阪急「石橋駅」西口下車 徒歩30秒 TEL072-762-4618 土曜日・日曜日も診療しています
大阪 部分矯正 審美歯科 セラミック はぴねす歯科 石橋駅前クリニック TEL:072-762-4618 土日も診察しています
  • トップ>
  • ハピネスcolumn >
  • セラミックの歯にデメリットはあるのか? メリットと徹底比較 >

公開日:2020年12月23日

セラミックの歯にデメリットはあるのか? メリットと徹底比較

審美性が高いことからセラミックを選ぶ人が増えてきましたが、デメリットをご存知でしょうか?

セラミックのメリットとデメリットの両方を知っておくことで、歯科治療の素材選びに役立ちます。

歯の素材としてセラミックに興味を持っている方は、ぜひ参考にしてください。

セラミックのデメリット

歯の素材としてのセラミックには、以下のデメリットがあります。

・歯を削る量が多い
・保険が適用されない
・強い衝撃に弱い

歯を削る量が多い

詰め物や被せ物にセラミックを使用する場合、自分の歯を削る量が増えてしまいます。

詰め物や被せ物の強度を上げるためにセラミックに厚みを持たせる必要があるからです。

金属は素材そのものの強度が強く、薄くても強度に心配がありません。

ですが、セラミックは強い衝撃に弱いため、歯と歯の間にある程度の空間を作り、厚みを持たせてる必要があります。

しかし、一度削った歯は元に戻りません。

歯を削ることに抵抗がある方は、削らない治療を選ぶことも選択肢の一つです。

保険が適用されない

今の保険制度では、セラミック治療は保険が適用されません。

そもそもの治療費が高額な上に、自費診療になるため、6万円〜15万円ほどの金額になります。

金属やレジンであれば保険が適用されるため、セラミックよりも安価で治療が行えます。

しかし、長期的に見たときに、セラミックは寿命が長いため、治療回数が少なくて済みます。

・セラミック 10年前後
・コンポレットレジン 2〜3年
・銀歯 3〜5年

素材が寿命を迎えるとともに、詰め物や被せ物の詰め替えや取り替えをする必要があり、場合によっては歯を削らなければいけません。

一時的に支払う治療費だけで素材を選ばずに、将来的に自分の歯をどのくらい残したいかも考えて、素材を選ぶ必要があります。

強い衝撃に弱い

セラミックは強い衝撃に弱いです。

お茶碗や湯飲みにも使われる素材と同じで、強度は強いですが、強い力で叩いたり落としたりすると割れます。

特に歯ぎしりや噛み締めの癖があると、セラミック部分に負担がかかり割れやすいです。

割れにくくするためには、厚みを持たせる必要がありますが、その分、自分の歯を削らなければいけません。

一度割れると修復することができないので、再度治療を行う必要があり、治療のたびに費用がかさみます。

セラミックのメリット

デメリットを紹介しましたが、セラミックにはコンポレットレジンや金属にはないメリットもあります。

・見た目が美しい
・二次カリエスになりにくい
・素材が劣化しない
・体への負担が少ない
・虫歯のリスクが減る

見た目が美しい

セラミックには、自然な歯に近い白さとツヤがあり、見た目がとても美しいです。

色の選択肢も豊富にあるため、個人個人の歯の色に合わせることができます。

自分の歯の色が汚れていたり、金歯や銀歯など目立つ歯があったり、口元にコンプレックスがある人は、セラミックを取り入れることで自分の歯に自信を持つことができます。

