阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
大阪 部分矯正 審美歯科 セラミック はぴねす歯科 石橋駅前クリニック TEL:072-762-4618 土日も診察しています

ハピネスcolumn

公開日:2022年4月27日

タバコで変色した歯、どうやってきれいにできる?

タバコで変色した歯、どうやってきれいにできる?

喫煙習慣を長く続けていると、どうしても歯にヤニがついて茶色っぽく変色し、審美性を大きく下げてしまいます。ではタバコで変色した歯はどのような方法で白さを回復させることができるのでしょうか。今回は、タバコによって変色した歯の色の改善法についてお話いたします。

タバコによる着色の改善方法とは

美しい口元は、白い歯であることがいちばんの条件になります。どれだけきれいにメイクをしていても、歯の色が黄色や茶色く変色しているとがっかりした印象を受けてしまいませんか?歯を白くすることは、口元の審美性に大きく関わります。特にタバコを吸っている方は吸わない方に比べると着色の度合いが大きく異なります。ではタバコによる着色の改善方法とは、どういったものがあるのでしょうか。

1.歯のクリーニング

歯の健康維持に欠かすことができないクリーニングは、着色を落として本来の歯の色に戻すことができます。タバコを吸わない方の着色は日常的な飲食によるもので、特にコーヒーや赤ワインなどを頻繁に飲む方は着色汚れが目立つようになってしまいます。歯のクリーニングはホワイトニングほどの効果はありませんが、日常の汚れをきれいに落とすことができるため、自然な白さが戻った歯は笑顔を引き立ててくれます。

しかしタバコを吸っていると、コーヒーなどよりも強い色素が歯に付いてしまいます。それはヤニであり、ヤニによって茶色く汚れた歯は審美性を大きく損ねてしまいます。

歯の表面には「ペクリル」という薄い膜があり、タバコに含まれるタールと結びつきやすい性質があります。タールとペクリル膜が結びついたものがヤニであり、歯にべっとりと付いてしまいます。ヤニは歯科医院でのクリーニングで使う専用のペーストや超音波スケーラーなどで綺麗に落とすことができます。このように歯のクリーニングによって日常的な着色とともに、頑固なヤニを落とすことが可能です。

2.歯のホワイトニング

ホワイトニングは、専用の薬剤を使って歯の内側から漂白する効果があり、極めて白く美しい歯に仕上げることができます。継続することで白さをキープすることが可能で、タバコによって茶色くなりがちな歯も白く美しく仕上げてくれます。

ただホワイトニングは歯やお口の中が健康であることが第一条件です。虫歯や歯周病がある歯はまず治療を行い、ホワイトニングができる状態にする必要があります。特に歯周病になると歯ぐきが下がり、歯の根元部分が露出して知覚過敏の症状が起きてしまいます。喫煙習慣のある方は歯周病になっている自覚症状を感じにくいという特徴があるため、ホワイトニング自体が出来ない可能性も否定できません。

まずはホワイトニングができる状態かどうか、歯科医師に診てもらう必要があります。

3.セラミッククラウンなどの審美治療

虫歯治療などで被せ物が入っている歯は、ホワイトニングでは白くできません。またクリーニングで白くすることも限界があり、どうしても天然歯と色の差が出てしまいます。特に保険適応の差し歯や被せ物は表面がレジンのため汚れや色素を吸着し、クリーニングやホワイトニングでは改善ができません。タバコを吸うことで、吸わない場合と比べると色素の吸着もより濃いものとなってしまいます。

被せ物の変色は、セラミッククラウンに変えることが審美性を回復させる唯一の手段です。保険適応のものにすると同じことが繰り返されるため、汚れや着色が付きにくいセラミッククラウンがいちばんお勧めです。

ただ先にセラミッククラウンに変えると、セラミックの部分だけが白く不自然に浮いて見えるので、セラミッククラウンを装着する前にクリーニングやホワイトニングで白くしておくと、歯の色に合わせてセラミッククラウンの色味を合わせられるので、歯科医師とよく相談しましょう。

できるだけヤニが付かないようにするには?

喫煙習慣は体にはもちろん、歯やお口の中にも悪影響を及ぼすためきっぱりと止めることがいちばんですが、なかなか止められない、という方も多いと思います。見た目にも影響が出てしまうため、できるだけヤニが付かないようにするよう心がけることが大切です。

できるだけヤニが付かないようにするためにも、まずは小まめに歯磨きをしましょう。ペクリル膜とタールが結びつくには数時間かかりますので、喫煙後なるべく早めに歯磨きをすることで、ヤニの付着を軽減することができます。また市販の歯磨き剤でヤニを落としやすい成分が含まれているものがありますので、こういった歯磨き剤を使うことも効果的です。

反対に、絶対にしてはいけないのが、荒い粒子を使ったもので歯に付いたヤニを擦り落とすことです。掃除などに使う白いスポンジなどを歯に使うと歯の表面に傷がつき、そこから汚れや色素が入り込んでしまうので絶対に止めて下さい。

タバコによる着色は、ご紹介した方法で改善することが可能です。日ごろのケアに加え、健康的で美しい口元のためにもお口の中の管理をしっかりと行いましょう。

 

当院の審美治療についてはこちら

ハピネスcolumn 一覧へ

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618