阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
大阪 部分矯正 審美歯科 セラミック はぴねす歯科 石橋駅前クリニック TEL:072-762-4618 土日も診察しています
  • トップ>
  • ハピネスcolumn >
  • ダイレクトボンディングのデメリット|メリットと徹底比較 >

公開日:2021年2月16日

ダイレクトボンディングのデメリット|メリットと徹底比較

ダイレクトボンディングは、ハイブリッドセラミックという素材を歯に詰めていく治療法です。

セラミックが配合されているため、天然歯のような自然な色や形を再現できます。

しかし、ダイレクトボンディングにもデメリットが存在します。

今回は、ダイレクトボンディングのデメリットとメリットを比較していきます。

ダイレクトボンディングを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ダイレクトボンディングのデメリット

ダイレクトボンディングには、4つのデメリットがあります。

・経年劣化が起こる
・二次カリエスが起こる
・脱落や破折が起こる
・適応できない部位がある

経年劣化が起こる

ダイレクトボンディングは、「セラミック」と「レジン(プラスチック)」を配合して作られた「ハイブリッドセラミック」と呼ばれる素材が使われます。

セラミックはプラークや歯石などの汚れが付きにくい性質があるため、プラスチック単体よりも劣化は起きにくいです。

しかし、時間経過とともに、変色や着色が起こります。

虫歯と勘違いされることも多いですが、ほとんどが着色や変色による汚れです。

ハイブリッドセラミックの充填部分を中心に、時間の経過とともに黒や茶色の模様が目立つようになります。

ダイレクトボンディングの寿命について

二次カリエスが起こる

二次カリエスとは、虫歯治療を行った歯が再び虫歯になることを言います。

ダイレクトボンディングは、虫歯を削ったり、歯が欠けたりした部分にハイブリッドセラミックを充填する治療法です。

接着技術を使って隙間がないように治療をしますが、どうしても年月とともに自然の歯と充填物の間に隙間が生じやすくなります。

一度でも治療を行うと、この隙間の部分に歯垢がたまり、虫歯になりやすくなってしまいます。

脱落や破折が起こる

ダイレクトボンディングは接着技術を用いて、自然の歯とハイブリッドセラミックを接合しますが、強い衝撃が加わったり、接合部が劣化すると、脱落や破折することがあります。

噛み合わせが悪いことでも脱落する可能性があるため、正しい噛み合わせになるように矯正することが必要です。

適応できない部位がある

ダイレクトボンディングでは適応できない部位も存在します。

ハイブリッドセラミックは、セラミックと比べて強度が落ちるため、強い力がかかる奥歯には適していません。

また、治療する歯の面積が広すぎる場合も向いていません。

基本的には、「小さな虫歯部分」「前歯の隙間や欠け」などの治療に適しています。

適応可能かどうかは、担当医と相談するようにしましょう。

ダイレクトボンディングのメリット

ダイレクトボンディングには複数のデメリットがありますが、メリットもたくさんあります。

・歯を削る量が少ない
・見た目が美しい
・自然の歯と高い親和性
・治療費が安い
・1日で治療が終わる

歯を削る量が少ない

ダイレクトボンディングは、歯を削る量を最小限にすることができます。

セラミックを使った審美歯科治療は、歯を削る量が多く、歯へのダメージも大きいです。

ダイレクトボンディングであれば、虫歯を削った分だけ詰め物をするため、歯へのダメージを最小限にできます。

見た目が美しい

ダイレクトボンディングは、セラミック配合の素材を用いるため、審美性が高く天然歯に近い自然な仕上がりになります。

見た目の美しさにこだわりたい人にオススメです。

自然の歯と高い親和性

ダイレクトボンディングに使われるハイブリッドセラミックは、自然の歯と親和性が高いです。

親和性とは「物質同士の結合が容易である性質」のことです。

ハイブリッドセラミックに含まれるセラミックは、自然歯となじみやすい特徴があるため、ボンディングするときに歯への負担も少なくなります。

治療費が安い

ハイブリッドレジンは保険適用されるため、安価で治療ができます。

ただし、すべての歯に適用されるわけではありません。

「前歯(中切歯や側切歯など)には保険適用されない」、「奥歯(臼歯)には金属アレルギーの方のみが保険適用される」など、条件があります。

保険適用の箇所に関する詳細は、担当の歯科医にご相談ください。

1日で治療が終わる

ダイレクトボンディングは、1日で治療を終えることができます。

型取りをせず、口腔内に直接材料を詰めていくためです。

何度も歯医者に行く必要がないため、時間がない方にオススメです。

まとめ

ダイレクトボンディングは、レジンが混じっているため時間とともに劣化が起きたり、接合部分の隙間箇所が虫歯になりやすかったりするなどのデメリットがあります。

一方で、治療費を安く済ませ、かつ見た目を重視した治療を行えるなどのメリットもあります。

審美性に優れたダイレクトボンディングに興味がある方は、ぜひ一度当院にご相談ください。

当院の審美歯科についてはこちら

コラム監修者医療法人はぴねす 理事長 野澤修一

院長

福岡歯科大学を卒業後、福岡県・大阪府・兵庫県の歯科医院にて14年間勤務。その後、2014年9月に「はぴねす歯科石橋駅前クリニック(大阪府池田市)」、2018年6月に「緑地公園駅前クリニック(大阪府府中市)」、2020年7月に「川西能勢口駅前クリニック(兵庫県川西市)」を開院。現在は医療法人じはぴねすの理事長として3医院を運営。

ウェブ予約はこちら

アクセスマップ

はぴねす歯科_マップ

「阪急石橋駅西改札のとなり」
「ローソンの2Fです」

診療時間

  •  
  • 9:30〜13:00





  • 14:00〜20:00





  • -
 14:00〜17:00
 9:30〜14:00
【休診日】
 祝日

※ 平日最終受付は19:30迄

はぴねす歯科 石橋駅前クリニック

〒563-0032
大阪府池田市石橋1-13-1 2F

TEL:072-762-4618

診療科目

一般歯科/小児歯科/口腔外科/審美歯科

自転車で来られる方へ

自転車・バイクでご来店される方へクリニック入り口前の駐車はご遠慮下さい。

自転車をご利用の方は、近隣の駐車場をご利用ください。領収書を受付にお持ち頂ければ、当院にて駐輪費用を負担させて頂きます。
※ご来院日のみとさせて頂きます。

初めての方へ

コンセプト

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618