二次カリエスになりにくい

セラミックは、二次カリエスになりにくいです。

二次カリエスとは、虫歯治療を行い完治した歯が再び虫歯になることです。

保険が適用され安価で治療可能な素材(金属やプラスチック)を使った詰め物や被せ物で起こりやすいと言われています。

金属は歯との密着性が良くないため、隙間ができやすいです。

特殊な接着剤を使って歯に付けますが、唾液が接着剤を溶かし、その隙間に虫歯菌が侵入して虫歯を進行させます。

二次カリエスは再発するため、治療を繰り返すことになり、最終的には歯を失ってしまう人も多いです。

二次カリエスを防ぐためには、セラミック治療が有効です。

セラミックは歯との密着性に優れており、虫歯菌に侵入を防いでくれ、虫歯予防に繋がります。

素材が劣化しない

セラミックは、変色を起こさず汚れが付きにくい素材なため、劣化を起こしません。

長期的に美しい見た目を維持することができます。

また、セラミックは、コンポレットレジンや銀歯などの素材よりも寿命が長いです。

「歯をどこに設置するか」「定期的にメンテナンスを行っているか」によっても劣化具合は異なりますが、基本的にはセラミックの方が長寿命です。

詰め物や被せ物が劣化すると取り替えが必要になります。

その際、歯を削ることもありますので、自分の歯をより多く残したいのであれば、劣化しない素材を選んだほうがいいでしょう。

体への負担が少ない

セラミックは、体への負担が少ない素材です。

アレルギーにより、身体へ悪影響が及ぶこともありません。

銀歯には、水銀やパラジウム、ニッケルなど、有害金属が含まれています。

唾液によって銀歯が溶け出し、有害物質が血液に入り込み、アトピー性皮膚炎、頭痛、めまいなどの悪影響を及ぼします。

場合によっては、身体に有害物質が蓄積されると、金属アレルギーになる可能性もあります。

ですが、セラミックは唾液によって溶け出すことはありません。

歯の素材として、身体に悪影響を及ぼさない優しい素材です。

虫歯のリスクが減る

セラミックの詰め物や被せ物は、虫歯のリスクを下げることができます。

銀歯やプラスチックなどの詰め物や被せ物は、表面に歯垢やプラークが付きやすく、口の中がベタベタしやすいです。

ベタベタの中には、虫歯菌が存在し、長時間放置すると歯と素材の隙間から侵入して、虫歯になりやすくなります。

一方セラミックは、表面をコーディングしているため、汚れが付きにくく、虫歯菌の発生を防ぐことができます。

絶対に虫歯にならないわけではありませんが、ケアをきちんと行えば、虫歯になりにくいです。

まとめ

歯の素材としてセラミックは最適ですが、メリットとデメリットが存在します。

メリットとデメリットを比較した上で、セラミック治療を検討しましょう。

当院の審美治療(セラミック治療)はこちら

コラム監修者医療法人はぴねす 理事長 野澤修一

院長

福岡歯科大学を卒業後、福岡県・大阪府・兵庫県の歯科医院にて14年間勤務。その後、2014年9月に「はぴねす歯科石橋駅前クリニック(大阪府池田市)」、2018年6月に「緑地公園駅前クリニック(大阪府府中市)」、2020年7月に「川西能勢口駅前クリニック(兵庫県川西市)」を開院。現在は医療法人じはぴねすの理事長として3医院を運営。

公開日:2020年12月14日

審美歯科のデメリット|メリットと徹底比較

口元を美しくするために審美歯科を検討する人が増えていますが、デメリットをご存知でしょうか?

