と判断された場合、次の方法でスペースを確保することがあります。

・IPR・・・歯の表面をヤスリのようなものでほんの少し削ってスペースを作る方法

・拡大装置・・・取り外し式の装置を使い、顎の骨を広げる方法。小児矯正でよく使われますが、成人矯正でも拡大装置を使って顎の骨を広げることがあります。

他にも医院の方針として非抜歯で治療が行われることがあります。

抜歯と非抜歯、それぞれの特徴と仕上がりをしっかり考えて

矯正治療における抜歯と非抜歯についてお話をいたしました。健康な歯を抜くことに抵抗や不安があることと思いますが、大切なことは、「どうすればお口の悩みを解消し、美しい口元で導くことができるのか」です。

非抜歯にこだわるあまり、仕上がりやその後の後戻りに影響すると、せっかくの治療期間や費用が無駄になってしまいます。

部分矯正など抜歯をせずにきれいに歯並びを整えることができるケースもありますが、最も大切なことは仕上がりです。抜歯と非抜歯、それぞれの特徴やメリットデメリットを理解し、ご自身の理想とする歯並びを手に入れましょう。

 

当院の矯正治療についてはこちら

 

 

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618