審美歯科のデメリットとメリットを把握することで、治療方法の選択肢が広がります。

審美歯科を検討している方は一度ご覧ください。

審美歯科のデメリット

審美歯科には、以下のようなデメリットがあります。

・強い衝撃に弱い
・費用が高い
・歯を削ることがある

強い衝撃に弱い

審美歯科治療ではセラミックという素材が使われます。

セラミックは陶器に使われる素材で丈夫ですが、強い衝撃にとても弱いです。

奥歯に使用した場合や歯ぎしりや食いしばりの癖がある場合は、一部(もしくは全部)が欠けやすくなります。

そのため、欠けやすい部位にセラミックを使う場合は、強度が一番強いジルコニアを使うようにしてください。

セラミックは陶器と同じで割れると修復できず、はじめから作り直さなければいけません。

また、定期的に噛み合わせをチェックするなど、メンテナンス次第で持ちが変わるため、適切なケアが大事です。

費用が高い

審美歯科は、金額面の負担が大きくなりやすいです。

一般的な歯科治療は保険が適用されるため、患者様の負担額は全体の3割程度です。

ですが、審美歯科は保険適応外になり自費診療となるケースがほとんどです。

例えば、オールセラミックの被せ物の場合、10万円から20万円の費用がかかります。

高額医療費控除により一部還元されますが、一般歯科治療と比べると高額になります。

歯を削ることがある

審美治療では「歯の形が悪い」「噛み合わせが調整できない」といった場合に、歯を削ってセラミックを入れることがあります。

歯を削らないまま審美治療を行うと、逆に不自然な見た目になってしまうことがあります。

しかし、歯を削ることで、エナメル質の内側にある神経に近づくため、痛みを感じやすくなります。

また、冷たいものや熱いものに対して、知覚過敏を起こしやすくなります。

正しいケアを行わないと、天然歯と人工物の境目が虫歯になる可能性もあるため、口腔内全体に悪影響を及ぼす可能性があります。

審美歯科のメリット

審美歯科には、以下のようなメリットがあります。

・口周りの見栄えが良くなる
・変色や劣化が起きない
・虫歯になりにくい
・金属アレルギーの心配がない
・治療期間が短い

口周りの見栄えが良くなる

審美歯科を行うことで、「歯並びが綺麗」「歯が白い」など、口周りの見栄えが良くなります。

一方、歯が黄ばんでいたり、歯並びが悪かったりすると、不健康な印象を与えてしまい、第一印象も良くありません。

歯にコンプレックスを抱えている人にとって、審美歯科で歯を美しくすることで自分に自信が付きます。

変色や劣化が起きない

セラミックは、陶器にも使われる素材で水分を吸収しないため、変色や劣化が起きにくいです。

そのため、着色汚れが付きにくく、綺麗な状態を長期間保つことができます。

虫歯になりにくい

セラミックの表面はなめらかで汚れがつきにくいため、プラーク(歯垢)が付着しにくいです。

そのため、虫歯や歯周病のリスクを下げることができます。

また、歯と詰め物や被せ物の間に隙間があると、虫歯菌が侵入して虫歯の原因になってしまいます。

ですが、セラミックの詰め物や被せものは、レジンセメントと呼ばれる接着剤を用いて歯にしっかり付けることができるため、隙間から虫歯菌の侵入を防ぐことができます。

金属アレルギーの心配がない

セラミックは金属を使用していないので、金属アレルギーが心配な人でも問題ありません。

金属の成分が浸透して、歯の根元が黒ずんでしまう心配もありません。

治療期間が短い

一般的な矯正歯科は、歯をゆっくり動かして歯並びを整えるため、2〜3年の期間がかかります。

一方、審美歯科でセラミック矯正を行う場合は、歯の形を整えて、セラミック製の被せ物を歯に被せるだけなので、1〜2ヶ月程度の期間で治療が完了します。

短期間で歯並びを整えたい人にもおすすめです。

まとめ

口周りを美しくし、印象を良くしたい人におすすめの審美歯科ですが、メリットとデメリットが存在します。

メリットとデメリットを理解して、審美歯科を検討しましょう。

当院の審美歯科についてはこちら

コラム監修者医療法人はぴねす 理事長 野澤修一

院長

福岡歯科大学を卒業後、福岡県・大阪府・兵庫県の歯科医院にて14年間勤務。その後、2014年9月に「はぴねす歯科石橋駅前クリニック(大阪府池田市)」、2018年6月に「緑地公園駅前クリニック(大阪府府中市)」、2020年7月に「川西能勢口駅前クリニック(兵庫県川西市)」を開院。現在は医療法人じはぴねすの理事長として3医院を運営。

公開日:2020年12月9日

審美歯科とは|特徴と注意点を理解しよう

審美歯科とは、美しい歯や口元を作ることが目的の歯科治療です。

虫歯や歯周病など一般的な歯科治療と合わせて、「歯を白くする」「歯並びを整える」「歯の形を良くする」など見た目の美しさも追求します。

審美歯科の注意点

保険が適用される一般的な歯科治療とは異なり、審美歯科の治療費や治療方法などが、歯科医院によって異なります。

費用が異なる

審美歯科の治療費は保険適応外となるため、全額自己負担になります。

おおよその相場は決まっていますが、歯科医院によって設定金額は異なります。

自由診療になるため、高額な治療費が必要になるケースもあります。

一方、一般歯科の場合は保険が適応されるため、治療費はどの歯科医院でも同額です。

施術内容が異なる

一般歯科は、むし歯や歯周病の治療や予防、噛み合わせの改善など、口腔機能的の改善が主な目的です。

審美歯科は「歯を白くしたい」「歯並びを綺麗にしたい」「歯の形を整えたい」など、見た目の美しさを追求すると共に、口腔機能面の改善も追求することが目的の歯科治療です。

仕上がりが異なる

一般歯科と審美歯科では、使用できる材料や装着できる材質が異なるため、仕上がりにも大きな違いが生まれます。

例えば、一般歯科では詰め物に金属やプラスチックが使われますが、審美歯科ではより自然な歯の仕上がりに近いセラミックが使われます。

審美歯科の治療メニュー

審美歯科には、以下のような治療メニューがあります。

・ホワイトニング
・セラミック治療
・セラミック矯正
・インプラント
・ルミネアーズ
・メタルボンド
・クリーニング

これらを併用することで高い審美性を実現できます。

・ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯を削ったり、溶かしたりせずに歯の着色汚れや黄ばみを取り除き、歯を白くする方法です。

ホワイトニングには自宅で行うホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニング、両方を併用するデュアルホワイトニングの3種類があります。

・セラミッククラウン

セラミッククラウンとは、セラミックの被せ物や差し歯で形の悪い差し歯や欠けている歯などを補う治療法です。

保険適用の素材(レジンや金属)は時間とともに変色しやすく、自然の歯を再現できませんが、セラミックを用いることで、自然な歯質を再現できます。

また、セラミックは耐久性にも優れているため、適切なケアを続ければ、欠けにくいメリットもあります。

・セラミックイントレー

セラミックイントレーとは、セラミックの詰め物で、欠けている部分を補う治療法です。

セラミッククラウンと同じように、自然な歯質を再現できます。

・セラミック矯正

セラミック矯正は、歯にセラミックを被せることで、歯並びを整える治療方法です。

前歯4〜6本など、部分的に歯並びを整えたいと思っている方に最適です。

一般的な矯正は2〜3年の治療期間がかかりますが、セラミック矯正は2週間程度で綺麗な歯並びを手にいれることができます。

短期間で治療を終えることができ、美しい見た目を維持できますが、歯を削る必要があり、場合によっては神経を抜くこともあります。

・インプラント

インプラント治療とは、歯を失った部分に人工の材料や部品を入れる治療方法です。

人工の材料や部品は、純チタン製で小さなネジのようなものを埋め込みます。

その上に、ネジ構造の人工歯を取り付けることで、自然な歯を最善します。

周りの歯を削らずに治療を行えるため、第二の天然歯とも言われています。

・ルミネアーズ(ラミネートベニア)

ルミネアーズは、ホワイトニングの1つで歯並びや歯の色を総合的に治療することができます。

歯の表面に特殊加工したセラミックシェルを貼り付ける治療法です。

セラミックが使われるため、変色や磨耗がしづらい特徴があります。

歯を削る必要もなく、付けたときに違和感もほとんどありません。

・メタルボンド

メタルボンドとは、中身は金属、外側はセラミックを焼き付けた被せ物です。

非常に強度があり、変色しにくい特徴があります。

ただし、オールセラミックと比較すると、透明感がなく、審美性では劣ります。

・クリーニング

歯のクリーニングは、歯磨きでは落とせない歯垢や歯石、着色を除去します。

歯垢や歯石は、口臭やむし歯・歯周病の原因になり、歯の美観を損ねます。

歯の清掃をすることで、虫歯や歯周病の予防以外に、本来の自然な歯の色を取り戻すことができます。

・その他の審美歯科治療

審美歯科には、上記で紹介した以外にも「歯肉マッサージ」「リップエステ」「リップトリートメント」などがあります。

歯科医院ごとに提供しているメニューが異なります。

詳細は、対象の歯科医院にお問い合わせください。

まとめ

審美歯科とは、歯や口周りを美しくすることが目的の歯科治療です。

ホワイトニングやセラミック治療を併用して行うことで、美しい歯を実現できます。

当院でも審美歯科治療を行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

当院の審美歯科についてはこちら

コラム監修者医療法人はぴねす 理事長 野澤修一

院長

福岡歯科大学を卒業後、福岡県・大阪府・兵庫県の歯科医院にて14年間勤務。その後、2014年9月に「はぴねす歯科石橋駅前クリニック(大阪府池田市)」、2018年6月に「緑地公園駅前クリニック(大阪府府中市)」、2020年7月に「川西能勢口駅前クリニック(兵庫県川西市)」を開院。現在は医療法人じはぴねすの理事長として3医院を運営。

はぴねす歯科_石橋駅前クリニック

 
9:30〜13:00
15:00〜21:00
-
▲ 15:00〜18:00
◎ 9:30〜14:00
祝日休診
※平日最終受付は、20:30迄

TEL:072-762-4618